TOP 特集&連載 【あつ森】『あつまれ どうぶつの森』プレイ日記 角満島開拓日誌 第527回 ジョニーの悲劇(2)
特集&連載

【あつ森】『あつまれ どうぶつの森』プレイ日記 角満島開拓日誌 第527回 ジョニーの悲劇(2)

TwitterFacebookLine

ジョニー、またもや遭難す

 ひと月に3回も4回も浜に打ち上げられる、言うなれば遭難のプロ・カモメのジョニーを襲った悲劇について前回記事にさせてもらった。

 その出来事があったのは8月3日のことなのだが、それから……17日後。

 お盆期間が終わり、世間に残暑とともに忙しなさが戻ってきたこのタイミングで、ジョニーは再びルナステラ島の海岸に流れ着いていた。

 海賊ジョニーを含めれば、8月だけで4回目の遭難……。

 いったいこいつは海上で何をし、逆に何をしないがために、毎回毎回海に放り出されているのだろう……?

 そんな疑問を覚えながらも、俺は仕方なく遭難のプロフェッショナルに接近していったのだった。

見て見ぬフリ

 今回、ジョニーが打ち上がった浜は、島の広場にほど近いもっとも人目に付きやすい場所であった。

 いうなれば、子どもやお年寄りでも磯遊びができる“ファミリー海岸”って感じのスポットで、感覚的には、

 7月に取材でお邪魔した八景島シーパラダイスのあつ森コラボイベント“はっけい島 海の生きもの ふれあい展”に出現した、人工海岸に近い趣がある。

 「まったく、こんなところで遭難しおってからに……」

 ブツブツと文句を言いつつ、眠るジョニーに近寄っていくとだな……。

 あ。

 ジョニーのすぐ近くに、1ごうがいるじゃん!!w

 なんとなんと、ジョニーにとっては神がかり的な救済か、キンニクバカの1ごうがすぐ近くにまで来てくれていたではないか!

 「あーよかったw 脳筋の1ごうとは言え、こんな近くにカモメが倒れていたら救助してくれるに違いないぞwww」

 俺は、ジョニーに話し掛けたあとに強要されるアサリ掘りの面倒くささを思って、「うひひひw 今回はシカトしても問題なさそうだなwww」とほくそ笑んだ。

 なのでしばらくのあいだ、ジョニーと1ごうの様子を眺めていたんだけど……。

 ……。

 …………。

 ………………。

 ……って、まるで何も見えないかのようにガン無視してんじゃねえええええ!!!!www

 ええええ!!? さすがにないわー1ごう!!! わずか1.5メートルくらい先の水辺に、カモメが倒れているんだよ!? 助け起こすのはハードルが高いかもしれんけど……せめて近寄って様子を見るくらいしてやってもいいやんけ!!!

 俺は驚きのあまり、思わず1ごうに詰め寄ってしまったよ。

 「ちょっと!!! その対応はヒドすぎるやろ!!!」

 と、けっこう本気で怒りながらな。

 ととと、ところが……(((( ;゚Д゚)))

 !!?!?

 !!!??!?!

 身体を動かさないほうがいい……って、それ気絶しているジョニーに対するイヤミか!!?w いやいやいや!!! そりゃないよ1ごう!!>< せめて声掛けくらいしてやってよ!!!><

 これが現代社会に蔓延する、我関せずで事なかれ主義の成れの果てか……(((( ;゚Д゚))) いやでも、人情も温かみも残っていると思っていたド田舎の島ですら、こんな見て見ぬフリな対応がふつうになっていたとは……><

 「あ、あうあうあう……」

 あまりにもさみしい態度に言葉を失くしていると、1ごうは……(((( ;゚Д゚)))

 ナニ満足そうに空を見上げてんねん!!! ジョニー、まだ天に昇ってないぞ!!!

 さらに……!

 ききき、筋トレ始めやがったーーーー!!!!(驚)

 こ、これはもう、期待するだけ無駄だ……><

 ジョニー、すまんかったな……。俺がいま、助けてやるからな……!><

 長時間、海水に浸かっていた遭難者に満を持して話し掛けると……。

 そのセリフ、後ろでダンベル振り回してる1ごうに言ってやって!!!w 

 どうぶつたちの意外なほどドライな対応に苦しめられた、カモメのジョニーの物語でした……w

 続く……w

1年前の今日は?

 せっかく丸1年、1日たりとも欠かさずにプレイしているので新企画“1年前の今日は?”と題して、“昨年の今日のスクショ”を1枚掲載していこうと思います!

 ちょうど1年前、2020年8月29日の様子は↓こちらです。

 珍しくたくさんの住民がとたけけライブに集まっていたので、記念撮影。

大塚(おおつか) 角満(かどまん)
1971年9月17日生まれ。元週刊ファミ通副編集長、ファミ通コンテンツ企画編集部編集長。在職中からゲームエッセイを精力的に執筆する“サラリーマン作家”として活動し、2017年に独立。現在、ファミ通Appにて“大塚角満の熱血パズドラ部!”、ゲームエッセイブログ“角満GAMES”など複数の連載をこなしつつ、ゲームのシナリオや世界観設定も担当している。著書に『逆鱗日和』シリーズ、『熱血パズドラ部』シリーズ、『折れてたまるか!』シリーズなど多数。株式会社アクアミュール代表。

『あつまれ どうぶつの森』公式サイト:
https://www.nintendo.co.jp/switch/acbaa/index.html

※ゲーム画面はNintendo Swicthソフト『あつまれ どうぶつの森』のものです。
© 2020 Nintendo

この記事をシェアする!

TwitterFacebookLine