TOP ニュース 【レーザーミニ四駆】「ロードスピリット」が本日発売!! 記念すべきファーストモデルを実際に作ってみた!
ニュース

【レーザーミニ四駆】「ロードスピリット」が本日発売!! 記念すべきファーストモデルを実際に作ってみた!

TwitterFacebookLine

スケールモデル、ミニ四駆、RCカー、プラモデルから塗料、工具など、多くのアイテムをリリースしているホビーメーカーのタミヤから、レーザーミニ四駆シリーズ第1弾「ロードスピリット」が2021年8月28日に発売! 本記事では、実際にミニ四駆を組み立ててみたレビューをお届け!!

“レーザーミニ四駆”伝説がはじまる!
「ロードスピリット」

「ロードスピリット」は、月刊コロコロコミック9月号からスタートした『MINI 4 KING (ミニヨンキング)』の主人公・工藤モー太が使用するマシン。これまでのミニ四駆と比較して、新たな次世代クリヤーパーツ「LASER」を搭載していることが特徴だ。手軽に取り換えやすいシンプルな構造になっており、グレードアップパーツに引けを取らないハイレベルな走行が楽しめるぞ!

実際の商品がこちら! うおお……黒背景をバックに走る「ロードスピリット」の姿がたまらない……! クリヤーパーツにレーザーのような残像が映っているのもかっこいい。今回はこの「ロードスピリット」を組み立てていくぞ!

まずは説明書やパーツをチェック。VZシャーシと真っ白なマシン、そして専用パーツである「LASER」パーツでそれぞれ分かれている。筆者は20年ぶりくらいのミニ四駆製作ということもあり、練習もかねて事前に別のマシンを作ってみたのだが……こういうミニ四駆を組む前のワクワク感っていいよね!

そのまま説明書に沿って、シャーシの組み立てからスタート。はめ込みとビス止めだけで組み当てられるので、最低限必要な工具があまりいらないのも良いポイント。

次はボディの組み立て。説明書通りであれば塗料の「TS-26 ピュアーホワイト」「XF-56 メタリックグレイ」を使用して仕上げていくのだが、今回はそのままの状態で組んでいく。ボディが素組みの状態でもパッケージデザインのイメージを再現しやすいので、ミニ四駆初心者でも作りやすいと感じた。

▲ステッカー貼りは慎重に……キレイに貼りたい人は写真のようにピンセットを使うのもオススメ

そして、作り終わったボディとシャーシを組み合わせて……「ロードスピリット」がついに完成!!

製作時間はゆっくり作って約1時間45分ほど。白黒のモノトーンボディにアクセントの効いたステッカーのラインやクリヤーパーツがカッコイイ! 透明な質感がキレイだなぁ……

「フロントスタビライザー」、「リヤハイトローラー」、「リヤブレーキ」の3つの専用パーツがレースを盛り上げるぞ! 

▲コースアウトを抑える「フロントスタビライザー」
▲安定性を高める「リヤハイトローラー」と速度調整の「リヤブレーキ」

ミニ四駆と言えばもちろん走行! 私物のミニ四駆サーキットで実際に走らせてみた! 

 


 

ついに始まった「レーザーミニ四駆」。この夏、大注目の新シリーズがどのような展開を魅せるのかワクワクが止まらないぜ!!  「ロードスピリット」は、全国のホビーショップやプラモ屋で発売中だ! キミだけのマシンを作って超速のレースに参加しよう!

また、現在発売中のコロコロコミック9月号では、「ロードスピリット」を含めたミニ四駆の最新情報を紹介しているぞ! こちらもお見逃しなく!

商品概要
「レーザーミニ四駆シリーズ No.1 ロードスピリット (VZシャーシ)」
■発売日:2021年8月28日(土)
■価格:1,320円[税込]
「ロードスピリット」商品ページはこちら

(C)TAMIYA,INC.ALL RIGHTS RESERVED.
(C)武井宏之・小学館/今田ユウキ

この記事をシェアする!

TwitterFacebookLine

関連記事

【次号予告】「レーザーミニ四駆」1stマシン「ロードスピリット」超限定フルレーザーVER.1000名プレゼント銀はがし実施決定!

【ミニ四駆】Youtube専門チャンネル「-MINI 4WDチャンネル-」がオープン! 懐かしのCMやアニメ『ダッシュ四駆郎』『レッツ&ゴー』などミニ四駆のすべてがここに!

【新企画! ミニ四駆歴代マシンカタログ】「マグナムセイバー」を当時のコロコロ記事とともに紹介!! 【第2次ブーム編】