TOP 特集&連載 デュエマ妄想構築録 vol.38-3 ~闇の1コスト呪文!《ダムダム・ジョーカーズ》登場!~
特集&連載

デュエマ妄想構築録 vol.38-3 ~闇の1コスト呪文!《ダムダム・ジョーカーズ》登場!~

TwitterFacebookLine

By まつがん

 ~前回までのあらすじ~

これが《邪悪の面 ナム=デッドマン》か……(※違います)

 ~~~~~~~~~~~

 デュエル・マスターズにおいて1マナの強力なカードというのは、他のマナ域のカードにはないバリューがある。

 なぜなら、1ターン目の1マナを生かせるコンセプトはそう多くは存在しないがゆえに、動けるというだけでアクション数で差を付けることができるマナ域だからだ。

 ゆえに1マナで強力なカードというのは、そのカードが持つ文面上の能力以上に新しいアーキタイプを生み出しうるポテンシャルがあるのだ。

 それでは紹介しよう。こちらが9月25日(土) に発売予定の王来篇第3弾「禁断龍VS禁断竜」に収録される新カード、《ダムダム・ジョーカーズ》だ!

▲「王来篇第3弾「禁断龍VS禁断竜」収録、《ダムダム・ジョーカーズ》

 ジョーカーズの1マナ呪文シリーズに闇版が登場だと……???

 さて、前回の《機勇 スタバ-2》に続いてこのカードがどんなテキストを持っているか、読者の皆さんに予想してもらう

▲新1弾「ジョーカーズ参上!!」収録、《ジョジョジョ・ジョーカーズ》
▲「超メガ盛りプレミアム7デッキ 集結!! 炎のJ・O・Eカーズ」収録、《メラメラ・ジョーカーズ》

 ジョーカーズの1マナ呪文といえば《ジョジョジョ・ジョーカーズ》から始まっている。最初から《トレジャー・マップ》に比肩するサーチ力を持つカードを与えられていたことで、ジョーカーズは初動が《ヤッタレマン》《パーリ騎士》でも問題なくデッキが回せる安定性が約束されていた。

 続いて登場したのは《メラメラ・ジョーカーズ》で、火入りのジョーカーズを使う際の初動の穴埋めになったり、後述するジョーカーズミッツァイルのキーパーツになるなどの活躍を見せた。

▲「Wチームドッキングパック チーム切札&チームウェイブ」収録、《ガガガン・ジョーカーズ》
▲「超GRメガスタートデッキ ジョーの超ジョーカーズ旋風」収録、《ザババン・ジョーカーズ》

 さらに続く《ガガガン・ジョーカーズ》は、《トレジャー・マップ》にはないサーチ対象の自由さでファンデッキから水自然ムートピアまで様々なデッキを支える屋台骨となった。

 《ザババン・ジョーカーズ》は《”魔神轟怒”万軍投》と合わせて、最速3ターン目にして過剰打点+追加ターンをとりにいける火水ジョーカーズミッツァイルを生み出した。

 このように見ていくと歴代の1マナジョーカーズ呪文はすべて競技シーンで何らかの活躍を見せてきたということがわかる。

 では、はたしてこの《ダムダム・ジョーカーズ》もそんな先達たちの系譜に連なるにふさわしい効果を持っているのだろうか。

 あるいは、もしあなたが「ジョーカーズで闇の1マナ呪文をデザインして欲しい」と依頼されたらどんな能力を考えるだろうか?そういった想像も膨らませながら、ぜひ予想してみて欲しい。

 次回は《ダムダム・ジョーカーズ》の効果を発表するとともに、このカードを使って早速新しいデッキを作っていくことにしよう。

 次回に続く!


ライター:まつがん                      
 
フリーライター。クソデッキビルダー。        
 
論理的な発想でカード同士にシナジーを見出すのだが、途中で飛躍して明後日の方向に行くことを得意とする。  
 
オリジナルデッキでメタゲームに風穴を開けるべく日夜チャレンジを続けている(が、上記のような理由で大体失敗する)。

デュエマ妄想構築録vol.37バックナンバー
デュエマ妄想構築録 vol.37-1 ~超多角的アグロ!ダイバー・ダッシュ!!~
デュエマ妄想構築録vol.38バックナンバー
デュエマ妄想構築録 vol.38-1 ~一撃大量ブースト!ヴェルデッド轟破マン!!~
デュエマ妄想構築録 vol.38-2 ~走り抜けろ!ワイルド・クリム・ゾーン!!~

 

次回更新は9/10(金)更新!!

この記事をシェアする!

TwitterFacebookLine