TOP 特集&連載 【スプラトゥーン】トッププレイヤー イカすガチ対談マッチ!! あとばる×あいすめが語るウデマエアップの極意!~3~
特集&連載

【スプラトゥーン】トッププレイヤー イカすガチ対談マッチ!! あとばる×あいすめが語るウデマエアップの極意!~3~

TwitterFacebookLine

トッププレイヤー イカすガチ対談マッチ!!
【あとばる×あいすめ 第3回】

あとばる選手×あいすめ選手の対談も今回がラスト。

最後は現環境でのおすすめブキと、ウデマエを上げるために必要なことについて聞いてみたぞ。

 

あとばる
驚異的なエイム力を持つカリスマプレーヤー。「第2回スプラトゥーン甲子園」では、不利な状況から相手を次々と倒す神がかり的なプレーを連発し、優勝に大きく貢献。H3リールガンの名手としても知られ、彼の影響でH3リールガンを使い始めたプレーヤーも多いとか。おもな実績は「第2回スプラトゥーン甲子園」優勝、「第4回スプラトゥ-ン甲子園オンライン代表決定トーナメント」優勝など。チーム・よしもとゲーミング カラマリ所属。
Twitter:https://twitter.com/Atobaru_ika
YouTube:https://www.youtube.com/channel/UChczP5QLI27iCB-pEfz2eYA
OPENREC.tv:https://www.openrec.tv/user/atobaru_ika
あいすめ
さまざまなブキを使いこなすマルチウエポナー。シューター、スロッシャー、シェルター、マニューバー、スクイックリンなど、数多くのブキを高いレベルで扱うことができるため、味方の編成で足りない部分を補ったり、相手の編成を読んでそのメタとなるブキを出したりと、あらゆる場面に対応することが可能。環境が変化していくオンラインゲームでは、こうしたマルチウエポナーの存在はかなり重要度が高く、チームにとっては非常に頼りになる存在だ。

――個人的にこれは強いなと思うブキはなにかありますか?

あいすめ:N-ZAP85とシャープマーカーネオですね。このふたつは、塗りもキルもなんでもできちゃうのが強いですよね。あとは、.52ガロンベッチューですかね。自分も最近の対抗戦は.52ガロンベッチューばかり持っています。
あとばる:最近はずっと.52ガロンベッチューはパワーを発揮しているなという感じはしますよね。

 

――やっぱり、.52ガロンベッチューはブキとしてのパワーが高いという感じですか?

あいすめ:めっちゃ高いですね。キル速とスペシャルの回転率が優秀なことに加えて、前線をすぐに上げられる点が強いと思います。

 

――前線をすぐ上げられるというのはどういうことなんですか?

あいすめ:スプラッシュシールドを投げておけば、相手は下がらざるを得なくなるので、これを繋げていけば前線を押し上げやすくなるんですよ。

 

 

――なるほど。ちなみに、N-ZAP85やシャープマーカーで.52ガロンベッチューと対面する場合は、どんなことを意識していくといいと思います?

あとばる:正面からまともに戦闘したら絶対に負けるので、センプクキルをうまく狙うことですかね。.52ガロンベッチューはシールドでラインを上げやすいというのはあるんですけど、その一方でシールドを投げることで自分の場所もバレるし、シールドを投げたあとってインクがなくて、かつその周りで無闇やたらに動けないというマイナス面もある。
 なので、そこでうまくセンプクから刺す、たとえば裏からボムを投げて倒すといった動きが大事になってくるかもですね。

 

――ウデマエを上げるコツについても聞きたいのですが、Xに上がれないとか、Xでもなかなか上に行けない人はなにが足りないと思いますか。

あいすめ:視野が狭い感じはしますね。敵の動きに気付いていなかったり、見落としていたりとか。そこが克服できればウデマエも上がっていくとは思うんですけど。

 

――視野を広く持つというのは、わかっていてもなかなか難しかったりしますよね。

あいすめ:後衛ブキの方が視野を広く持ってプレーしやすいので、1度後衛ブキを持ってみるのもひとつの方法かなとは思います。

 

 

――あとばる選手はいかがですか?

あとばる:視野の部分にもつながってくるんですけど、リスナーさんのプレーとかを見て思ったのは、情報が出揃っているのにそれが入ってきていないというか。敵の位置とかもわかっていないし、上のアイコンを見て生存状態とか、スペシャルアイコンの状況とかがあまり見えていないかなというのはやっぱり感じますね。
 チャンスが分からないというか。ここで詰めないとダメ、ここで詰められるとダメみたいなその辺の状況の判断をするための要素をすくい取れていない感じはしますね。

 

――目の前のことに集中しすぎて、そのあたりが見えなくなっていることは自分もよくありますね……。

あとばる:上のイカアイコンを見るって本当に大事なんですけど、塗り盤面とかで一杯一杯になっちゃうと、見ている余裕がないなってのはわかります。その意味でも、いかに試合中に余裕を持てるかということだとは思うんですよね。

 

――その余裕を持つためにもキャラコンとかエイム精度でどれだけ自信を持てるかが重要になってくる?

あとばる:その辺は土台ですよね。どれだけ状況がわかっていてもキャラコン、エイムが良くなかったら意味がないので。キャラコン・エイムあってこその状況判断だし、状況判断あってのキャラコン・エイムみたいな。そのどっちがなくてもダメなことだとは思うので。

 

――あいすめ選手はウデマエを上げるためにはなにが一番大切だと思いますか?

あいすめ:自分が使っているブキの上手い人の動画を見ることですね。

 

――見るときは、どういうところを意識したらよいですか? たぶん漠然と見ていても「上手いな」で終わっちゃうと思うんですよね。

あいすめ:人数不利のときはどんな立ち回りをしているかとかですかね。

 

 

――先ほどあとばる選手が言っていた、上のイカアイコンとか、そういう状況も踏まえて、どう動いているかってのを見ていくと……。

あいすめ:上手くなると思います。
あとばる:僕も他の人の動画を見るときは、基本的には押し退きの判断しか見ないですね。エイムが上手いってのは見ていて、「おー」とはなるんですけど、参考にはならないじゃないですか。なので、「ここで、前に出るんだ」みたいなところに注目して、「どうしてこういう動きをしたんだろう」ということを考えていくと、新たな気付きがあったりするんですよ。その中でいいなと思ったものを自分の中にインプットしていく形ですね。

 

――そうやってインプットしたものを、同じ状況がきたら真似してみたり?

あとばる:そうですね。もちろん、成功する、しないはありますけど、そうやって幅を広げていくのはありかと思いますね。
あいすめ:あとは試し撃ちですね。自分も最近やるようになったんですけど、後ろから撃たれたときとか、すぐ振り向けたりするようになったので、けっこう効果はあるのかなと感じますね。

 

――ちなみに試し撃ちでエイムを鍛えるためのおすすめのやり方はありますか?

あとばる:動かない方のバルーンで、真ん中・右・左・左後ろみたいなルートを決めて、一定の間隔で弾がずれないように撃ち続けていく。バルーンを壊したあと復活するときに「ぴぽっ」と音がするんですけど、あのリズムが一定になるようにずっとやっています。

 

 

あいすめ:自分は止まっているバルーンの中央あたりに立って、その場から動かずに周囲のバルーンを連続で倒し続けるというのをやっていますね。
あとばる:あとは動いているバルーンに対してはしっかり追いエイムというか、動きに合わせてちゃんと当てるというのはやっていますね。
 これを続けていくと、「どれくらい動かすと自分のエイムはこれくらいにいくんだ」ってのがなんとなく体に染み付いてくるので、とっさにエイムを合わせるときの成功率とかが本当に上がるようになると思います。

 

【今回のまとめ】
・イカアイコンから得られる情報をしっかりと把握してプレーしよう!
・上手い人のプレー動画は、「押し退き」に注目して参考にすべし!
・試し撃ちで自分のエイムの感覚を体に覚えさせろ!

 

次回は新たなプレーヤーが対談に登場! 誰が登場するのかお楽しみに!

爆連載「イカすガチ対談マッチ!!」の過去記事はコチラ!

次回は9/14(火)更新!!

この記事をシェアする!

TwitterFacebookLine