TOP 特集&連載 デュエマ妄想構築録 vol.38-4 ~いきなりダイレクトアタック!キクチVチャロン!!~
特集&連載

デュエマ妄想構築録 vol.38-4 ~いきなりダイレクトアタック!キクチVチャロン!!~

TwitterFacebookLine

By まつがん

 さて、前回は皆さんにカードの能力を予想してもらったわけだが、まずは正解を発表することとしよう。

 それが、こちらのカードだ!

▲「王来篇第3弾「禁断龍VS禁断竜」収録、《ダムダム・ジョーカーズ》

 2枚墓地肥やし+ジョーカーズ限定の墓地回収という、シンプルながらも強力な効果のカードだ。

 さて、9月25日(土) に発売予定の王来篇第3弾「禁断龍VS禁断竜」に収録されるこの新カード、《ダムダム・ジョーカーズ》。これを使ってどのようなデッキを組むべきか。

 それにはいつものとおり、このカードが持つ唯一無二性に着目する必要がある。

▲「ペリッ!! スペシャルだらけのミステリーパック」収録、《ブラッディ・クロス》

 《ダムダム・ジョーカーズ》を見たとき、まず真っ先に思い浮かぶのは《ブラッディ・クロス》の存在だろう。

 同じ1コストで墓地を2枚肥やせる呪文ということで、零龍アグロやカリヤドネループなどの元から《ブラッディ・クロス》を採用していたデッキにおいて、2スロット目の《ブラッディ・クロス》として運用することも当然考えられる。

 だが、それではこのカードを「名前が変わった《ブラッディ・クロス》」として見るだけになってしまう。

 《ダムダム・ジョーカーズ》の唯一無二性を生かすなら、やはりジョーカーズを墓地から拾える方の効果に注目するべきだろう。

 とはいえそうは言っても闇文明のジョーカーズはこれまで存在していなかった以上、墓地が肥えて嬉しいジョーカーズが特に存在しないのがネックとなる。

 しかし冷静に考えてみると、何も必ずしも墓地が肥える点を生かす必要はない。

▲新1弾「ジョーカーズ参上!!」収録、《ジョジョジョ・ジョーカーズ》

 《ブラッディ・クロス》が先にあったから墓地肥やしとして見てしまいがちだが、《ダムダム・ジョーカーズ》を「闇の1マナ呪文で山札の上から2枚を見てジョーカーズを1枚手札に加える呪文」として見るならば、このカードは闇の《ジョジョジョ・ジョーカーズ》としても考えられるのだ。

 では、闇の《ジョジョジョ・ジョーカーズ》を必要とするデッキといえば何が考えられるだろうか。

 そう、その答えは一つしかない。

▲「ブラック・ボックス・パック」収録、《デュエマの鬼!キクチ師範代》
▲双極篇第3弾「†ギラギラ†煌世主と終葬のQX!!」収録、《Vチャロン》

 「キクチVチャロン」では???🤔🤔🤔

 《デュエマの鬼!キクチ師範代》もしくは《禁術のカルマ カレイコ》が出ている状態で《Vチャロン》の登場時能力を発動させ、相手のシールドが何枚あろうと0枚にするコンボ、「キクチVチャロン」。このデッキの難点は闇文明でコンボパーツを代替できるカードがないという点にあった。

 というのも、「キクチVチャロン」は「3ターン目に《デュエマの鬼!キクチ師範代》or《禁術のカルマ カレイコ》を出し、4ターン目に《チキン・タッ太》から《ジョギラゴン&ジョニー ~Jの旅路~》を走らせて《Vチャロン》を捨ててダイレクトアタックで勝利」という最速ルートを生かしたいデッキである都合上、コンボを揃えるのに使えるマナは1ターン目の1マナか2ターン目の2マナしかないのだが、闇の2マナ以下のカードでこれらのコンボパーツにアクセスできるカードはこれまでほぼ存在しなかったのである。

 だが、《ダムダム・ジョーカーズ》の登場はそんな状況を一変させうる可能性を持っている。何といっても《チキン・タッ太》《ジョギラゴン&ジョニー ~Jの旅路~》《Vチャロン》と、4種のコンボパーツのうちの3種までもにアクセスできるからだ。

 ただアクセスできるとはいっても《ダムダム・ジョーカーズ》では《ジョジョジョ・ジョーカーズ》と違って2枚しか見れないので、デッキ内の相当部分をジョーカーズで固める必要がある。

▲双極篇第1弾「轟快!! ジョラゴンGo Fight!!」収録、《カツラデランス/「アフロ行きま~す!!」》
▲「ガチヤバ4!無限改造デッキセットDX!! ジョーのビッグバンGR」収録、《フンバルさん/フンバ・フライ・ダイ》

 《カツラデランス /「アフロ行きま~す!!」》はこのデッキの最速パターンを崩さない2ターン目までに打てるドローソースでありながら《ダムダム・ジョーカーズ》で拾えるので、コンボパーツへのアクセス力を高めるために必要なパーツだろう。

 また、《奇石 ミクセル/ジャミング・チャフ》や《赤い稲妻 テスタ・ロッサ》などのメタクリーチャーを出された場合については、《フンバルさん/フンバ・フライ・ダイ》がこちらも《ダムダム・ジョーカーズ》で拾える解答札となる。《モモキング -旅丸-》を出されたら脱糞して憤死するけど

 というわけで、できあがったのがこちらの「キクチVチャロン」だ!

 『キクチVチャロン』

枚数
カード名
4
《ダムダム・ジョーカーズ》
4 《ジョジョジョ・ジョーカーズ》
4
《禁術のカルマ カレイコ》
4 《デュエマの鬼!キクチ師範代》
4
《フンバルさん/フンバ・フライ・ダイ》
4 《キャタピラ親方》
4 《チキン・タッ太》
4 《Vチャロン》
4 《カツラデランス /「アフロ行きま~す!!」》
4 《ジョギラゴン&ジョニー ~Jの旅路~》

 

 頼む師範代!ジョーカーズになってくれ!!😭😭

 多色で濁るのが嫌だったので《襲来、鬼札王国!》を抜いたまでは良かったが、やはり闇マナが足りないのと《デュエマの鬼!キクチ師範代》《禁術のカルマ カレイコ》を《ダムダム・ジョーカーズ》《ジョジョジョ・ジョーカーズ》で拾えないこともあり、「ジョーカーズの《デュエマの鬼!キクチ師範代》があったらなぁ……」と思うことしきりだったので、今後もし現実のキクチ師範代に会う機会があればデッキーでペタンコプレスしようと思う。

 このデッキが実際にどんな動きをするのか気になる方は、以下の動画で確かめてみて欲しい。

 さて、いかがだっただろうか。

 《ダムダム・ジョーカーズ》が収録されている王来篇第3弾「禁断龍VS禁断竜」は、9月25日(土) に発売予定だ。

 また、コロコロコミック10月号ではデュエル・マスターズの原作コミックが読めるほか、デュエマに関する激アツな最新情報も色々と掲載されているので、ぜひとも手に取ってみていただきたい。

 ではまた次回!


ライター:まつがん                      
 
フリーライター。クソデッキビルダー。        
 
論理的な発想でカード同士にシナジーを見出すのだが、途中で飛躍して明後日の方向に行くことを得意とする。  
 
オリジナルデッキでメタゲームに風穴を開けるべく日夜チャレンジを続けている(が、上記のような理由で大体失敗する)。

デュエマ妄想構築録vol.37バックナンバー
デュエマ妄想構築録 vol.37-1 ~超多角的アグロ!ダイバー・ダッシュ!!~
デュエマ妄想構築録vol.38バックナンバー
デュエマ妄想構築録 vol.38-1 ~一撃大量ブースト!ヴェルデッド轟破マン!!~
デュエマ妄想構築録 vol.38-2 ~走り抜けろ!ワイルド・クリム・ゾーン!!~
デュエマ妄想構築録 vol.38-3 ~闇の1コスト呪文!《ダムダム・ジョーカーズ》登場!~

 

次回更新は9/17(金)更新!!

この記事をシェアする!

TwitterFacebookLine