TOP 特集&連載 【あつ森】『あつまれ どうぶつの森』プレイ日記 角満島開拓日誌 第537回 あきらめなければ終わらない! マイルを貯めろ!(3)
特集&連載

【あつ森】『あつまれ どうぶつの森』プレイ日記 角満島開拓日誌 第537回 あきらめなければ終わらない! マイルを貯めろ!(3)

TwitterFacebookLine

マイルを集めるコツとは

 いい加減、報告内容がドタバタになってきたので、ぼちぼちまとめに入りたいと思う(苦笑)。

 アセロラの後釜捜しとして始めた離島ツアーであったが、手持ちの32000マイルを消費し尽くしても好みのどうぶつを引き当てられず、それでもあきらめることができなくて、俺は、

 「たぬきマイレージ+をクリアーしまくってコツコツとマイルを溜め、2000マイルになったらりょこうけんと交換して再び離島に出向くぞ!!!

 という、人類史上でも稀と思われる文字通りの自転車操業に突入したのであった。

 しかし……。

 やる前からわかっていたことだが、その道のりは果てしなく長かった。

 離島でハズレを引いたとわかった瞬間から、つぎのマイルりょこうけん獲得に向けた活動を開始。

 たぬきマイレージ+の5つのミッションを見て、できるものからひたすらこなしていく日々……w

 たとえば、“フルーツを植えようキャンペーン”が出ていたら速攻でヤシの木を揺らし、その実を砂浜に埋没する。

 これで……。

 100マイルゲット……((゚Д゚;))

 “イナゴ捕獲キャンペーン”なんてのが出現したら、

 ひたすらバッタを捕まえまくって……!

 200マイルを獲得……!

 こんな地道な作業を10数回こなすと、ようやくマイルりょこうけんと交換できる2000マイルが溜まるので、速攻でタヌポートへGO!

 マカライト鉱石よりも貴重なマイルりょこうけんを手にし、

 「今度こそ!!!>< たのんますからリリアンを!!!><」

 決死の思いで向かった離島で待っているのは……!!

 ンメェェェエエエエwwww

 って、ヤギいやぁぁぁあああああ!!!!www

 ……こんな、明らかに人生の時間を無駄にしているやり取りを、いったい何度くり返したのだろうか。

 途中から、

 「なんか……俺の時間だけ、巻き戻ってねえか……???

 と本気で疑問に思うほどの、波打ち際で砂の山を作っているかのような“不毛なひととき”に突入していってしまったのであった。

 気付けば、朝日が照り付けていた離島の空に、

 オレンジの夕日が……ww

 このときの絶望感たるや、ハンパなもんじゃなかったよ(苦笑)。

 でも、これだけ長くやっていると、効率的にたぬきマイレージ+をクリアーするコツもいくつか手に入れていた。

 たとえば、わりと頻繁に“リメイクをしよう!”というミッションが出てくるんだけど、それを見越してつねにリメイクキットを大量に持参。そのミッションが出たのを確認するや、

 手持ちのテキトーな道具をリメイクし、

 マイルを獲得!!

 もうひとつ、“植林しよう!”というミッションもたびたび登場するんだけど、それをクリアーするために、

 タヌキ商店で“きのなえ”を30個ほど購入。そしてそのミッションが出るや、

 きのなえを植えて、マイルをゲットしていたのであるww この苗はもちろん育てる必要はなく、ミッションが出るたびに同じ個所を掘り返し、新しいきのなえを植えてマイルをもらっていたw このような準備を事前にしておくことで、かな~り効率的にマイルを集めることができたのである。

 しかし、この涙ぐましい努力が結果につながるのかと言えば……決してそんなことはなく(泣ける)。

 大事な大事なマイルりょこうけんを使って離島に行っても……。

 うう……。キザノホマレは、ちょっと……。

 ううう!! タツオは、もっとちょっと……w

 ううううう!!! ムー、目が血走ってて怖すぎだろ!!!><

 はてさて、この離島ツアーはどんな着地を見せるのだろうか……?

 次回当たり、決着を書きたいと思います……w

1年前の今日は?

 せっかく丸1年、1日たりとも欠かさずにプレイしているので新企画“1年前の今日は?”と題して、“昨年の今日のスクショ”を1枚掲載していこうと思います!

 ちょうど1年前、2020年9月8日の様子は↓こちらです。

 ロウニンアジを初めて釣ったのが1年前のこの日でした!

大塚(おおつか) 角満(かどまん)
1971年9月17日生まれ。元週刊ファミ通副編集長、ファミ通コンテンツ企画編集部編集長。在職中からゲームエッセイを精力的に執筆する“サラリーマン作家”として活動し、2017年に独立。現在、ファミ通Appにて“大塚角満の熱血パズドラ部!”、ゲームエッセイブログ“角満GAMES”など複数の連載をこなしつつ、ゲームのシナリオや世界観設定も担当している。著書に『逆鱗日和』シリーズ、『熱血パズドラ部』シリーズ、『折れてたまるか!』シリーズなど多数。株式会社アクアミュール代表。

『あつまれ どうぶつの森』公式サイト:
https://www.nintendo.co.jp/switch/acbaa/index.html

※ゲーム画面はNintendo Swicthソフト『あつまれ どうぶつの森』のものです。
© 2020 Nintendo

この記事をシェアする!

TwitterFacebookLine