TOP 特集&連載 【ミニ四駆歴代マシンカタログ】「スーパードラゴンJr.」を当時のコロコロ記事とともに紹介!! 【黎明期編】
特集&連載

【ミニ四駆歴代マシンカタログ】「スーパードラゴンJr.」を当時のコロコロ記事とともに紹介!! 【黎明期編】

TwitterFacebookLine

今まで登場した歴代ミニ四駆を世代ごとに取り上げていくコロコロオンラインの「ミニ四駆」連載企画! 本記事では、黎明期編の「スーパードラゴンJr.」を紹介する。

【コロコロオンライン連載企画】
ミニ四駆歴代マシンカタログ!

1982年に生まれ、現在も多くの人々に愛されているタミヤの大人気ホビー『ミニ四駆』

コロコロオンラインでは、ミニ四駆の魅力をたくさんの読者たちにもっと知ってもらうべく、連載企画を開始!

その名も「ミニ四駆歴代マシンカタログ」だ!

これまでに発売されたミニ四駆たちを「黎明期」、「第1次ブーム」、「第2次ブーム」、「ニュージェネレーション」と4つの世代ごとに取り上げていくぞ! マシンの写真はもちろん、過去のコロコロコミック記事も掲載していくぞ!

■ミニ四駆歴代マシンカタログのバックナンバーはこちら!

レーサーミニ四駆「スーパードラゴンJr.」

「スーパードラゴンJr.」は、まんが『ラジコンボーイ』に登場したRCカー「スーパードラゴン」をもとにしたレーサーミニ四駆。1987年8月に発売。「ワイルドウイリスJr.」や「ホットショットJr.」などをはじめとした「Jr.」という呼称は、RCカーのミニ四駆モデルを示すものである。

※掲載画像は再販された「スーパードラゴンJr.」です。

龍の頭のようなボディと真っ白なカラーが特徴であり、本マシンやサンダードラゴンなどを含めたドラゴン系の始祖と呼ばれるマシン。

まんが『ダッシュ!四駆郎 』にも登場しており、第4話「四駆郎vs進駆郎の巻」(後編)では、パンクローがマシンの早組み対決にて、1分20秒で完成させている。2012年にはVSシャーシ搭載のリファインモデルが発売された。

スペック概要
■全長:128mm
■全幅:93mm
■全高:48mm
■シャーシ:タイプ1

当時のコロコロ記事を紹介!!

「スーパードラゴンJr.」の初報が掲載されたのは、1987年コロコロコミック8月号。「レーサーミニ四駆 超龍伝説」の大見出しのもと、当時はミニ四駆界の風雲児として紹介されていた。

このころのミニ四駆はまだ黎明期時代で、公式レースの先駆けとなる「公認競技会」が始まったり、新シリーズ・ワイルドミニ四駆が発売されたばかりである。雑誌ではRCカーがメインだったホビーページも、このあたりからミニ四駆も合わせて紹介されるようになっていく。

次の9月号、10月号では、ミニ四駆おなじみの改造記事が掲載。アクションとスピードそれぞれに特化した「レーサーミニ四駆VSワイルドミニ四駆」や、塗装やタイヤ替えといった簡単な改造術をピックアップ。始めたての子どもたちでも分かりやすいように、細かくアレンジ例が書かれている。

ほかにも、F1カー仕様のデザイン重視や、ワイルドミニ四駆と合体させたインパクト重視など、バリエーション豊かな「スーパードラゴンJr.」が掲載された。


 

以上、黎明期『ラジコンボーイ』編のマシンをお届け!

次回は、第1次ブーム『ダッシュ四駆郎』編からFMシャーシ初採用のマシンが登場だ!

本連載は水曜日更新予定なのでお楽しみに!

■ミニ四駆歴代マシンカタログのバックナンバーはこちら!

商品概要
「レーサーミニ四駆シリーズ No.7 スーパードラゴンJr. Item No:18007」

※販売停止中
■発売時期:1987年8月発売
■価格:600円(当時)
・「スーパードラゴンJr.」1986年モデル(販売停止中)
・「スーパードラゴンJr.」リファインモデル(販売停止中)
・タミヤ公式サイトはこちら

ミニ四駆歴代マシンカタログのバックナンバーはこちら!

 

(C)TAMIYA,INC.ALL RIGHTS RESERVED.

 

この記事をシェアする!

TwitterFacebookLine

関連記事

【ミニ四駆歴代マシンカタログ】「ホットショットJr.」を当時のコロコロ記事とともに紹介!! 【黎明期編】

【ミニ四駆歴代マシンカタログ】「ホーネットJr.」を当時のコロコロ記事とともに紹介!! 【黎明期編】

【ミニ四駆歴代マシンカタログ】「フォックスJr.」を当時のコロコロ記事とともに紹介!! 【黎明期編】