TOP 特集&連載 【ミニ四駆歴代マシンカタログ】「ビークスパイダー」を当時のコロコロ記事とともに紹介!! 【第2次ブーム編】
特集&連載

【ミニ四駆歴代マシンカタログ】「ビークスパイダー」を当時のコロコロ記事とともに紹介!! 【第2次ブーム編】

TwitterFacebookLine

今まで登場した「歴代ミニ四駆」を世代ごとに取り上げていくミニ四駆連載企画! 本記事では、第2次ブーム編の「ビークスパイダー」を紹介する。

【コロコロオンライン連載企画】
ミニ四駆歴代マシンカタログ!

1982年に生まれ、現在も多くの人々に愛されているタミヤの大人気ホビー『ミニ四駆』

コロコロオンラインでは、ミニ四駆の魅力をたくさんの読者たちにもっと知ってもらうべく、連載企画を開始!

その名も「ミニ四駆歴代マシンカタログ」だ!

これまでに発売されたミニ四駆たちを「黎明期」、「第1次ブーム」、「第2次ブーム」、「ニュージェネレーション」と4つの世代ごとに取り上げていくぞ! マシンの写真はもちろん、過去のコロコロコミック記事も掲載していくぞ!

■ミニ四駆歴代マシンカタログのバックナンバーはこちら!

沖田カイのマシン・ビークスパイダー

「ビークスパイダー」は、コロコロコミックにて1994年から連載されたまんが『爆走兄弟レッツ&ゴー!!』(こしたてつひろ先生)のキャラクターである沖田カイのマシン。実際の商品は1995年12月に発売された。

鋭いフロントバンパーや、3段式のリヤウイングを持つ独特なボディと、クモの巣をイメージさせるカラーリングが特徴。

マシンはコンテスト優勝者のイラストが元になっており、こした先生がまんが化して、そこからキット化がスタート……という誕生経緯になっている。(後述)

『爆走兄弟レッツ&ゴー!!』では、その鋭利なフロントカウルから空気の刃を発生させ、金属も斬り裂くほどのバトルマシンとして描かれている。

2014年にはスーパー2シャーシ仕様のリファインモデルが発売された。

スペック概要
■全長:132mm
■全幅:90mm
■全高:41mm
■シャーシ:スーパー1

「ビークスパイダー」発売当時のコロコロを振り返る!

「ビークスパイダー」の情報が初めて掲載されたのは、1995年のコロコロコミック10月号。本誌のホビーページより先にまんが内で先行登場した。

次号の11月号では、ついにビークスパイダーの姿が明らかに。ホビーページも、狙った獲物は逃がさないクモのようなイメージでデザインされている。次のページには、読者と力を合わせて作った誕生経緯も掲載されている。

そのほか、オータムカップでの先行販売も発表された。

ほかにもコロコロではビークスパイダーの改造記事を掲載。タミヤ最強と呼ばれる「ZENチューンモーター」を使用した超スピードタイプマシンや、大径ワンウェイホイールなどを取り付けたパワフル仕様といった、複数の改造例を2号連続でお届けした。


 

以上、第2次ブーム『爆走兄弟レッツ&ゴー!!』編のマシンをお届け!

次回は、ニュージェネレーション編から『ハイパーダッシュ!四駆郎』から1番目に登場したマシンが登場だ!

本連載は水曜日更新予定なのでお楽しみに!

■ミニ四駆歴代マシンカタログのバックナンバーはこちら!

商品概要
「フルカウルミニ四駆シリーズ No.8 ビークスパイダー Item No:19408」

■発売時期:1995年12月発売
■価格:600円(当時)
・「ビークスパイダー」1995年モデル(販売停止中)
・「ビークスパイダー」リファインモデル

■タミヤ公式サイトはこちら

ミニ四駆歴代マシンカタログのバックナンバーはこちら!

 

(C)TAMIYA,INC.ALL RIGHTS RESERVED.

この記事をシェアする!

TwitterFacebookLine

関連記事

【新企画! ミニ四駆歴代マシンカタログ】「マグナムセイバー」を当時のコロコロ記事とともに紹介!! 【第2次ブーム編】

【ミニ四駆歴代マシンカタログ】「トライダガーX」を当時のコロコロ記事とともに紹介!! 【第2次ブーム編】

【ミニ四駆歴代マシンカタログ】「スピンアックス」を当時のコロコロ記事とともに紹介!! 【第2次ブーム編】