TOP 特集&連載 【あつ森】『あつまれ どうぶつの森』プレイ日記 角満島開拓日誌 第560回 永遠の恋人・リリアン、ついにルナステラ島へ--!
特集&連載

【あつ森】『あつまれ どうぶつの森』プレイ日記 角満島開拓日誌 第560回 永遠の恋人・リリアン、ついにルナステラ島へ--!

TwitterFacebookLine

リリアン・リポート、完結編!

 『あつ森』のプレイを開始した2020年3月20日から、

 「いつか必ず、リリアンをこの島に招くのじゃ!!!」

 ってことを、このゲームを続ける上での最大目標に掲げていたわけだけど……!

 ついに今回、悲願達成、大願成就の瞬間をお届けできることになった……!!

 でもそれは、仲良くしていた住民1名とのお別れも意味しているので、ちょっとしんみりとした気持ちもない交ぜになっているんだけど……。

 とはいえ、それが『あつ森』というゲームの根底にある“出会いと別れすら楽しむ”という本質のひとつなのだ。

 「400種もどうぶつがいるので、一期一会を楽しんでね!!」

 ……と言われても、お気に入りができてしまえば簡単には決別できないんだけど(苦笑)、『どうぶつの森』というコンテンツは1作目が発売された20年前から、この方針を貫いてきたのである。

 なので俺も躊躇することなく、リリアン移住決定の模様を余すところなくリポートしたい。それが……代わりに引っ越して行く仲間へのはなむけになると思って!!

熟慮の末に

 リリアンが入れ替え候補の相手として、ルナステラ島唯一のぼんやりタイプであるペーターを指名してきた……というところまで前回の記事で書いた。

 そう、ペーターの去就が検討されることになってしまったのだ。

 独特の空気をまとったぼんやりタイプのペーターは、明らかに他のタイプとは一線を画した言動をくり返すことによって、島での暮らしに欠かせないアクセントを提供してきていた。

 「うーーーーん、ペーターかぁ……」

 思わず、頭を抱えてしまう俺。

 ペーターはルナステラ島での生活は1年以上になるので、アイドルグループ的な“卒業”をするには悪くないタイミングだとは思う。

 しかし、ここで躊躇してしまう理由が前述の“ペーターは島で唯一のぼんやりタイプ”という要素。もしも彼を放出するなら代わりに入ってくるどうぶつはぼんやりタイプがいいな……と、かねてより考えていたので、元気タイプのリリアンとの入れ替えはちょっと……そぐわないかなあ!

 となると……!

 もう、残るトレード要員は1名しかいない。

 で、でも……!!

 彼女は出戻り組とは言え、ルナステラ島にやってきてから1ヵ月も経っていないもっとも新しい住民でもあるんだよなぁ……!

 俺が悩んでいるあいだも、リリアンとのやり取りは続いていた。

 やっぱり……。

 アポロやヒノコを指名されても、どうしてもピンと来ない。ていうか、島から出ていってもらっては困るんだよ……。

 「となれば、もう……!

 俺が心を決めかけたその瞬間、ついにリリアンからご指名が入った。

 アセロラの入れ替わりで離島ツアーでスカウトしたアップルしか、いま動かせる人材はいないんだよなぁ……!><

 何度も言うように、アップルは8ヵ月のルナステラ島での生活を終えた後に引っ越して行き、それから半年以上が経過した8月27日にUターンしてきたどうぶつである。

 もちろん、思い入れはあるし、再びいっしょに暮らせることを楽しみ始めた矢先ではあったんだけど、他の8人と比べるとどうしても、消去法で選ばれてしまうのは思い出が希薄なアップルになるのかな……!

 古巣で編集長をやっていた時代、新期を迎えるタイミングで部署間での人材交流の話が必ず持ち上がって、誰を放出し、誰を迎え入れるかで毎回悩んでいたなぁ……ってことを、いきなり思い出してしまった。あのときの決断もかなり重いモノだったけど、『あつ森』での住民決めは、それに近しいものを感じずにはいられないわ……。

 でも、悩みに悩んだ結果、最終的には……!

 アップルとの入れ替えを受諾!!

 これにより……ついにッッッ!!!!!

 『あつ森』プレイ史上、最大の悲願であったリリアンをルナステラ島に迎え入れることが決定~~~ッ!!!! ようやく……! ホントにようやく、我が島に“永遠の恋人”の家が建つことになったのでしたーーーー!!!><

 とはいえ、リリアンに押し出されるようにアップルが引っ越してしまうのは事実なわけで……。

 俺はキャンプサイトを出るや、速攻でアップルに謝りに行った。

 すると……。

 すまんな、アップル……! バタバタさせてしまって……>< いつかまた機会があったら、3度目のUターンを決めて島に戻ってきてくれよな……!!><

 てなわけで!!!

 まるで俺への誕生日プレゼント(9月17日な。念のため)のように、待ち望んでいたリリアンが島にやってきてくれることになりました!!

 やったーーーーーーーー!!!!

 続く!!

1年前の今日は?

 せっかく丸1年、1日たりとも欠かさずにプレイしているので新企画“1年前の今日は?”と題して、“昨年の今日のスクショ”を1枚掲載していこうと思います!

 ちょうど1年前、2020年10月1日の様子は↓こちらです。

 キャンプサイトに、ヒツジのみぞれが来てました。……そんだけ^^;

大塚(おおつか) 角満(かどまん)
1971年9月17日生まれ。元週刊ファミ通副編集長、ファミ通コンテンツ企画編集部編集長。在職中からゲームエッセイを精力的に執筆する“サラリーマン作家”として活動し、2017年に独立。現在、ファミ通Appにて“大塚角満の熱血パズドラ部!”、ゲームエッセイブログ“角満GAMES”など複数の連載をこなしつつ、ゲームのシナリオや世界観設定も担当している。著書に『逆鱗日和』シリーズ、『熱血パズドラ部』シリーズ、『折れてたまるか!』シリーズなど多数。株式会社アクアミュール代表。

『あつまれ どうぶつの森』公式サイト:
https://www.nintendo.co.jp/switch/acbaa/index.html

※ゲーム画面はNintendo Swicthソフト『あつまれ どうぶつの森』のものです。
© 2020 Nintendo

この記事をシェアする!

TwitterFacebookLine