TOP 特集&連載 【ミニ四駆歴代マシンカタログ】「ネオトライダガーZMC」を当時のコロコロ記事とともに紹介!! 【第2次ブーム編】
特集&連載

【ミニ四駆歴代マシンカタログ】「ネオトライダガーZMC」を当時のコロコロ記事とともに紹介!! 【第2次ブーム編】

TwitterFacebookLine

今まで登場した「歴代ミニ四駆」を世代ごとに取り上げていくミニ四駆連載企画! 本記事では、第2次ブーム編の「ネオトライダガーZMC」を紹介する。

【コロコロオンライン連載企画】
ミニ四駆歴代マシンカタログ!

1982年に生まれ、現在も多くの人々に愛されているタミヤの大人気ホビー『ミニ四駆』

コロコロオンラインでは、ミニ四駆の魅力をたくさんの読者たちにもっと知ってもらうべく、連載企画を開始!

その名も「ミニ四駆歴代マシンカタログ」だ!

これまでに発売されたミニ四駆たちを「黎明期」、「第1次ブーム」、「第2次ブーム」、「ニュージェネレーション」と4つの世代ごとに取り上げていくぞ! マシンの写真はもちろん、過去のコロコロコミック記事も掲載していくぞ!

■ミニ四駆歴代マシンカタログのバックナンバーはこちら!

ネオトライダガーZMC

「ネオトライダガーZMC」は、コロコロコミックにて1994年から連載されたまんが『爆走兄弟レッツ&ゴー!!』(こしたてつひろ先生)のキャラクターである鷹羽リョウの愛機。実際の商品は1996年3月に発売された。

作品内では、ビークスパイダーに破壊されてしまった「トライダガーX」に次ぐ2代目マシンとして登場。ボディは「ZMC」と呼ばれる特殊な素材で作られており、衝撃や炎にも耐える強度を持つ。沖田カイとの再戦では、マシン形状を利用した爆発的な加速力を魅せるシーンも登場した。

2015年にはポリカーボネート製クリヤーボディーセットが発売。2019年には、ボディ・シャーシ・ホイールがカーボン繊維配合ナイロン樹脂製で作られた「ネオトライダガーZMC カーボンスペシャル」が発売された。

スペック概要
■全長:132mm
■全幅:90mm
■全高:46mm
■シャーシ:スーパー1

「ネオトライダガーZMC」を袋とじで紹介!
当時のコロコロを振り返る!

「ネオトライダガーZMC」のデザインが初めて掲載されたのは、1996年のコロコロコミック1月号。前月号にてシルエットで公開されていた謎の新マシンの姿がついに明らかとなった。袋とじページ内では各ボディパーツと「ZMC」についての解説や、先行販売のお知らせが掲載されている。

▲月刊コロコロコミック1月号(1996年)
▲月刊コロコロコミック1月号(1996年)

なんと! 「ネオトライダガーZMC」の特集は3号連続でお届け! 大会用の性能アップ改造はもちろん、ストレートやワイルド仕様など各コンセプトごとの改造例も紹介しているぞ。

さらに、本マシンだけでなく、直近に発売されたビークスパイダーも同時に特集! 月刊コロコロコミック3月号に掲載された改造ミニ四駆「ZMCナイトライダー」は、ネオトライダガーZMCとビークスパイダーを組み合わせており、見ごたえバツグンだ! 当時のコロコロ編集部もライバルキャラクターの新マシンとして、かなり力を入れて取り上げていたことがうかがえる。

▲月刊コロコロコミック2月号(1996年)
▲月刊コロコロコミック3月号(1996年)


 

以上、第2次ブーム『爆走兄弟レッツ&ゴー!!』編のマシンをお届け!

次回は、ニュージェネレーション編から「キマイラマシン」の名を持つミニ四駆が登場だ!

本連載は水曜日更新予定なのでお楽しみに!

■ミニ四駆歴代マシンカタログのバックナンバーはこちら!

商品概要
「ネオトライダガーZMC」

■発売時期:1996年3月発売
■価格:600円(当時)
・「ネオトライダガーZMC」1996年モデル(販売停止中)
・「ネオトライダガーZMC カーボンスペシャル」(販売停止中)

■タミヤ公式サイトはこちら

ミニ四駆歴代マシンカタログのバックナンバーはこちら!

 

(C)TAMIYA,INC.ALL RIGHTS RESERVED.

この記事をシェアする!

TwitterFacebookLine

関連記事

【新企画! ミニ四駆歴代マシンカタログ】「マグナムセイバー」を当時のコロコロ記事とともに紹介!! 【第2次ブーム編】

【ミニ四駆歴代マシンカタログ】「トライダガーX」を当時のコロコロ記事とともに紹介!! 【第2次ブーム編】

【ミニ四駆歴代マシンカタログ】「スピンアックス」を当時のコロコロ記事とともに紹介!! 【第2次ブーム編】