TOP 特集&連載 【あつ森】『あつまれ どうぶつの森』プレイ日記 角満島開拓日誌 第606回 発見! “星の島”は、宝の山だった(2)
特集&連載

【あつ森】『あつまれ どうぶつの森』プレイ日記 角満島開拓日誌 第606回 発見! “星の島”は、宝の山だった(2)

TwitterFacebookLine

星のリゾート……アイランド!w

 いまやすっかり毎日のルーチンワークに組み込まれた、かっぺいのボートツアー

 1回につき1000マイルという、なかなかお安くない価格を吹っ掛けられるものの、じつは今回リポートする“星の島”に連れて行ってもらったことにより、

 「1000マイル……ぜんぜん高くない!! 喜んでお支払いしましょう!!!」

 というモードになって、躊躇なく大海原に漕ぎ出せるようになったんだよねぇ……!

 前回の日記で、その星の島……いや、“星のリゾートアイランド”のさわりを書かせてもらった。

 しかしその記事で“星”の要素が見えるのは最後に紹介した流れ星だけで、どちらかというとカナブンの色合いのほうが強いカワサキファンが集まる島……って感じにまとまってしまっている。

 でもね……!

 星のリゾートアイランドが本領を発揮するのは、ここからなのだ。

 その夜、小さな島をフラフラと散策していると、やたらと空が賑やかなことに気付いた。

 「あれ???」

 と気配を察知して夜空を見上げると……!

 ヒュン!!

 「あ!! また流れ星!!

 さらに……!

 ヒュンヒュンッ!!

 え……! こ、これだけ矢継ぎ早に星が落ちるということは、この島……間違いなく!!

 「流星群が来てるーーーー!!!ww やったやった!!w 超ラッキー!!!ww」

 皆さんご存知の通り、流れ星に祈りを捧げた翌日は、島の浜辺に“ほしのかけら”に代表されるレア素材が漂着する。これがないと作れない家具やアイテムも多いので、流星群の日はなるべく時間を取って空を眺めていたいなぁ……と思うものだ。

 それがまさか……!

 ボートツアーでたどり着いた島で実現するなんてな!!w

 「いやあ、1000マイルも出した甲斐があったわww もうひと晩中、流れ星に祈ってよwww」

 ヘラヘラと笑いながら、海岸線に向かう俺。

 どうせなら遮蔽物のない場所で、広く空を見てみようと考えたのだ。

 そ、そしたらだな……w

 あ、あれ!!?ww 流れ星、もうほしのかけらになってルーーーー!!www

 本来だったら翌日に漂着するはずのほしのかけらが、もう浜辺に転がってるよwww

 なんとなく、現像に出さなくてもぺーーーっとプリントが吐き出されるインスタントカメラを想像してしまった俺w もしくは、採ったその場で食べられるイチゴ狩り的な? 地産地消な流れ星??

 このあたりで俺は、

 「どうやら今回の島は、たいそう“星”に愛されているようだな^^」

 と確信する。流れ星はもちろんだけど、浜辺でほしのかけらが拾えたことなんて、何度も離島ツアーには出ているけど初めてのことだからなー!

 でも……!

 星のリゾートアイランドの驚くべき部分は、これだけではなかったのだ。むしろ、流れ星と浜辺の漂着物は“見たことがある”ので、目新しさという点においてはそれほどのインパクトを持たない。

 ここで、前回の記事をちょっと振り返ってもらいたい。

 俺は、↓このように書いているのだ。

◆◆◆

 ……でも、じつはこのとき、ツタの存在以上に、後ろに写っている岩のまわりだけ草が生えていないことが妙に気になった。

 (あの岩……なんかヘンな電波でも発しているんかな……?)

 そう感じられたことが……その後の“新発見”に結び付くことになるとは、この時点では誰も気づいていなかったのである。

◆◆◆

 そう、ふだんならほとんど気にしない岩なんだけど、この島のソレに関してはまわりに草が生えていなかったので、

 (ん? なんだこれ)

 と、やたらと興味を引いてきたのだ。

 そこで俺は、

 「ま、出てくるのが粘土とか石なのはわかってるけど、一応叩いておくか。もしかしたら、金鉱石の出現率が高くなってたりするかもしれんしwww」 

 こんな打算のもと、スコップで岩を叩いてみたのである。

 そそそ、そしたら……!!!!

 ぴょいーーーんwww

 「へ!!!!??!!?」

 目の前で起こったことが、瞬時には理解できなかった。

 え……!

 この飛び出た物体……ほしのかけらだよね!!? いいい、岩から生まれることなんてあんの!!? そんなこと、起こってしまっていいんですか!!!?

 ナゼか後半は憤りながらも、夢中でその岩を叩き続けた。

 すると……!!!

 うおおおおおお!!!www 金平糖がバラ撒かれたみたいで、超キレイ!!!ww ていうか、この島、マジで星のリゾートアイランドじゃーーーーん!!!www

 そうなんです。

 この夜にかっぺいに連れてきてもらった離島は、ホントに星に愛されている島だったのです。

 当然、ほしのかけらが飛び出る岩はこれだけではなく、

 高台にあったソレも、この通り。しかも、

 てんびんざのかけらに……!

 これは、おひつじざのかけら!!!

 ふつう、星座のかけらはその季節じゃないと出てこないけど、この島だったらシーズンを問わず、いろいろなかけらを手に入れることができるんだなーーーー!!!!

 どうやらかっぺいのボートツアーは、俺の想像以上にいろいろなパターンがありそうだ。

 これはやっぱり……1日1回のノルマは確実にこなさないといかんな!!! その分……マイル集め、がんばらないとーーー!!!ww

 ちなみに。

 「このほしのかけらの岩、最後に壊したら、中から見たこともないようなヤベェかけらが出てくるのでは!!?

 と確信し、

 喫茶ハトの巣からテイクアウトしてきたコーヒーを飲んで力を付けてから、岩を叩き割ったところ……!!!!

 なんと!!!

 石が出てきたwwww なんとなく……金のタマゴを生むニワトリを、最後に喰っちまった気分……w 世の中、そこまで甘くなかったwww

 続くw

1年前の今日は?

 せっかく丸1年、1日たりとも欠かさずにプレイしているので新企画“1年前の今日は?”と題して、“昨年の今日のスクショ”を1枚掲載していこうと思います!

 ちょうど1年前、2020年11月16日の様子は↓こちらです。

 紅葉がうれしくて、木々の間で踊っていましたw

大塚(おおつか) 角満(かどまん)
1971年9月17日生まれ。元週刊ファミ通副編集長、ファミ通コンテンツ企画編集部編集長。在職中からゲームエッセイを精力的に執筆する“サラリーマン作家”として活動し、2017年に独立。現在、ファミ通Appにて“大塚角満の熱血パズドラ部!”、ゲームエッセイブログ“角満GAMES”など複数の連載をこなしつつ、ゲームのシナリオや世界観設定も担当している。著書に『逆鱗日和』シリーズ、『熱血パズドラ部』シリーズ、『折れてたまるか!』シリーズなど多数。株式会社アクアミュール代表。

『あつまれ どうぶつの森』公式サイト:
https://www.nintendo.co.jp/switch/acbaa/index.html

※ゲーム画面はNintendo Swicthソフト『あつまれ どうぶつの森』のものです。
© 2020 Nintendo

 

この記事をシェアする!

TwitterFacebookLine