TOP 特集&連載 【ミニ四駆歴代マシンカタログ】「ファイヤードラゴンJr.」を当時のコロコロ記事とともに紹介!! 【黎明期編】
特集&連載

【ミニ四駆歴代マシンカタログ】「ファイヤードラゴンJr.」を当時のコロコロ記事とともに紹介!! 【黎明期編】

TwitterFacebookLine

今まで登場した歴代ミニ四駆を世代ごとに取り上げていくコロコロオンラインの「ミニ四駆」連載企画! 本記事では、黎明期編の「ファイヤードラゴンJr.」を紹介する。

【コロコロオンライン連載企画】
ミニ四駆歴代マシンカタログ!

1982年に生まれ、現在も多くの人々に愛されているタミヤの大人気ホビー『ミニ四駆』

コロコロオンラインでは、ミニ四駆の魅力をたくさんの読者たちにもっと知ってもらうべく、連載企画を開始!

その名も「ミニ四駆歴代マシンカタログ」だ!

これまでに発売されたミニ四駆たちを「黎明期」、「第1次ブーム」、「第2次ブーム」、「ニュージェネレーション」と4つの世代ごとに取り上げていくぞ! マシンの写真はもちろん、過去のコロコロコミック記事も掲載していくぞ!

■ミニ四駆歴代マシンカタログのバックナンバーはこちら!

レーサーミニ四駆「ファイヤードラゴンJr.」

「ファイヤードラゴンJr.」は、まんが『ラジコンボーイ』に登場するRCカー「ファイヤードラゴン」をもとにしたレーサーミニ四駆。1988年6月に発売。「ワイルドウイリスJr.」や「ホットショットJr.」などをはじめとした「Jr.」という呼称は、RCカーのミニ四駆モデルを示すものである。

実際のRCカー商品の「ファイヤードラゴン」は翌年の1989年に発売された。

空気抵抗を少なくした流れるような曲線ラインと、まさに炎のような真っ赤なボディが特徴。燃え盛る炎をイメージしたようなサイド部分も魅力的でまさに「ファイヤードラゴン」の名前にふさわしいデザインとなっている。

シャーシはスパイクタイヤを装着したタイプ1仕様。2012年には、VSシャーシを搭載したリファインモデルも発売された。

スペック概要
■全長:127mm
■全幅:81mm
■全高:47mm
■シャーシ:タイプ1

「ファイヤードラゴンJr.」のコロコロ記事を紹介!!

「ファイヤードラゴンJr.」のマシンビジュアルが初めて掲載されたのは、1988年月刊コロコロコミック6月号から。商品の発売1か月前にその姿が明らかとなった。

当時のコロコロでは、マシンのデザインを大胆にアレンジしたリヤウイング装着改造や、スピードローラーを取り付けたレース仕様マシンなど改造パターンを先駆けて紹介。また、新たなレーサーミニ四駆として「スーパーセーバーJr.」が発売されることも明らかとなった。

▼月刊コロコロコミック6月号(1988年)

そして、発売月のコロコロコミック7月号では、これまでに発売されたドラゴンシリーズの改造例をピックアップ!

大会公認グレードアップパーツ第3弾の発売を記念して、

・スポンジタイヤを装着し、カラーとロゴもキャメル仕様にした「スーパードラゴンJr.」(画像左)
・クリヤーボディを使用して低重心化した「サンダードラゴンJr.」
・コーナー対策でワンウェイホイールを搭載した「ファイヤードラゴンJr.」

といった別々のコンセプトをもとに作られた改造マシンが掲載された。

▲月刊コロコロコミック7月号(1988年)

 

以上、黎明期『ラジコンボーイ』編のマシンをお届け!

次回は、第1次ブーム『ダッシュ四駆郎』編からホライゾンの血統を受け継ぐマシンが登場だ!

本連載は水曜日更新予定なのでお楽しみに!

■ミニ四駆歴代マシンカタログのバックナンバーはこちら!

商品概要
「ファイヤードラゴンJr.」

※販売停止中
■発売時期:1988年6月発売
■価格:600円(当時)
・「ファイヤードラゴンJr.」1988年モデル(販売停止中)
・「ファイヤードラゴン プレミアム(VSシャーシ)」リファインモデル(販売停止中)
・タミヤ公式サイトはこちら

ミニ四駆歴代マシンカタログのバックナンバーはこちら!

 

(C)TAMIYA,INC.ALL RIGHTS RESERVED.

 

この記事をシェアする!

TwitterFacebookLine

関連記事

【ミニ四駆歴代マシンカタログ】「ホットショットJr.」を当時のコロコロ記事とともに紹介!! 【黎明期編】

【ミニ四駆歴代マシンカタログ】「ホーネットJr.」を当時のコロコロ記事とともに紹介!! 【黎明期編】

【ミニ四駆歴代マシンカタログ】「フォックスJr.」を当時のコロコロ記事とともに紹介!! 【黎明期編】