TOP 特集&連載 【スプラトゥーン】トッププレイヤー イカすガチ対談マッチ!! あとばる×ガチマッチ世界一のちょこぺろ選手が語る”勝つための思考術”~2~
特集&連載

【スプラトゥーン】トッププレイヤー イカすガチ対談マッチ!! あとばる×ガチマッチ世界一のちょこぺろ選手が語る”勝つための思考術”~2~

TwitterFacebookLine

トッププレイヤー イカすガチ対談マッチ!!
【あとばる×ちょこぺろ 第2回】

あとばる×ちょこぺろ対談の第2回目。今回はちょこぺろ選手のメインブキでもあるボトルガイザーフォイルについて、いろいろと聞いてみたぞ。

扱うのが難しいボトルガイザーだが、どうすればちょこぺろ選手のように使いこなすことができるのか? そのためのポイントを学んでいこう!

 

あとばる
驚異的なエイム力を持つカリスマプレーヤー。「第2回スプラトゥーン甲子園」では、不利な状況から相手を次々と倒す神がかり的なプレーを連発し、優勝に大きく貢献。H3リールガンの名手としても知られ、彼の影響でH3リールガンを使い始めたプレーヤーも多いとか。おもな実績は「第2回スプラトゥーン甲子園」優勝、「第4回スプラトゥ-ン甲子園オンライン代表決定トーナメント」優勝など。チーム・よしもとゲーミング カラマリ所属。
Twitter:https://twitter.com/Atobaru_ika
YouTube:https://www.youtube.com/channel/UChczP5QLI27iCB-pEfz2eYA
OPENREC.tv:https://www.openrec.tv/user/atobaru_ika
ちょこぺろ
エリア・ヤグラ・ホコ・アサリの4ルールすべてでXパワーの歴代最高記録(2021年11月時点)を持ち、「ガチマッチの帝王」との異名をとるカリスマプレーヤー。数多くのトッププレーヤーがいる中で、Xパワーの歴代最高記録を4ルール独占しているのは驚異的というほかなく、その実力はまさに異次元レベル。また、ブキもボトルガイザーフォイルや.52ガロンベッチュー、N-ZAP85、チャージャーと幅広く使いこなすなど万能。2021年の11月には自身の持つ歴代最高記録を更新するXパワー3113.8をマークするなど、その実力はいまなお進化中。まさに『スプラトゥーン2』史上最高のプレーヤーといえる存在だ。
Twitter:https://twitter.com/rrchocopero
YouTube:https://www.youtube.com/channel/UC4BQjeEH7-iUqUbyYVDYtsg
OPENREC.tv:https://www.openrec.tv/user/rrchoco

“ちょこぺろ”の名前の由来は?

――ちょこぺろ選手は甲子園にも出場されていますが、オフライン大会の雰囲気はいかがでしたか?

ちょこぺろ:僕はあの雰囲気は大好きですね。

 

――緊張してあまり実力を出せなかったとかはありましたか?

ちょこぺろ:それはもちろんありましたけど、それも含めて「悔しい」と思うことも今は楽しいので。楽しければいいかなという(笑)。

 

――では、甲子園のようなオフライン大会があったらまだ出たい?

ちょこぺろ:もちろん出たいですね。

 

 

――ちょこぺろ選手はガチマッチ世界ナンバーワンのプレーヤーですが、これだけ有名になって個人的によかったなと思うことってなにかあります?

ちょこぺろ:一番僕的によかったなと思うことは、有名な人の立場に立てたことですかね。優越感とかそういう話ではなくて、別の視点がわかったというか。たとえば配信のコメントでも、視聴者からみたら普通のコメントでも、配信者側から見たらこれってあまりいい気持ちはしないよなとか、そういうことがわかったのがよかったなと思いますね。

 

――ちなみにちょこぺろ選手が『スプラトゥーン』ですごいってことは、リアルな友だちや親御さんも知っていたりするんですか?

ちょこぺろ:親も友だちも知っていますね。ネット自体も友だちと一緒に始めたんですよ。友だち何人かで一緒に『スプラトゥーン』とかTwitterを始めて、そのとき一緒に始めた友だちから「ちょこぺろ『スプラ』うまいよ」という話がちょっとずつ周囲に広がって、いまはクラスの半分くらいは知っているかなと思うんですけど。そのおかげで友だちが増えたりとかもしました。

 

――あとばるさんもプロとして活動されてますけど、有名になって良かったなと思うことってなにかありますか?

あとばる:普通に生きていたらできなかった経験とかをすごくさせてもらっているので、そういう意味でも一度でもこういう経験ができたってのは自分にとってはすごく有益というか、良かったなとは思いますね。

 

――イベントに出演したりとか、大会の実況をしたりとか?

あとばる:そうですね。サインを書いたりとかって普通ないじゃないですか。中学校くらいのときに自分の名前でサインを考えていたりはしてましたけど。

――えっ、それはどういう目的で考えていたんですか? 有名になるそと思って考えていた?

あとばる:いや、目的はとくになくて、とりあえずサイン考えようみたいな。でも、中学生の頃とかサイン書きません? 僕の周りだと、自分で考えたオリジナルサインとかけっこうみんな作ったりしてたんだけど(笑)。

 

――有名になるとかじゃなくて、自分のサインがあるっていうのがちょっとかっこいいみたいな?

あとばる:そういう感じです(笑)。

 

――ちょこぺろ選手はサインってあるんですか?

ちょこぺろ:僕はないですね。

 

――甲子園で「ください」とか言われたりしなかったんですか?

ちょこぺろ:そのときはそんなに……。たいじさんみたいに人がズラっと並んだりとかいうことなく、知り合いだけ会ってみたいな。

 

――そうなんですね。ちょこぺろ選手は顔出しもされてないので、パッと見てもわからないというのもあるかもしれないですね。ちなみに、「ちょこぺろ」という名前は何か由来があるんですか。

ちょこぺろ:ちょっと恥ずかしいんですけど、小学生のときにゲームとかで使う名前をどうしようと思って、テキトーな顔文字を選んだんですよ。
 それが「てへぺろ」みたいにしている顔文字で、そのあと『スプラトゥーン2』を始めるときに、一緒にTwitterも始めるからちゃんとした名前が欲しいなと思って、だったら前に使っていたその顔文字の「てへぺろ」の「ぺろ」をとって、あとはうちの飼い犬の名前が「チョコ」なので、これを組み合わせるかと。まあ、単なる思いつきですね。

 

――両方を組み合わせて「ちょこぺろ」。そういう由来があったんですね。

 

ボトルガイザーフォイルを使うためのポイント

――ボトルガイザーフォイルについても聞きたいのですが、ボトルガイザーフォイルを使う上でとくに意識すべきことはどんなことでしょう?

ちょこぺろ:これも土台の話とつながってくるんですけど、とくに使い始めたばかりの人が、まず最初にわかって欲しいのが、そのブキの強いところ・弱いところですね。
 たとえばボトルガイザーなら射程が長くて、ジャンプ撃ちがぶれなくて、火力が高いのが強いところで、逆に弱いところは足場塗りとか、対面するときにタップ撃ちだからエイムが下ブレしやすいとかなんですけど、そこから最初に意識して欲しいことは、射程が長いブキってせっかく射程が長いから自分より射程が短い相手には絶対に距離を取るようにする。
 距離を取るってことは言い換えると、下手に突っ込まないということなので、無理はせずに一定距離を保って対面するのが基本です。

 

 

ちょこぺろ:結局、無理をして突っ込んでも、さっき言った通りボトルガイガーは足元塗りが弱くて足場を取られやすいので、簡単にやられちゃうんですよ。なので、距離を保つ場合も、早め早めに動くことを意識することが大事です。
 気持ち早めに退いちゃえば、足場が取られてやられることもないので。あと、タップ撃ちだから使い慣れていない人だと、いつもは当てられるようなところを当てられなかったりもするので、エイムが下ブレするってところを意識しておくことも大切ですね。

 

――ミスを前提に動くようにする?

ちょこぺろ:そうですね。足場が取られやすくてタップ撃ちだからミスが起こりやすいブキではありますね。たとえば、普段はデュアルスイーパーを使っている人がそれと同じ感覚でボトルを使っても、デュアルってスライドができるし、足場塗りもある程度は発生するので退くのが早いんですけど、ボトルだと同じタイミングで退こうとすると間に合わないことが多い。なので、早め早めに動くというのは最初に意識すべきことかなと思います。

 

――そもそもが、ミスの起こりやすいブキなんですね。

ちょこぺろ:ボトルガイザーってけっこう強いと思われますけど、みんなXパワー3000いってるかというと、全然そんなことないんですよ。それって、やっぱりミスが起こりやすいブキだからで、他のブキを使っているのと同じような気持ちで動いちゃったらかなりやられる場面が多くなるんですよね。

 

 

――なるほど。あとばる選手はボトルガイザーフォイルは性能としてどう見ていますか?

あとばる:単純に強いか弱いかで言ったらたぶんトップレベルで強いんですけど、ちょこぺろくんがさっき言ったみたいにまず使い方が難しい。弾の出し方にクセがあるので、性能的に強いからって簡単に使えるブキではないというのと、あと使っていて思うのがバブルランチャーをうまく使うタイミングが難しいですね。
 実装当初なんかは僕もけっこう使っていて「強えな」と思ったんですけど、最近全然使っていないのにちらっと持ったら全然使えなくなっていて、「うわ」と思ってやめました(笑)。

 

 

ちょこぺろ:やっぱり、スペシャルがフォイルはバブルランチャー、無印はハイパープレッサーで、この辺のやつってとりあえず吐いておけばいいって感じじゃなくて、タイミングがめちゃくちゃ難しかったりとか、けっこう技術が必要なスペシャルになっちゃうので、それも含めてやっぱり他と同じブキと同じ感覚で使っちゃダメというのはありますね。
 そこがわかっていないと、ポテンシャルは高いけど安定しないブキになっちゃうので。

 

【今回のまとめ】
・まずは自分の持つブキの「強み」と「弱み」をしっかり把握すべし!
・ボトルガイザーはミスが起こりやすいブキなので、早め早めに動くことが大事!

 

次回も引き続きふたりの対談をお届け! スペシャルの使い方や視野を広く持つためのポイントについて聞いていくぞ。

爆連載「イカすガチ対談マッチ!!」の過去記事はコチラ!

次回は12/21(火)更新!!

この記事をシェアする!

TwitterFacebookLine