• TOP
  • 爆連載 > デュエマ妄想構築録 vol.7-1 〜番外編:多人数戦のデュエマを攻略せよ!〜
  • TOP
  • 爆連載 > デュエマ妄想構築録 vol.7-1 〜番外編:多人数戦のデュエマを攻略せよ!〜
デュエル・マスターズ

デュエマ妄想構築録 vol.7-1 〜番外編:多人数戦のデュエマを攻略せよ!〜

▲左から「マスターズ・クロニクル・デッキ ボルメテウス・リターンズ」収録、「天使と悪魔の墳墓」/「超ブラック・ボックス・パック 」収録、「オリオティス・ジャッジ」

「『相手』と書いてある場合は一人しか数えない」というルールは裏を返せば、「『すべての』や『各プレイヤー』と書いてあれば通常通り全員に対して機能する」ということでもある。

多人数戦において《天使と悪魔の墳墓》は (処理がクソ面倒くさいが) 超強力なマナ拘束呪文となるし、《オリオティス・ジャッジ》は2人以上が同時にクリーチャーを踏み倒してきても対応できる便利なS・トリガーになるほか、《天使と悪魔の墳墓》でマナを縛ってから打つというシナジーもある。

また《天使と悪魔の墳墓》は多人数戦の攻略手段として他の人が使ってきそうな《キングダム・オウ禍武斗/轟破天九十九語》系のデッキへの対策にもなると考えられたので、デッキの構成は少し難しくなるが、これをゲーム中に2回は打つことを前提としたデッキ構築を考えることにした。

▲「双極篇 第2弾 逆襲のギャラクシー卍・獄・殺!!」収録、「伝説のレジェンド ドギラゴン」

多人数戦において《ボントボルト》はとても軽く召喚できて最強に見える。が、攻撃不可の効果は「次のターン」なので軽いだけであまり強くはなさそうだ。

それに対し《伝説のレジェンド ドギラゴン》は相手の攻撃こそ許すものの、バトルに勝てば少なくとも次のターンまで自分が負けることはなくなる。ゲームの終盤においてこの1ターンは何よりも貴重なものになることだろう。

▲「新1弾 ジョーカーズ参上!!」収録、「王立アカデミー・ホウエイル」

嫌がらせをするということはお互いのリソースを削るということなので、リソース回復手段が必要となる。しかし他の人とカード採用が被ると《天使と悪魔の墳墓》で自分のマナが飛ぶリスクが上がることになるので、他の人がまず入れなさそうなカードで手札を補充することが求められた。

その点《王立アカデミー・ホウエイル》は、シンプルにアドバンテージがとれる割りにそこまでヘイトを買わなさそうという絶妙なパワーラインのカードということで採用を決定。

あとはありったけのS・トリガーとニンジャ・ストライクを《天使と悪魔の墳墓》に引っかからないように適当に散らしながらぶっこんでおく。

そう……全員のマナを《天使と悪魔の墳墓》でぶっ飛ばし、自分だけこっそり《王立アカデミー・ホウエイル》でカードを引きながらフィニッシャーにつなげるという陰キャそのもののようなデッキがついに爆誕したのだ。

というわけで、これが今回の多人数戦専用のデッキ……「嫌がらせスペシャル」だ!

『多人数戦専用デッキ:嫌がらせスペシャル』

枚数
カード名
4
《王立アカデミー・ホウエイル》
3
《闇鎧亜ジャック・アルカディアス》
3
《怒流牙 サイゾウミスト》
3
《伝説のレジェンド ドギラゴン》
3
オリオティス・ジャッジ
3 《天使と悪魔の墳墓》
3 《テック団の波壊Go!》
2 《龍素記号Xf クローチェ・フオーコ》
2 《ルクショップ・チェサイズ》
1 《光牙忍ハヤブサマル》
1 《青寂の精霊龍 カーネル》
1 《唸る鉄腕 ギリガザミ》
1 《撃髄医 スパイナー》
1 《ボルメテウス・ブラック・ドラゴン》
1 《ボルメテウス・蒼炎・ドラゴン》
1 《ボルメテウス・サファイア・ドラゴン》
1 《クリスタル・メモリー》
1 《超次元リバイヴ・ホール》
1 《ホーガン・ブラスター》
1 《スーパーしりとりガー》
1 《ドレミ団の光魂Go!》
1 《ゴースト・パイレーツ》
1 《爆殺!! 覇悪怒楽苦》
超次元ゾーン
1 ヴォルグ・サンダー/雷獣ヴォルグ・ティーガー》
1 《勝利のリュウセイ・カイザー/唯我独尊ガイアール・オレドラゴン》
1 《時空の凶兵ブラック・ガンヴィート/凶刀の覚醒者ダークネス・ガンヴィート》

 

カード散らせるからって何でも適当に入れすぎでは?

とはいえ《天使と悪魔の墳墓》がメインコンセプトである都合上、他の7人が入れそうもないカードでデッキを作る必要があったので、これくらいのカオスは許容範囲内だろう。《スーパーしりとりガー》は最後に適当に入れたけど

結局特殊勝利抜きで安全確実なフィニッシャーは思いつかなかったので、「嫌がらせ」のコンセプトに従い、シールド焼却能力を持つ3種類のドラゴンに任せることにした。多色をマナに置きたかったので《ボルメテウス・ブラック・ドラゴン》と《ボルメテウス・蒼炎・ドラゴン》は優先で、もう1枚は何でも良かったけどせっかくなので《ボルメテウス・サファイア・ドラゴン》にしてボルメテウスで揃えてみた。

さて、このデッキを使った多人数戦はどのようなものだったのかというと……

【デュエコロ正月SP】伝説の幕開け!8人で同時にデュエマしてみた!!2019年一発目は、デュエコロ出演者一斉にデュエマ!!【3本立てその①】

【デュエコロ正月SP】伝説の幕開け!8人で同時にデュエマしてみた!!2019年一発目は、デュエコロ出演者一斉にデュエマ!!【3本立てその②】

【デュエコロ正月SP】伝説の幕開け!8人で同時にデュエマしてみた!!2019年一発目は、デュエコロ出演者一斉にデュエマ!!【3本立てその③】

おのれダイキ。

手札破壊さえ食らわなければかなり粘り強く戦える想定だったが、デッキーのルーレットでダイキの《ニコル・ボーラス》の対象にされてしまい、その後はのらりくらりと粘るもあえなくリソース切れで敗退。

デュエマの多人数戦を初めてやってみた感想としては、とにかくヘイトを買うと一瞬で死ぬなと思った。

複数人に狙われるとわずか5枚のシールドは紙切れのように吹き飛ぶし、プレイヤーAに殴られた時に発動したS・トリガーをプレイヤーBに飛ばさないと盤面で打点が足りてしまうパターンが多くあるなど、S・トリガーがしっぺ返しとしてうまく機能しないので、残り人数が少なくなるまでヘイトを買わないように息を潜めて力を溜め、後半一気に相手を倒せるようにするのが重要かもというのが今回の教訓。

そんなところで、皆さんももし多人数戦を遊ぶ機会があったら参考にしてみて欲しい。

それではまた次回!

ライター:まつがん
フリーライター。クソデッキビルダー。
論理的な発想でカード同士にシナジーを見出すのだが、途中で飛躍して明後日の方向に行くことを得意とする。
オリジナルデッキでメタゲームに風穴を開けるべく日夜チャレンジを続けている(が、上記のような理由で大体失敗する)。

 

デュエマ妄想構築録vol.6 
デュエマ妄想構築録 vol.6-1 〜強力な呪文を踏み倒そう!〜
デュエマ妄想構築録vol.7 
デュエマ妄想構築録 vol.7-2 ~ホメホメ老句で、目指せデュエル・マスターズ2!~
デュエマ妄想構築録 vol.7-3 〜「蓄積祭り」を開催する!〜
デュエマ妄想構築録 vol.7-4 〜『蓄積祭り』だ!ソイヤッ!ソイヤッ!〜
デュエマ妄想構築録 vol.7-5 〜にゃんこ砲を発射せよ!〜

 

次回は1/25(金)更新!!
12

デュエル・マスターズの記事 デュエル・マスターズの記事


もっと見る

オススメの記事(PR)オススメの記事(PR)