TOP 特集&連載 【あつ森】『あつまれ どうぶつの森』プレイ日記 角満島開拓日誌 第651回 年末年始特別企画! 2021年(超個人的)『あつ森』事件簿!(前編)
特集&連載

【あつ森】『あつまれ どうぶつの森』プレイ日記 角満島開拓日誌 第651回 年末年始特別企画! 2021年(超個人的)『あつ森』事件簿!(前編)

TwitterFacebookLine

2021年を振り返る!

 気が付けば、2021年も大晦日……!

 これを書いているのは2021年12月29日なのでまだ実感はわかないんだけど……2021年は我が50年の人生で、もっとも早く過ぎ去った1年になったな!!

 この角満島開拓日誌で、2020年大晦日のカウントダウン記事を書いたのなんて2、3日前くらいの感覚なんだけど……丸1年も昔のこととか(((( ;゚Д゚))) “光陰矢の如し”とはよく言うけど、初めてその意味を理解したかもしれんよ……(((( ;゚Д゚)))

 時が経つのをこれほど早く感じてしまった理由は、イチもニもなく新型コロナウイルスの影響でテレワークが続き、世間の潮流から切り離された生活をしているため、時間の感覚そのものが狂ってしまっているからなんだろうなぁ。コロナ禍以前と比べると確実に日々の活動にメリハリがなくなって、仕事こそ忙しいけど漫然と時間が過ぎていっているというか……。数年前から俺は、時の濁流に飲み込まれてしまっているのかもしれんな。

 そんな、代り映えのしない日々に辛うじて活力……というか、日々のメリハリを与え続けてくれた存在がほかでもない『あつまれ どうぶつの森』だ。

 俺が退屈しないよう季節の便りを律儀に届け、ちょっとした刺激と、少なくない笑いと感動をもたらしてくれる手のひらに収まる相棒……。

 プレイ開始からもうすぐ2年になる『あつ森』は、いまや俺にとってこれほど大きな影響を及ぼすアイテムになったのである。

 そんな『あつ森』のプレイ日記を、2021年も1日も欠かすことなく、せっせと書き続けることができました!!

 その数……じつに362本!!!(※2021年1月1日~12月30日までね)

 『あつ森』プレイヤーのあいだで、

 「『あつ森』プレイ日記と言えば大塚角満!」

 ってことが定着してくれたのか、PVはつねに高く、書き手のモチベーションも最高値でキープされたまま!!w おかげで、362本の記事すべてにおいていっさいの手抜きなく、本人も納得の連載を続けられているのであります。

 そこで!!

 今回と、2022年1月1日のあけおめ更新を挟んだ653回目を使って、

 “2021年(超個人的)『あつ森』事件簿!”

 と題した企画記事を展開したいと思います!

 ま、大袈裟に書いているけど要するに“2021年の振り返り記事”で、書き手の俺がとくに印象に残っている回を前半と後半の2回に分けて紹介する……という、よくあるパターンの企画です!!w

 というわけで今回は……2021年1月~2021年6月にかけて更新したプレイ日記の中から、“セルフセレクション12本”を紹介したいと思います!!

2021年1月~6月の事件簿

 さてここからはスピードアップしてお届けしますよ!

 まずは……2021年1月6日に掲載した↓こちらの記事!!

 いまや“ルナステラ島の永久島民”のひとりであるヒツジのちゃちゃまるを離島ツアーで発見し、我が島に招聘した一連の流れを綴った内容となっている。

 じつはちゃちゃまるを見つけたのは2020年12月末だったんだけど、あまりのうれしさに、

 「この逸材の加入をサラッとした記事にまとめてしまうのは、もったいなさすぎる!!

 ってことで、なんと離島ツアースタートから決着まで、日記にして6回(!)も使って書いているところにマムシのような執念を感じるwww

 「おいしいネタは、味がなくなるまでシャブり尽くせ!!」

 が、俺がプレイ日記を書く上での信条のひとつなんだけど、それを見事に実践した“ちゃちゃまる事件”であったw

 続いては↓こちら!

 なんのことはない、雪だるまの頭と胴体を逆に付けた不細工の極み“頭大(ずだい)雪だるま”を生産しちゃったよ……という失敗談を、これまた数回に分けてリポートしたものです^^;

 こういったクダラナイ記事、個人的に大好きなのでピックアップしてみたw

 つぎ!

 これは俺というより、編集担当のたっちー先生が、

 「君が書いたどうぶつへの手紙、あまりにもバカらしくて逆に笑っちまった……w

 と大いにお気に入りだったので大抜擢してみましたw

 おつぎは……ちゃちゃまる加入に匹敵する衝撃!!! 

 『あつ森』を始めた当初から、

 「リリアン、1ごう、そしてジュンは、1日も早くルナステラ島に招聘したい!!!」

 と強く願っていながらも、離島ツアーの引きが悪くて一向に出会うことのなかったジュンに……なんと、開店休業状態が続いていたキャンプサイトで出会ってしまった!! その一連の出来事を、これまた日記を6回も使ってシャブり尽くしました^^;

 その中から、ジュンが写ったスクショを初めて掲載した344回目をピックアップ!

 つぎは↓こちら!

 2021年3月のアップデートで、『スーパーマリオ』に出てくる名物アイテムがドドッと『あつ森』に追加されたんだけど、それを大人買いして、ルナステラ島の高台に“スーパーマリオワールド”を設置してみた……って内容ですw

 おつぎ!!

 ジュンが引っ越してきたことを契機に、他のどうぶつが住む家の庭をすべてリフォームし、美しい庭付き一戸建て住宅にしてあげた……という、いかにも『あつ森』っぽい内容なのでぜひ読んでみてください!!

 そして……2021年前半における最大のトピックは、やはり↓これだよね!!

 そう!!! 『あつ森』1周年と、プレイ日記1年間無休更新の世界新記録(ホントかよw)達成をお祝いする記事!!!w

 当初は、

 「『あつ森』日記、1周年を区切りにして、その後は気が向いたときに更新すればいいかなぁ~……」

 なんて考えていたんだけど、当時すでにPVがスゴいことになっていたし、老若男女問わないいろんな世代の方が読みに来てくれていることがわかっていたので(さすが『あつ森』)、

 「2周目も……ちょっとがんばってみるかな」

 ということで……無休のまま、現在に至る(苦笑)

 つぎ!!w

 これは……解説をするのも野暮なので、ぜひ記事をご確認くださいww くだらなさ全開となっております。

 さらに、↓こんな記事も。

 このころは新型コロナウイルスの蔓延がスゴいことになっていて、ゴールデンウィークも外出自粛の流れになっていた。

 そこで、『あつ森』での端午の節句の出来事と、俺が以前撮っていた群馬の鯉のぼり祭りの風景を合わせてお見せする記事を作成したのである。

 こういう、臨機応変な時事ネタを投下できるのも、『あつ森』プレイ日記ならではだと思う。

 そして……2021年前半の“くだらない記事大賞”と個人的に思っているのが↓こちらの2本!!w

 しずえは朝の島内放送で、

 「失くしていた靴下の片方が見つかったんですよ~^^」

 という報告を頻繁に行うが……果たして、1年でどれだけの数の靴下を紛失していたのか、毎日欠かさずプレイしている俺だからこそのデータを用いて検証した記事となっております!!w

 衝撃の結末は……ぜひリンク先の記事でご確認を!!w

 つぎ!

 現在の俺のライフワークのひとつである“レックスの虫模型80種コンプリート”のきっかけとなったのが↑この記事であります!

 そして……“事件”と言う意味では、『あつ森』1周年よりも(個人的に)デカかったのが↓コレであります……!

 数年ぶりに群馬の実家に帰らなければいけない用事ができ、それにかまけているうちに……1年以上続いていた『あつ森』へのログインを忘れ、ついに連続記録が途切れてしまったことを正直に報告した記事となっております!!!>< いまだ、このときの傷が癒えない!!!>< たぶん、俺が天に召されるときも、

 「あのとき……『あつ森』のログイン記録を途切れさせてしまったことが、い、いまでも……悔やまれる……ガクッ」

 こういってこと切れる気がする……w それほど、俺にとってはトラウマもののミスだったのであります……w

 ということで、ひとまず2021年の更新はコレが最後ですな!!

 皆様、相も変らぬ御贔屓、ご愛顧、本当にありがとうございました。

 2022年は『あつ森』が3周目に入る年ではありますけど……可能な限り連続更新は続けていくつもりですので、変わらぬご愛読をよろしくお願いいたします!!

 2021年、たいへんお世話になりました。

 来年も、どうぞよろしくお願いいたします!

 よいお年を!!!

1年前の今日は?

 せっかく丸1年、1日たりとも欠かさずにプレイしているので新企画“1年前の今日は?”と題して、“昨年の今日のスクショ”を1枚掲載していこうと思います!

 ちょうど1年前、2020年12月31日の様子は↓こちらです。

 大晦日のカウントダウンがスタート!!

大塚(おおつか) 角満(かどまん)
1971年9月17日生まれ。元週刊ファミ通副編集長、ファミ通コンテンツ企画編集部編集長。在職中からゲームエッセイを精力的に執筆する“サラリーマン作家”として活動し、2017年に独立。現在、ファミ通Appにて“大塚角満の熱血パズドラ部!”、ゲームエッセイブログ“角満GAMES”など複数の連載をこなしつつ、ゲームのシナリオや世界観設定も担当している。著書に『逆鱗日和』シリーズ、『熱血パズドラ部』シリーズ、『折れてたまるか!』シリーズなど多数。株式会社アクアミュール代表。

『あつまれ どうぶつの森』公式サイト:
https://www.nintendo.co.jp/switch/acbaa/index.html

※ゲーム画面はNintendo Swicthソフト『あつまれ どうぶつの森』のものです。
© 2020 Nintendo

 

この記事をシェアする!

TwitterFacebookLine