TOP 特集&連載 【あつ森】『あつまれ どうぶつの森』プレイ日記 角満島開拓日誌 第660回 熱いコーヒーに、集う人々(2) ラケットさん、大発見!
特集&連載

【あつ森】『あつまれ どうぶつの森』プレイ日記 角満島開拓日誌 第660回 熱いコーヒーに、集う人々(2) ラケットさん、大発見!

TwitterFacebookLine

まさかの遭遇!!

 今回は出オチみたいな話なので、テキストは少な目でガンガンいきたいと思います。

 この間、俺の大好きな施設である“喫茶ハトの巣”についていろいろと書いてきた。

 マスターとの馴れ初め、常連になるともらえるアイテム、そしてハトの巣にやってくる気の置けない仲間たち……。

 昭和レトロなホッとする空間でくり広げられる、連続テレビ小説のワンシーンのような風景……。

 「今日は……誰か来てるかなー^^」

 俺が喫茶ハトの巣に向かうときに口ずさむ言葉は、小学生時代の放課後、仲のいい連中が集まっているステキな予感に背中を押されながら校庭を目指して走った、40年前のそれと変わらないものなのかもしれないなー。

 そんな喫茶店内の風景を、いくつかお見せしよう。

 オトナなアポロは、常連さんのひとりだ。

 女子キャラでもっとも見掛けるのは、圧倒的にこのリリアン。逆に、ヒノコ、ももことは、ヘタすると1回も喫茶ハトの巣では出会っていないかもしれない。

 コーヒー好きのジュンも、頻繁にここで会うどうぶつのひとり。自宅にエスプレッソメーカーを置いているだけあって、なかなかのコーヒー通っぷりw

 あ! 1ごうも、喫茶ハトの巣ではレアキャラかもしれん。せっかくの機会なので……!

 パシャ!!w

 記念に1枚、手持ちカメラで写真を撮ってあげましたw

 こうして見ると……バックヤードにズラリとはにわが並んでいるのがわかる!!!ww さすが、はにわ好きのマスター!!ww

 そんな喫茶ハトの巣にはルナステラ島の住民だけではなく、行商系のどうぶつたちが仕事終わりに立ち寄ることも多い。たとえば、

 カブ売りのウリに……。

 ライブ終了後のとたけけとか。

 こういうリアルなシーンが見られるのも、この喫茶店のいいところなのである。

 そんな、ある日のこと--。

 忘れもしない、12月29日なんだけど、いつものように、

 「今日は誰かいるのかなー♪」

 ゴキゲンで喫茶ハトの巣に入っていくと……!

 カウンターに……!!

 ↓こんな人(?)がいたではないですかッ!!!

 「あッ!!!!!!」

 本気のデカい声が出てしまい、驚いた飼いネコ2匹が脱兎のごとく逃げていったのがわかった。

 いやでも、それどころではない。

 この……泥棒ヒゲを生やした御仁は……!!!

 『どうぶつの森』の過去作を知る人には超絶おなじみの“リセットの番人”の……!!!

 ラケットさんやぁぁぁぁぁあああ!!!!www あの“リセットさん”のお兄ちゃんにあたる、怒らせるとコワいデータの見張り番!!!www

 近年の『どうぶつの森』はオートセーブになったので、強引なリセットなんてまずしなくなった。よって、ラケット&リセット兄弟を見ることは“まずない”と言っていいだろう。上の、ラケットさんのセリフにある通りね。

 そんな日陰で見守る作業に疲れたのだろう。

 彼は一時の癒しと“人の温もり”を感じるために、こうして喫茶ハトの巣に現れたのではなかろうか……。

 ぶっちゃけ、ラケットさんが最初に目に飛び込んできたときは、

 「え!!! な、なんだあいつ!!! 超絶ヤバそうなどうぶつに、喫茶ハトの巣を乗っ取られた!!!?(((( ;゚Д゚)))

 と心底ビビってしまったんだけど(失礼)、話してみればラケットさんは、じつに気のいい労働者であった。

 その貴重な会話シーンを、スクショでご堪能ください。
 

 そして俺は、ラケットさんの横でコーヒーを飲むという貴重な経験を噛みしめ、

 最後にもうひと言、彼と会話を交わして店を出たのである。

 思いがけない出会いがある喫茶ハトの巣は、やっぱりステキな場所だな……。そのうち、リセットさんにも会えるような気がするし……。

 これからも足繁く通って、ときたまこうして“ハトの巣リポート”をしようと思いました。

 続く。

1年前の今日は?

 せっかく丸1年、1日たりとも欠かさずにプレイしているので新企画“1年前の今日は?”と題して、“昨年の今日のスクショ”を1枚掲載していこうと思います!

 ちょうど1年前、2021年1月9日の様子は↓こちらです。

 真冬の釣り大会で、どうぶつたちがアツく燃えた日!

大塚(おおつか) 角満(かどまん)
1971年9月17日生まれ。元週刊ファミ通副編集長、ファミ通コンテンツ企画編集部編集長。在職中からゲームエッセイを精力的に執筆する“サラリーマン作家”として活動し、2017年に独立。現在、ファミ通Appにて“大塚角満の熱血パズドラ部!”、ゲームエッセイブログ“角満GAMES”など複数の連載をこなしつつ、ゲームのシナリオや世界観設定も担当している。著書に『逆鱗日和』シリーズ、『熱血パズドラ部』シリーズ、『折れてたまるか!』シリーズなど多数。株式会社アクアミュール代表。

『あつまれ どうぶつの森』公式サイト:
https://www.nintendo.co.jp/switch/acbaa/index.html

※ゲーム画面はNintendo Swicthソフト『あつまれ どうぶつの森』のものです。
© 2020 Nintendo

 

 

この記事をシェアする!

TwitterFacebookLine