TOP 特集&連載 【あつ森】『あつまれ どうぶつの森』プレイ日記 角満島開拓日誌 第664回 1ごうと、秘密基地1号を作った話(1)
特集&連載

【あつ森】『あつまれ どうぶつの森』プレイ日記 角満島開拓日誌 第664回 1ごうと、秘密基地1号を作った話(1)

TwitterFacebookLine

緊急事態

 本題を書く前に……ひとつ悲劇のご報告が(´;ω;`)

 俺はふだん、Nintendo SwitchにマイクロSDカードを挿して、撮影したスクショや動画はすべてそちらに保存することにしている。まあこれ、俺だけじゃなくて、ほとんどのプレイヤーがそうしていると思うんだけどね。

 で、こういう仕事をしているのでアッと言う間に数百枚のスクショが溜まってしまうので、「あ。そろそろデータを吸い出しておこう」と思い立ったときにPCのHDにコピーするようにしているのである。

 頻度としてはだいたい……1週間に1回くらいかな?

 もっと頻繁にバックアップしたほうがいいよな……と思いながらも、これまでSDカードに関してはデータが消えるとか読み込めなくなるとかいう事故がなかったので、危機感ゼロでこの運用を何年も続けていたのであるよ。

 そそそ、そしたらだな……(((( ;゚Д゚)))

 このダレ切った運用に鉄槌を下すがごとく、1月9日の朝に『あつ森』を起動しようとしたら……!!!

 「SDカードの読み込みに失敗しました。起動することができません」

 とかいうナゾのエラーが出てしまったではないか!!!((゚Д゚;))

 とはいえ、読み込みエラーはこれまでにも何度かあったので、

 「んだよ。またかよww 正月早々、ビビらせやがるなぁwww」

 なんて強がりつつ、SDカードを抜き差しして再起動を試みたんだけど……。

 「そんなんじゃ、許してやらんけん」

 と言わんばかりに同じエラーが出る……((゚Д゚;))

 さすがに、「え……?? えええ??」と全身の毛穴から汗が噴き出し、

 「だ、ダイジョブだよね……w PCだったら、認識してくれるよな……www」

 困り笑いここに極まれりの顔を作る50歳を想像しながら読んでほしいんだけど、件のマイクロSDカードをPCに挿してみても……。

 「読み込まないって言ったら、意地でも読み込まんけん」

 って感じで、うんともすんとも言わない……((゚Д゚;))

 以降は、端子部分の汚れを取ってみたり(汚れてなかったけど)、

 「ゴッドブレスッ!!!!><」

 と、ファミコンカセットのソレにしてきた神の息吹を吹きかけてみたけど、ナゼかSDカードは頑なに、

 「そんな昭和な技、まったく効かんけんね」

 そう言って沈黙を続けるのであった……。

 けっきょく、バックアップしていなかった数日間(厳密には、『あつ森』に関しては4日間)のスクショは封印されたままで、その間の出来事はリポートできない(もしくはテキストのみ)ってことに……((゚Д゚;)) これ、『モンハンライズ』とかほかのゲームも同じなので、ちょっといま途方に暮れているのであります……。

 なんでこんなことをお知らせしたのかと言えば、1月6日~9日にかけて行った作業については、丸ごとすっ飛ばさざるを得ない状況になっているから!!w あああああ!! なんてもったいねぇぇぇえええ!!!><

これは……ときめくテーマだな!

 ちょっとだけスッキリしたので、本題に入る。

 以前、タクミライフのあるリゾート島には自分の島の住人を招待することができる……と書いた。

 事務所で売っている“おみやげチョコレート”をどうぶつに渡すと、

 「自分もリゾートに行きたい!!」

 とフラグが立って招待できるようになる……という仕組みで、俺はこれまでにリリアンにジャスミン、ちゃちゃまると言ったお気に入りをリゾート島に招いてきたのである。

 その流れで、今回は……!

 空き地のような自宅でキントレしていた1ごうにチョコを渡し……!

 リゾート島にご招待!! さあさあ、行こう行こう!!

 さっそく現地に直行すると……!

 おお……!

 この、桟橋から空を眺めるアングル、めちゃくちゃ旅行感があって好きなんだよねー! 1ごうも喜んでくれているし、連れてきてよかったよかった^^

 ちなみに、なんでいきなり1ごうを連れてきたのかと言うと、じつは理由はひとつしかない。

 俺は、別荘を作る時は基本的に、浜辺でウロウロしている見知らぬどうぶつたちに声を掛けて、その願いを叶えてあげる……ってことをおもな方針にしているんだけど、今回はちょっと……俺のお眼鏡にかなうような別荘テーマを掲げているどうぶつが見当たらなかった。そこで、

 「だったらいよいよ……我がルナステラ島の住民の別荘を建ててあげようではないか!!

 ってことで、まだリゾート島に連れてきていなかった1ごうに白羽の矢を立てたのであります。

 そんな1ごうが、どんな別荘を欲しているのかと言うと……!

 デターーーー!!!ww 全国の少年諸君の誰もが夢見て、必ず一度は自宅の中や庭、田舎だったら川や山の秘密の場所に作った“基地”を、1ごうは求めているんだな!!!w これはいい!! むしろ、俺がその別荘に住みてえよ!!!ww

 そこで、1ごうにお声掛け。

 トントン拍子に話は進んで……!

 こちらの……!

 滝に囲まれたとっておきの土地に、1ごうの別荘を建てることになったのでした!!

 ちなみに、なんで滝のロケーションを選んだのかと言えば、俺の中にある“理想の秘密基地”は、滝を割ってロボットの頭部が飛び出し、

 「うおおおお!!! 合体ッ!!!!」

 なんて言って胴体部分とドッキングするのがマストだと思っているから。このへん、昭和40年代生まれのお父さんたちは、

 「うむ!!! まったくもってその通りッ!!!

 と、膝を打って賛同してくれるんじゃないかと思いますw

 というわけで、現地に到着。

 ここから、“新たな手法”を用いた秘密基地作りが始まるのでありました!!

 続く!

1年前の今日は?

 せっかく丸1年、1日たりとも欠かさずにプレイしているので新企画“1年前の今日は?”と題して、“昨年の今日のスクショ”を1枚掲載していこうと思います!

 ちょうど1年前、2021年1月13日の様子は↓こちらです。

 そんな1ごうに、シンプルなトレーナーをもらった日でしたw

大塚(おおつか) 角満(かどまん)
1971年9月17日生まれ。元週刊ファミ通副編集長、ファミ通コンテンツ企画編集部編集長。在職中からゲームエッセイを精力的に執筆する“サラリーマン作家”として活動し、2017年に独立。現在、ファミ通Appにて“大塚角満の熱血パズドラ部!”、ゲームエッセイブログ“角満GAMES”など複数の連載をこなしつつ、ゲームのシナリオや世界観設定も担当している。著書に『逆鱗日和』シリーズ、『熱血パズドラ部』シリーズ、『折れてたまるか!』シリーズなど多数。株式会社アクアミュール代表。

『あつまれ どうぶつの森』公式サイト:
https://www.nintendo.co.jp/switch/acbaa/index.html

※ゲーム画面はNintendo Swicthソフト『あつまれ どうぶつの森』のものです。
© 2020 Nintendo

 

この記事をシェアする!

TwitterFacebookLine