TOP ニュース 【へんてこレシピ大公開】ケシカスくんのキムチ餃子鍋でぽっかぽか!激辛餃子にご注意!【大根おろしアート】
ニュース

【へんてこレシピ大公開】ケシカスくんのキムチ餃子鍋でぽっかぽか!激辛餃子にご注意!【大根おろしアート】

TwitterFacebookLine

さむーい冬にはあったかい鍋を食べて暖まろう!
ということで今回はまんが「ケシカスくん」のキムチ餃子鍋を用意したぞ!

さっそく作ってみよう!

【材料】
餃子
・餃子の皮:12枚
・豚ひき肉:100g
・キャベツ:50g
・長ねぎ:1/2本
・しょうが:1かけら
・にんにく:1かけら
・塩:小さじ1/2
・ごま油:小さじ1
・片栗粉:小さじ1/2
・コチュジャン(ハズレ餃子用):お好みの辛さで


・白菜:1/4個
・豚バラ肉:200g
・長ねぎ:1本
・しめじ:1株
・人参:1本
・大根:1本
・キムチ:100g
・納豆:1パック
・はんぺん:1枚
・海苔:1枚

キムチスープ
・にんにく:1かけら
・しょうが:1かけら
・水800~900ml(お好みで)
・和風だしの素:小さじ1
・味噌:大さじ4
・オイスターソース:大さじ1
・ごま油:大さじ1
・コチュジャン:大さじ4(お好みの辛さで)

【作り方】
餃子
(下準備)
長ねぎをみじん切り、にんにくしょうがはすりおろす。
②ボウルに豚ひき肉を入れ粘りが出るまでまぜる。
③②のボウルにすりおろしたしょうがにんにく長ねぎごま油片栗粉をさらに加えよく混ぜる。
餃子の皮に③を包む。1つだけコチュジャンを混ぜ入れる。


(下準備)
長ねぎは5~7センチ程度の斜め切りにする。
しめじは小房に分ける。
人参は皮をむき、半分はすりおろしてざるにあけ水を切り、もう半分は輪切りにしたあと雷型に切る。
大根は皮をむきすりおろしてざるにあけ水をきる。
納豆キムチは混ぜておく。
海苔でケシカスくんの目と口を切り抜き、5ミリ程度に薄くスライスしたはんぺんに貼る。その後貼った海苔ギリギリの位置ではんぺんをくりぬく。

(盛り付け)
白菜の葉と葉の間に豚バラ肉をミルフィーユ状に挟み、5~7センチ程度の幅で切って土鍋にしきつめる。
②水切りした大根おろしでケシカスくんの頭と手足を作る。作っておいた目と口を貼り、白菜豚バラ肉の上に乗せる。
③水切りした人参おろしでリボンを作り、バランスよく乗せる。
キムチ納豆長ねぎしめじ、作っておいた餃子を乗せる。
⑤小鍋にキムチスープの材料をすべて入れ加熱する。調味料が全て溶けたら土鍋へ入れて完成!

▲ニヤリと笑うケシカスくん・・・また何か企んでいるようだ!
▲実は餃子は1つだけコチュジャン入りの激辛餃子!ケシカスくんのイタズラだ!

栄養士からのコメント!

今回のレシピを考案してくれた管理栄養士高橋志保さんにコメントをもらったぞ!

大根おろしに医者いらず」といわれているほど、大根おろしは体にいい食べ物です。大根はすりおろすとピリッと辛い味に変わりますがこの辛み成分には殺菌作用消炎作用血行促進作用があります。寒い日が続き風邪をひいている人も多いのではないでしょうか?ウイルスや食虫毒を殺菌し、のどの炎症などを抑える効果のある大根おろしはこの時期にぴったりの食べ物です。トッピングの納豆には成長期の子供に必須なカルシウムや女性に嬉しい骨粗鬆症予防に効果的なイソフラボン、血圧が高めだな…と悩むお父さんやお年寄りにも嬉しい血液をサラサラにするナットウキナーゼなど家族みんなに必要な栄養がたくさんつまっています。ぜひ家族みんなでこの鍋を楽しんでくださいね!

そして、実はこの鍋、「ケシカスくん おうちでクッキング編」を参考に作られているらしい!?


キッチンで色んなイタズラをかますケシカスくんを要チェックだ!

商品概要
『ケシカスくん おうちでクッキング編』
■発売日:2017年3月28日(火)
■価格:429円+税
■購入リンク:https://www.shogakukan.co.jp/books/09142379

この記事をシェアする!

TwitterFacebookLine