• TOP
  • 爆連載 > 【スプラトゥーン】トッププレイヤー イカすガチ対談マッチ!! あとばる×ぴょんが語る立ち回り論~3~
  • TOP
  • 爆連載 > 【スプラトゥーン】トッププレイヤー イカすガチ対談マッチ!! あとばる×ぴょんが語る立ち回り論~3~
スプラトゥーン

【スプラトゥーン】トッププレイヤー イカすガチ対談マッチ!! あとばる×ぴょんが語る立ち回り論~3~

Calamariのガチマッチでの勝つための戦略とは?

――おふたりのチームである「Libalent Calamari」(リバレント カラマリ)でのガチマッチの戦略を教えてください。まずガチエリアを戦うときはチームとしてどのような戦略をとっているんですか?
あとばる:エリアに関しては、僕らのチームはチャージャー入りの編成なので、エリアを支配したあとの展開はけっこう強いんですよ。チャージャーの射程を活かして、エリアを奪い返そうとした敵を早めに潰していきやすい。
 ただ、逆に敵にエリアを支配されたあとの奪い返し、いわゆる打開が弱いんです。ですから、一番の意識としては落ち着いて開幕後の初動を取り切る。初動を取れてしまうと一気にカウントがガーンと進むので。それが取りきれなかった場合は、ちゃんとスペシャルを合わせて打開していく。エリアに関してはちゃんとみんなで声を掛け合って、意識を合わせて打開しよう、というのがチームとしての共通項になってますね。
 

 
――初動から先手を取ってエリアを支配し、そのまま押し切るのが理想と……。
あとばる:とはいえ、初動に関してもどっちかというと僕らはそんなに強い方ではないので、できるだけ初動で無理しないようにする。ただ、こちらにはチャージャーのぴょんくんがいるので、ぴょんくんが1人でも倒せたらもうイケイケで攻めることができちゃう。なので、初動はどちらかというと、やられないようにしつつ人数有利ができるのを待っている感じですね。
 
――なるほど。とにかくやられずにエリアを塗って相手に支配されないようにする。そこで、ぴょんさんが相手を一枚落としてくれれば人数有利ができるので、一気にいけちゃうという。
あとばる:いけちゃう。
 
――そうなると、ぴょんさんがキーマンということ?
あとばる:そうですね。やっぱり、編成上でチャージャーがいるかいないかってデカいんですよ。よくも悪くも。そこを生かさないと、チームとしてはそんなに強くないので。
 
1――実際、チャージャーって出来次第で試合がガラッと変わるくらいの影響力のあるブキかなと思っているんですけど、そのあたりのプレッシャーはあります?
ぴょん:そうですね。でも、あんまり気にせずにプレーしてます。
 
――続いてガチヤグラはどうでしょうか。ぴょんさんは立ち位置としては後ろで見ながら立ち回る感じですか?
ぴょん:そうですね。
 

 
――ヤグラに乗る人は、この人が乗るとか決めたりしているんですか? 基本はぴょんさんが乗ろうとか?
ぴょん:なるべく自分が乗るようにしてましたね。ただ、最近はエリア以外のルールをチームであまりやってないんですよ。
 
――対抗戦だと、いまはエリアが主流みたいですね。それは、なにか理由が? 単純に一番面白いからってことなんですか?
あとばる:単純にそういうことだと思います。ただ、海外だとヤグラが主流みたいなので、エリアというルールが日本人気質にあっていたのかも。いわゆる、非公式の大会のルールが基本的にエリアって感じなので、それに合わせてみんなも練習するのがエリアだけになっちゃったという。
 
――ヤグラでのみなさんのポジショニングはどうなっているのでしょうか?
あとばる:くろすくん(おもにスロッシャーを使用)が前に出て、西澤さん(おもにシューターを使用)が二番手。僕はその後ろで、どちらかというとヤグラ周りのサポートみたいな感じで動いてますね。兎にも角にも関門突破をするためにラインを上げつつ、敵を排除しつつという感じで。で、基本的にヤグラは攻守ともハイパープレッサーがキモになるんですね。
 うちで言うと、スプラチャージャーのぴょんくんがハイパープレッサーを持っているので、たとえば、ぴょんくんがヤグラに乗っているときにハイパープレッサーが溜まったら、「じゃ、オレが交代してヤグラに乗るわ」って感じで、ぴょんくんを後ろに下がらせてハイパープレッサーを撃たせたりとか。なので、ヤグラについては攻められるときにしっかりヤグラに乗るというのと、声出しをして自分がやりたいことを伝えていく、というのがチーム戦をやる上で大事かなとは思います。
 
――エリア以外はあまりプレーしないという話だったのですが、一応ホコに関してはどうですか?
あとばる:開幕の一番最初に絶対にホコを割る、というのは意識しています。ホコを割ると爆発で塗りができるじゃないですか。そこを利用して、くろすくんとかが前に出やすくなる。
 あと、編成にチャージャーが入っているので、塗りが弱くなってしまうとキツイというのがあって、初動は絶対にホコを割ろうというふうにしていましたね。チームとして明確に決めていたのはそれくらいです。もちろん、ステージによってはこっち側から運びたいとかはあるんですけど、それも状況次第なので、声かけをしていく感じですね。ただ、ここ何ヶ月かはエリアしかやっていないので、いまやるとだいぶ動き方も違うかもしれないですけど。
 

 
――いろいろ修正も入りましたしね。
あとばる:そうですね。なので昔はそうやっていましたね。とりあえず。
 
――ぴょんさんはホコのときに、なにか意識している点はあったりしますか?
ぴょん:自分がハイパープレッサーというスペシャルを持っているので、それを使って確実に相手のホコを止めるというのはやってましたね。自分がやられて、ここぞという場面でハイパープレッサーを使えないのが一番ダメなので、そこは意識してました。時々、やられてしまって「やっちまったー!」みたいなこともあったんですけど(笑)。
 

【今回のまとめ】
・チャージャーはスクリュースロッシャーが苦手!
・ガチエリアは初動で優位に立てば一気にカウントが進む
・ヤグラはハイパープレッサーがキモ!

 
次回も引き続き、あとばる×ぴょん対談をお届け! ナワバリバトルでの戦略やチームを支えるアドバイザーの話題など、次回も濃い内容となっているぞ。お楽しみに!<次回に続く>

爆連載「イカすガチ対談マッチ!!」の過去記事はコチラ!

次回は2/5(火)更新!!
12

スプラトゥーンの記事 スプラトゥーンの記事


もっと見る

オススメの記事(PR)オススメの記事(PR)