• TOP
  • スクープ > 「うんこを出すなら、その必然性がないとダメです」 『ウソツキ!ゴクオーくん』吉もと誠×『コロッケ!』樫本学ヴ SP対談~4~
  • TOP
  • スクープ > 「うんこを出すなら、その必然性がないとダメです」 『ウソツキ!ゴクオーくん』吉もと誠×『コロッケ!』樫本学ヴ SP対談~4~

「うんこを出すなら、その必然性がないとダメです」 『ウソツキ!ゴクオーくん』吉もと誠×『コロッケ!』樫本学ヴ SP対談~4~

「うんこを出すなら、その必然性がないとダメです」 『ウソツキ!ゴクオーくん』吉もと誠×『コロッケ!』樫本学ヴ SP対談~4~


現在、小学館が主催する新人漫画家の登竜門、第84回「新人コミック大賞」が開催中。3月15日(金)まで作品を募集しているぞ!
 
コロコロオンラインでは、新人まんが家応援企画として、『ウソツキ!ゴクオーくん』の吉もと誠先生(第58回児童部門佳作入賞)と、『コロッケ!』の樫本学ヴ先生(第12回[※]児童部門佳作入賞)のスペシャル対談を全4回で実施!!
(※:当時の賞名は「藤子不二雄賞」)
 
新コミ受賞者の先輩と後輩に当たるおふたりの新人時代の思い出話や、コロコロでまんがを描くうえで大切なことなど、貴重な内容満載でお届けする!!
 
最終回となる第4回では、新人コミック大賞で失敗しないための重要ポイントが語られる!

関連記事

 

まんが家を目指す人は必ず読むべし! 『ウソツキ!ゴクオーくん』吉もと誠×『コロッケ!』樫本学ヴ SP対談~1~
「僕は児童まんが家であることを誇りに思っています」  『ウソツキ!ゴクオーくん』吉もと誠×『コロッケ!』樫本学ヴ SP対談~2~
かつて描いたオマージュ作品『プロレスマン』『ケツ肛門』!? 『ウソツキ!ゴクオーくん』吉もと誠×『コロッケ!』樫本学ヴ SP対談~3~

 
――樫本先生は新人コミック大賞・児童部門の審査員を務められていますが、なにか感じたことはありますか?
樫本:応募作を見てみると、上手いし良いんだけど……なにか違和感がありますね。そういう作品は、多分「コロコロだったらこんな感じでいけるんじゃね?」と、軽く思っている方がいると思います。
 
吉もと:な、な、なめやがって~!!!
 
樫本:無理に”コロコロ風”に合わせようとすると、それが作品に必ず出てしまいます。
 
吉もと:ああ、なるほど。分かります。
 
樫本:賞を取れるけど生き残れない人は、結構そういう方が多い。無理してるから。「コロコロだったらこんなハチャメチャな髪型の主人公にしておけばいい」とか甘く考えてる。
 
吉もと:僕も新人の頃はありました。
 
樫本:コロコロだからとにかく下ネタやればいいと考える人もいます。あざとく下ネタをぶちこむと、それが透けて見えるんです。
 
吉もと:難しいですね。
 
樫本:うんこを出すなら、その必然性がないとダメです。
 
吉もと:コロコロは独特。いい意味でクセがすごいから難しいかもしれないですね。
 
 
――月刊誌であることもポイントですよね。
吉もと:悩ましいところなんですよね。細かな伏線とか、過去のキャラクターが登場するとか。僕はよく「それは熱心なファンしか喜ばないからダメ」と担当編集に言われています。
 
樫本:難しいですよね。
 
吉もと:子どもはそんな細かいところまで見ていない、というのも分かりますが、でもファンを喜ばせたい気持ちがあるから……!
 
樫本:分かる。そのバランス感覚が重要ですね。
 

 
――審査員的にはどこを重要視しますか?
樫本:もちろん、まずは絵ですね。でも、そこまで上手い下手が重要というわけではなく、見せ方の問題です。
 
吉もと:ぱらぱらと何気なくめくって見ても「んっ?」と、思わず手を止めるくらいインパクトのある絵が描けているかですね。格好良い、可愛い、怖い、どんなものでもいい。
 
樫本:あと、応募された作品1本でちゃんとストーリーとして完結しているか。よく、連載の第1話目みたいな作品があります。
 
吉もと:あ~、結構います! キャラを出し過ぎて「誰だこの人たちは!?」という感じになっている作品も多いですね。
 
樫本:やっぱり1話完結型がいいね。
 
吉もと:新人のときは、どうしても「俺の考えている物語を見せたい! これからこんな面白いキャラクターが出てくるんだぜ!」という気持ちが出ちゃう。
 
樫本:ありますね。どんどん自分のなかで話が膨らんじゃう。そのこと自体は悪くないんだけどね。あとは、細かいことはここで言ってもあれなので、あとひとつだけ! 僕が一番審査のときにポイントとして見ているのは「作者が楽しんでその作品を描けているか?」です。まずは自分が楽しく面白いと思ってなければ読者に伝わりません。そしてその楽しさを読者にわかりやすく伝えようとしているか、どんな工夫や見せ方しているか、そんなところを見るようにしています。
 
 

次のページへ!!(1/2)

12

オススメの記事(PR)オススメの記事(PR)