• TOP
  • 爆連載 > 【スプラトゥーン】トッププレイヤー イカすガチ対談マッチ!! あとばる×ぴょんが語る立ち回り論~4~
  • TOP
  • 爆連載 > 【スプラトゥーン】トッププレイヤー イカすガチ対談マッチ!! あとばる×ぴょんが語る立ち回り論~4~
スプラトゥーン

【スプラトゥーン】トッププレイヤー イカすガチ対談マッチ!! あとばる×ぴょんが語る立ち回り論~4~

トッププレイヤー イカすガチ対談マッチ!!
【あとばる×ぴょん 第4回】

あとばる×ぴょん対談最終回。前回に続いて、ふたりの所属チーム「Libalent Calamari」(リバレント カラマリ)でのガチアサリ・ナワバリバトルでの戦略について語ってもらったほか、今春開幕するNBP(日本野球機構)主催の大会「NPB eスポーツシリーズ スプラトゥーン2」についても聞いてみたぞ!
 

あとばる
驚異的なエイム力を持つカリスマプレイヤー。「第2回スプラトゥーン甲子園」では、不利な状況から相手を次々と倒す神がかり的なプレーを連発し、優勝に大きく貢献。H3リールガンの名手としても知られ、彼の影響でH3リールガンを使い始めたプレイヤーも多いとか。おもな実績は「第2回スプラトゥーン甲子園」優勝、「第3回スプラトゥ-ン甲子園オンライン代表決定トーナメント」準優勝など。チームLibalent Calamari所属。
ぴょん
スプラトゥーン屈指のチャージャー使い。驚異的なエイム力を持ち、普通は“抜けない”というところも確実に狙い撃つ凄腕スナイパー。それでいて近距離戦にも強く、敵にとっては非常に厄介な存在。あとばるさんと同じ「Libalent Calamari」に所属するチームメイトでもある。

あとばる×ぴょんが語る立ち回り論
バックナンバー

あとばる×ぴょんが語る立ち回り論~1~
あとばる×ぴょんが語る立ち回り論~2~
あとばる×ぴょんが語る立ち回り論~3~

 

ナワバリバトルは最後の最後でやられないことが大事!

――ガチアサリでのチームとしての作戦を教えてください。
あとばる:チームとしてこういう作戦ってのはあまり明確に決めてないですね。一応、アサリを入れるときはくろすくんがバケットスロッシャーデコを持って、イカスフィアでゴール下に突っ込んでいくみたいなのはありますけど、基本的に全員がアサリへのルール理解度が高かったのか、けっこう「大丈夫、これはいける」とかいう感じで、あまり声掛けもせず、みんなパーっと動いて、ぽいぽいぽいみたいな印象でしたね。基本的には。
 
――戦略として、必ずイカスフィアを起点にガチアサリを入れようとかも特になく?
あとばる:そのあたりは、なんとなくみんな分かっている感じというか。一応、「イカスフィア使うわ」とかは、言うんですけど、それで全員が合わせていけるので、特にこうしようといった明確な作戦はあまり決めていなかった気はしますね。ぴょんくん、覚えてる?
 
ぴょん:うーん。
 
あとばる:ま、という感じなので(笑)。
 

 
――ぴょんさんは、アサリのチャージャーだと、どういう動きをするんですか?
ぴょん:特にアサリだから、立ち回りを変えるとかはないですね。敵を倒すに特化するというわけでもなく、アサリを集めつつ、敵も倒してみたいな。それで、チャンスで味方が前に行ったら自分も入れに行くというような感じですね。
 
――ナワバリバトルについてはどういう作戦になっているのでしょうか。
あとばる:ホコやヤグラといった、ひとつのオブジェクトを巡ってカウントを競うガチマッチと違って、ナワバリは最後にフィールドを多く支配していたほうが勝ちというルールなので、チームとしてこういう戦略で行こうというよりは、「とにかく最後の最後にミスしないようしよう」という感じなんですよね。
 一応、このステージは最初にここを塗っておこう、みたいなのはありますけど、全体を通してとなると、言ってしまえば最後の最後に調子に乗ってやられないようにって感じにはなっちゃいますね。
 
ぴょん:ong>そういう負け方はよくあるからね。
 
あとばる:そうそう。
 
――残り時間ラスト30秒とかで……。
あとばる:連続でふたり倒されて、一気に塗り返されて逆転負けみたいな。
ぴょん:どれだけ有利に進めていても本当に最後にバーンと落ちちゃうと、一気にひっくり返されてしまうので。
 
――チームとして、初動でどんどん前に出て押さえ込んで勝っていこうといった感じでもない?
あとばる:そうですね。でも、ブキの特性として、単純に前に出るのは西澤さんとくろすくんで、後ろを固くしているのは俺とぴょんくんって動きはしているんですけど。
 


▲最後の最後まで試合がどう転ぶのか分からないのがナワバリバトルの醍醐味。

 
――ぴょんさんはナワバリだと、どういう立ち回りをしているんですか?
ぴょん:基本的には後ろでしっかり牽制して、高い位置で前線をキープできるようにしていく形ですね。
 
――Calamariのナワバリでのブキ編成を教えてください。
あとばる:自分がH3リールガンD、ぴょんくんがスプラチャージャーコラボ、西澤さんがマニュバーベッチューで、くろすくんは……。
 
ぴょん:くろすくんは、バケットスロッシャーデコが多いのかな。
 
あとばる:そうだね。まぁ、くろすくんのところはステージによってコロコロ変えている形ですね。
 
――以前はナワバリだとシャープマーカーネオが強いという話もありましたが、もうそういう環境じゃないんですね。
あとばる:シャープマーカーネオでも強いんですけど、いまはこの形ですね。もしシャープマーカーネオを持つなら僕かな、という立ち位置。
 
――やっぱり編成にチャージャーがいるので、基本はチャージャーのキルで人数有利を作りつつ、前線を維持していくというような形でしょうか。
あとばる:そうですね。人数有利をつくって、敵陣の奥深くまで切り込めればナワバリは有利なので。そうなってきたら相手もやり返してくるところを固いぴょんくんが抑えていくという形です。
 


▲相手陣地側にどれだけ塗りを残せるかがナワバリバトルでは勝敗の大きなポイントになる。

 

次のページへ!!(1/2)

12