• TOP
  • 爆連載 > 【スプラトゥーン】トッププレイヤー イカすガチ対談マッチ!! あとばる×ダイナモンが語る「第4回スプラトゥーン甲子園」の舞台裏~2~
  • TOP
  • 爆連載 > 【スプラトゥーン】トッププレイヤー イカすガチ対談マッチ!! あとばる×ダイナモンが語る「第4回スプラトゥーン甲子園」の舞台裏~2~
スプラトゥーン

【スプラトゥーン】トッププレイヤー イカすガチ対談マッチ!! あとばる×ダイナモンが語る「第4回スプラトゥーン甲子園」の舞台裏~2~

トッププレイヤー イカすガチ対談マッチ!!
【あとばる×ダイナモン 第2回】

あとばる選手&ダイナモン選手による「第4回スプラトゥーン甲子園2019」全国大会のスペシャル対談第2回目!
 
今回はリバレントカラマリ、GGBOYZそれぞれの1回戦の試合について語ってもらったぞ。「第4回スプラトゥーン甲子園2019」の動画と合わせて、両チームの熱戦を振り返っていこう!
 
なお、白熱の試合が繰り広げられた「第4回スプラトゥーン甲子園2019」の試合は下記の動画で見ることができるぞ!!
 




 

あとばる
驚異的なエイム力を持つカリスマプレーヤー。「第2回スプラトゥーン甲子園」では、不利な状況から相手を次々と倒す神がかり的なプレーを連発し、優勝に大きく貢献。H3リールガンの名手としても知られ、彼の影響でH3リールガンを使い始めたプレーヤーも多いとか。おもな実績は「第2回スプラトゥーン甲子園」優勝、「第4回スプラトゥ-ン甲子園オンライン代表決定トーナメント」優勝など。チームLibalent Calamari(リバレントカラマリ)所属。
ダイナモン
スプラトゥーン界でも抜群の人気と知名度を持つカリスマプレーヤー。第1回、第3回、第4回と「スプラトゥーン甲子園」で3度優勝した経験を持ち、彼の所属するチームGGBOYZは「キング・オブ・スプラトゥーン」の異名をとる。また、2018年の世界大会「Splatoon 2 World Championship」でも優勝するなど、世界的にも知られた超一流の実力者だ。

 

チャージャー編成チーム同士の対決となった1回戦

――大会当日の試合前は、お互いになにか話したりはしました?
ダイナモン:1回戦のときはお互いに「頑張れよ」とか声をかけたりはしましたけど、そのくらいかな。
 
あとばる:そうですね。「思い切り戦おうぜ」って言っていましたね。
 
――エールを贈り合う感じ?
あとばる:はい。それで、お互い1回戦を突破して、いざ直接対決というときになったら敵同士なので「もう喋るもんか」と(笑)。
 
――そうなんですね(笑)。ここからは試合の話をうかがっていきたいんですが、先にリバレントカラマリ(以降カラマリ)が1回戦に挑みました。相手チームのヘラリストに対してはどういう印象でしたか?
あとばる:オンライン大会のときにずっと練習してきたチャージャー入りのチームだったので、基本的にはハイパープレッサーのタイミングをしっかり見ていこうということ。そして、チャージャー入り編成の強い動きとして、潜伏させて一気に敵陣に抜けるというのが多かったので、ちょっとした塗り跡にも潜伏を警戒していこうということは話してました。
 
――1戦目はショッツル鉱山でしたが、このステージはカラマリとしてはどうだったんでしょうか。
あとばる:チャージャー入りの相手に関してはショッツル鉱山はわりと得意にしていました。ただ、全国大会に向けてチャージャー入りじゃない編成のチームとやったときはそんなに勝率がよくなかったので、僕としては「大丈夫かな?どうかな?」という感じだったんですけど、いざ試合が始まるとメンバーがみんないい動きをしていたのでよかったです。
 


▲チャージャー入り編成チーム同士の戦いとなったヘラリストVSカラマリの試合。
YouTube動画「第4回スプラトゥーン甲子園」闘会議2019 DAY2 全国決勝大会2:59:00より引用

 
――このショッツル鉱山で、あとばるさんはシャープマーカーネオを持って出ました。これまでの対談だと、てっきりH3リールガンを持つのかなと思っていたんですが、ここでシャープマーカーネオを選択した理由は?
あとばる:クイックボムのサポートとボムピッチャーが魅力的というのもあって、最終的にこっちのほうがいいなということになりました。最終的にスメーシーワールドのL3リールガン以外は、全ステージでシャープマーカーネオを採用しました。
 
――この試合は接戦の末、52.5パーセントで勝利しました。初戦を取れたのは精神的にも大きかった?
あとばる:そうですね。やっぱり3本勝負の初戦を取れるのはだいぶ大きいので。
 
――2戦目はスメーシーワールドでしたけど、このステージに関しては得意なほうでしたか?
あとばる:うーん、スメーシーワールドは、未だにどういう戦い方がいいのかがよくわかっていなくて。基本的には中央を取り合いつつ、最後の最後にハイパープレッサーの刺し合いになる展開かなと思っていたので、ステージの右側から抜けてくる敵を警戒しつつ、自分もワンチャン抜けて行こうかなと思っていたんですけど。
 でも、味方のぴょんくんと、くろすくんあたりがけっこう敵を倒してくれていたので、あとは塗るだけという感じで落ち着いてプレーできましたね。
 


▲YouTube動画「第4回スプラトゥーン甲子園」闘会議2019 DAY2 全国決勝大会3:04:20より引用

 
――ここでは、あとばるさんはL3リールガンを選択してイカスフィア3枚の編成にしていましたが、これはその方が練習でも安定していたから?
あとばる:いや。もともとはL3リールガンとスプラマニューバーベッチューでイカスフィアが2枚、チャージャーが1枚で、あともうひとつはどうしようかという話になってて、くろすくんがスクリュースロッシャーネオを持ったりしてたんです。
 でも、本番3日前になって、くろすくんが「スクリュースロッシャーネオは弱いからバケットスロッシャーデコにする」って言い出して。それで、結果としてイカスフィア3枚になってしまったという。実は大会前に「イカスフィア3枚は弱くない?」みたいな話をしてたんですけど、なにぶん3日前だったのでここから僕もブキを変えるのは本末転倒だろうという話になって、「じゃあ、この編成でいこう」と。
 
――そうだったんですね。ただ、結果としてはここも勝って2連勝で初戦を突破しました。試合後はメンバーとどんな話しをしました?
あとばる:みんないつも通りの動きができていていいんじゃないか、ということは軽く話しました。ただ、次がGGBOYZの出番だったのので、対策じゃないですけど、どういう感じなのか見ておこうということで、全員ですぐにモニターに向かいましたね。
 
――ダイナモンさんはカラマリの初戦を見ていかがでしたか?
ダイナモン:そうですね。カラマリとはお互い一緒に練習することが多くて、ある程度編成とかも知っていたんですけど、1戦目のショッツル鉱山で打開とかもうまく合わせていましたし、今日は調子はよさそうだなと思いながら見てました。
 
――いつも通りのカラマリの動きができているという感じ?
ダイナモン:はい。あと、試合後のインタビューでMCの方にしっかり西澤さんがいじられていたので、そこも含めてノッてきそうだなと(笑)。
 
あとばる:あれは、美味しかった(笑)。
 
ダイナモン:雰囲気もすごくよくて、「今日のカラマリは強そうだな」という感じでしたね。
 

次のページへ!!(1/2)

12

スプラトゥーンの記事 スプラトゥーンの記事


もっと見る

オススメの記事(PR)オススメの記事(PR)