• TOP
  • 爆連載 > 【スプラトゥーン】トッププレイヤー イカすガチ対談マッチ!! あとばる×ダイナモンが語る「第4回スプラトゥーン甲子園」の舞台裏~2~
  • TOP
  • 爆連載 > 【スプラトゥーン】トッププレイヤー イカすガチ対談マッチ!! あとばる×ダイナモンが語る「第4回スプラトゥーン甲子園」の舞台裏~2~
スプラトゥーン

【スプラトゥーン】トッププレイヤー イカすガチ対談マッチ!! あとばる×ダイナモンが語る「第4回スプラトゥーン甲子園」の舞台裏~2~

王者・GGBOYZは初戦をどう戦ったのか?

――そうした流れの中で、続いてダイナモンさんのGGBOYZの登場となったわけですけど、相手チームの四神乱舞にはどういう印象がありましたか?
ダイナモン:オンライン大会を除くと、地区大会としては最後に出場を決めた代表だったんですね。で、いままでの甲子園の成績を見ても、終盤に出場を決めたチームの方が成績がよかったりするんですよ。大会時点でのアップデート内容だとか、メタの変化といった環境に近い状況で代表をとってきているので、間違いなく強いだろうというイメージは持っていました。
 あと、編成にホクサイを入れているのも特徴的で、潜伏が怖いからそこは気をつけていこう、ということは話してました。
 
――1戦目がスメーシーワールドでしたけど、GGBOYZとしてはこのステージはどうだったのでしょうか。
ダイナモン:練習のときから勝率はよかったステージだったと思います。
 


▲前回王者でもあるGGBOYZ。1本目のスメーシーワールドで勝利し、貫禄を示す。
YouTube動画「第4回スプラトゥーン甲子園」闘会議2019 DAY2 全国決勝大会3:18:24より引用

 
――では、とくに苦手意識とかはなく?
ダイナモン:当日まではチーム全員なかったと思うんですけど終わってから、えとな(GGBOYZのメンバー)が、「やっているうちに苦手意識が出てきちゃった」とは言ってましたね。
 
――それは思ったより苦戦したというか、難しかった?
ダイナモン:たぶん、当日に思ったより動けなかったのかなと。
 
――最終的に逆転しましたが、試合展開も残り30秒の段階ではやや危ない流れでした。
ダイナモン:そうですね。ただ、個人的には試合運び自体はけっこういい感じでできていると思っていたので、最後まで焦りはとくになかったですね。
 
――この1戦目は57パーセントで勝利して、続く2戦目がザトウマーケットでした。この2本目は負けてしまったわけですけど、ザトウマーケットというステージ自体はどうだったのでしょうか。
ダイナモン:ここも練習ではわりと勝率の高いステージでした。甲子園の出現候補となる8ステージだと、ハコフグ倉庫が一番嫌でしたね。ハコフグ倉庫はどうしても終盤の逆転が起こりやすいステージなので、怖いなという印象だったんですけど、それ以外のステージについてはそこまで嫌なイメージはなかったです。
 
――その中で2本目を落としてしまったわけですが、相手のホクサイがかなり効いていたのかなという印象でした。
ダイナモン:有利に試合を運べて、わりと勝ちを確信していたシーンから、自分も含めて一気に味方が落とされてしまって。ちょっと前に行き過ぎたな、というところは反省点でした。なので、3本目の前に「詰め過ぎないようにしよう」という話はしました。
 
――その3戦目はコンブトラックでした。このステージに関してもとくに問題なくというか、普通にやれば勝てるだろうという気持ちでしたか?
ダイナモン:気持ち的にはそうですね。ただ、2本目が嫌な負け方だったので、この流れでのコンブトラックはちょっと怖さはありました。地区大会でも知り合いがけっこうコンブトラックで負けたりしたのを見ていたので、本音を言うと3本目であまり引きたいステージではなかったですね。
 
――実際、試合も終盤にGGBOYZが2枚落ちして危ないシーンもありました。終わった瞬間は勝っているかヒヤヒヤしませんでしたけ?
ダイナモン:終わった瞬間は、自分たちが勝っているだろうという感じでそこまでヒヤっとはしなかったですね。ただ、見ていた人たちからは、「すごくヒヤヒヤした」とは言われましたけど(笑)。
 


▲3戦目のコンブトラックは最後まで勝敗の行方がわからない大熱戦となった。
YouTube動画「第4回スプラトゥーン甲子園」闘会議2019 DAY2 全国決勝大会3:29:15より引用

 
――予想通り、相手が強いチームだった?
ダイナモン:そうですね。序盤からしっかりスペシャルを使って有利を作ってきて、立ち回りがすごくナワバリらしいというか、1人が抜けて、正面でしっかり3人で盤面を維持するという感じだったので強敵でした。
 
――あとばるさんはこの試合を見てどういう感想を持ちました?
あとばる:どちらが勝ち上がってきても次に自分たちと当たる相手だったので、戦略的なところをずっと見ていたんですけど、四神乱舞に関しては「やっぱりホクサイが怖いな」という印象でした。
 1戦目については、最後にGGBOYZ側が連続で相手を3枚落として、一気に塗りを広げて勝ったんですけど、そのきっかけが相手のボム踏みだったんですよ。なので、「ああ、事故って負けたな」という感じで、あれがなければどうなっていたかわからなかった試合でしたね。
 3戦目も「この盤面ならGGBOYZが勝ったな」という展開だったんですけど、終盤にGGBOYZが2枚落ちする形になって、裏手で「うおー!」とか叫びながら見てました(笑)。
 
――観客席もかなり盛り上がってました。
あとばる:だと思います。面白い試合でしたからね。
 

【今回のまとめ】
・カラマリのイカスフィア3枚編成は大会3日前に決まったものだった!
・カラマリはチャージャー編成対決を制して、2回戦へ進出!
・GGBOYZは3本目までもつれる熱戦も王者の底力で見事勝利!

 
次回はいよいよGGBOYZ vs カラマリの試合をふたりに振り返ってもらうぞ。よきライバル同士でもある両者は試合の中でどんなことを考えていたのか?<次回に続く>

爆連載「イカすガチ対談マッチ!!」の過去記事はコチラ!

次回は2/26(火)更新!!
12

スプラトゥーンの記事 スプラトゥーンの記事


もっと見る

オススメの記事(PR)オススメの記事(PR)