• TOP
  • スクープ > 『ダンボール戦機』復活記念第2弾! コロコロ記事でダンボール戦機“プラモデル”の歴史を大紹介!!
  • TOP
  • スクープ > 『ダンボール戦機』復活記念第2弾! コロコロ記事でダンボール戦機“プラモデル”の歴史を大紹介!!

『ダンボール戦機』復活記念第2弾! コロコロ記事でダンボール戦機“プラモデル”の歴史を大紹介!!

『ダンボール戦機』復活記念第2弾! コロコロ記事でダンボール戦機“プラモデル”の歴史を大紹介!!


2019年3月16日(土)よりコロコロチャンネルでアニメ配信が開始される『ダンボール戦機』。
 
『ダンボール戦機』とは、レベルファイブが2011年6月16日に発売したPSP用プラモクラフトRPG、およびアニメ、まんが、プラモデルなどのメディアミックス展開を行ってきた人気コンテンツ。ホビー用小型ロボット「LBX(Little Battler eXperience)」と共に、強化型ダンボールのフィールドで戦う作品だ。
 
そんな本作のアニメ配信が決定し、さらに新作プラモシリーズも2019年4月から順次発売することとなり、大きな話題を集めている。
 
シリーズ復活記念第1弾「『ダンボール戦機』の系譜」に次ぐ第2弾は、2012年までのコロコロコミックで掲載された記事を中心にプラモデル『ダンボール戦機』を振り返っていくぞ!!

【超特報!!】アニメ『ダンボール戦機』 3月16日からコロコロチャンネルでスタート! プラモシリーズ新商品展開も!!
『ダンボール戦機』復活記念! コロコロ記事でダンボール戦機の系譜を大紹介!!

 

2011年2月から発売された
プラモデル『ダンボール戦機』シリーズ

大きさもフォルムも、すべて劇中に登場するLBXと寸分たがわぬスケール&形で作れられたプラモデルシリーズ。
 
肘や膝はもちろん、首や腰など全身可動するのもポイント。特殊なギミックや素材を使用した機体も多かった。
 
記念すべきシリーズ第1弾は、主人公・山野バンが使う唯一無二の主人公機「LBX アキレス」
 
2011年2月26日に発売され、スペックとしては「ナイトフレーム」を採用、基本装備として「アキレスシールド」「アキレスランス」、そしてペーパークラフトのマントも付属していた。
 
コロコロで初めて紹介されたのは『月刊コロコロコミック 2010年11月号』。『ダンボール戦機』3大プロジェクトのひとつとして、「LBX アキレス」が大きく紹介された。


▲最強のプラモメーカー・バンダイが開発を担当することを大きくプッシュしていた。


▲PSPソフト『ダンボール戦機』には、バンの最初の愛機「LBX AX-00」のプラモデルが同梱された限定版もあった。

 
続いて、プラモデルが大きく取り扱われたのはコロコロ2011年3月号。「LBX アキレス」「LBX デクー」「LBX クノイチ」のほかに、2011年3月19日発売の「LBX ハカイオー」が大きく紹介された。
 
翌月の2011年4月号では、『ダンボール戦機』の情報をまとめた別冊ふろく「LBXマガジン」が創刊。2011年4月16日発売の「LBX ハンター」の情報が掲載されていた。


▲コロコロ2011年3月号の誌面。地獄の破壊神として紹介された「LBX ハカイオー」。巨大な剣「破岩刃」を持ち、野獣のようなゴツさが特徴だ。


▲コロコロ2011年4月号の別冊ふろく「LBXマガジン Vol.1」の誌面。

 
以降、ほぼ毎号新作プラモデルが紹介され、コロコロ2011年6月号の別冊「LBXマガジン Vol.2」では、アキレスの最大のライバルともいえる「LBX ジ・エンペラー」が紹介された。
 
また、「アキレス Vモード(ゴールドコーティングVer.)」という当時実施していたキャンペーンのみ入手できた超限定のプラモデルも存在する。アキレスが力を開放した“Vモード”を再現した金色のアキレスだ!


▲「LBX ジ・エンペラー」と、もう1体のLBXプラモデルを購入すると応募できたキャンペーンだった。

 
その後も『ダンボール戦機』ブームは加速! コロコロ2011年7月号では、緊急企画として読者応募型の「LBXデザインコンテスト」を実施。大賞に輝いた作品は公式商品として発売されるという夢のようなコンテストになっていた。
 
見事、大賞となったのは三又の槍「トリプルヘッドスピアー」を装備した『ヴァンパイアキャット』。2012年5月に『LBX ヴァンパイアキャット』として商品化された。


▲「LBXデザインコンテスト」の結果はコロコロ2012年2月号で発表された。


▲同時期に実施していたLBXプラモコンテスト「オレ流プラモグランプリ2012」では、大迫力のジオラマ「外の世界から」が最優秀賞に! 約1600もの応募が集まるコンテストとなった。

 
2012年1月に新アイテムとして発売された『ライディングソーサ』は『ダンボール戦機』の遊びの幅をグッを広げた。LBXを乗せた『ライディングソーサ』をボタン操作で操り、ライバルとバトルできるスグレモノで、「ライディングソーサ バトルベース」を店頭に設置する玩具屋も多数存在した。


▲コロコロ2012年4月号で特集された「ランディングソーサ」。

 
次ページでは、新作プラモ情報をまとめた記事を一気に公開していくぞ!!
 

次のページへ!!(1/2)

12

オススメの記事(PR)オススメの記事(PR)