• TOP
  • 爆連載 > 【スプラトゥーン】トッププレイヤー イカすガチ対談マッチ!! あとばる×ダイナモンが語る「第4回スプラトゥーン甲子園」の舞台裏~4~
  • TOP
  • 爆連載 > 【スプラトゥーン】トッププレイヤー イカすガチ対談マッチ!! あとばる×ダイナモンが語る「第4回スプラトゥーン甲子園」の舞台裏~4~
スプラトゥーン

【スプラトゥーン】トッププレイヤー イカすガチ対談マッチ!! あとばる×ダイナモンが語る「第4回スプラトゥーン甲子園」の舞台裏~4~

トッププレイヤー イカすガチ対談マッチ!!
【あとばる×ダイナモン 第4回】

あとばる選手&ダイナモン選手による「第4回スプラトゥーン甲子園2019」全国大会のスペシャル対談最終回!
 
今回は準決勝と決勝の試合をプレイバック。甲子園2連覇を達成し、ナワバリバトル日本一の栄冠に輝いたGGBOYZの快進撃を改めて振り返っていこう!
 
なお、白熱の試合が繰り広げられた「第4回スプラトゥーン甲子園2019」の試合は下記の動画で見ることができるぞ!!
 




 

あとばる
驚異的なエイム力を持つカリスマプレーヤー。「第2回スプラトゥーン甲子園」では、不利な状況から相手を次々と倒す神がかり的なプレーを連発し、優勝に大きく貢献。H3リールガンの名手としても知られ、彼の影響でH3リールガンを使い始めたプレーヤーも多いとか。おもな実績は「第2回スプラトゥーン甲子園」優勝、「第4回スプラトゥ-ン甲子園オンライン代表決定トーナメント」優勝など。チームLibalent Calamari(リバレントカラマリ)所属。
ダイナモン
スプラトゥーン界でも抜群の人気と知名度を持つカリスマプレーヤー。第1回、第3回、第4回と「スプラトゥーン甲子園」で3度優勝した経験を持ち、彼の所属するチームGGBOYZは「キング・オブ・スプラトゥーン」の異名をとる。また、2018年の世界大会「Splatoon 2 World Championship」でも優勝するなど、世界的にも知られた超一流の実力者だ。

 

優勝候補えふわんけーきとの激闘となった準決勝

――GGBOYZの準決勝は、えふわんけーきが相手でした。えふわんけーきに関してはどういうチームという印象をお持ちですか?
ダイナモン:とにかく4人全員の実力がハンパないというか、キル力がものすごく高いチームという印象です。ひとりひとりの対面力が高い上に、ブキ編成上クイックボム持ちが2人いて、その2人ともがしっかりとキル意識を持っているので、それこそ盤面を渡すとかなり怖い相手というイメージです。
 
――チームとして、えふわんけーき対策のようものは立てたりしていたんですか?
ダイナモン:もう全力でぶつかるだけですね。「こうしよう」と言っても相手も同じ動きを毎回してくれるわけじゃないので、ぶつかり合って上回るしかないよねという感じでした。
 


▲えふわんけーきは以前この対談にも登場した、ミリンケーキさんがリーダーを務めるチーム。フェス1傑経験者が3人揃う強豪で、優勝候補のひとつと目されていた。
YouTube動画「第4回スプラトゥーン甲子園」闘会議2019 DAY2 全国決勝大会5:42:12より引用

 
――試合は1本目先取するも、2戦目に取り返されて、3戦目もつれる形でした。改めてこの準決勝を振り返っていかがでしたか?
ダイナモン:2本目を落としましたけど、1本目が取れたのはやはり大きかったなと。振り返ってみると、この日って1回戦と準決勝で1本ずつ取られているんですけど1本目は必ず自分たちが取っているので、そういう意味で1試合落としてもそんなに焦らずいられたのがよかったかなと思います。
 
――あとばるさんはこの準決勝を見ての感想は?
あとばる:もう、なんでしょうね。GGBOYZは2連覇がかかった大会で、えふわんけーきがそれを阻止するのも見たいけど、でも俺らに勝ったのはGGBOYZだしみたいな感じで(笑)。GGBOYZに勝ってほしいけど、勝って欲しくもないっていう、よくわからない気持ちで見ていましたけど、試合展開としてはやっぱりお互いにナワバリのことはしっかりわかっていますし、あとはいかに実力を出し切るかの殴り合いになっていて。
 このレベルまでいくと、もう戦略面でどうこうとかいうよりは、単純に「うわ、うめーな」とか言いながら見ていました。実際、どっちが勝ってもおかしくない試合だったな、と思います。
 


▲YouTube動画「第4回スプラトゥーン甲子園」闘会議2019 DAY2 全国決勝大会6:02:39より引用

 
――えふわんけーきも地区大会から割と他を寄せ付けない強さで勝ち上がってきたチームですもんね。
ダイナモン:ずっと70パーセントとかで勝っていましたからね。この日は味方が本当にみんな上手かったので、それが勝因ですね。
 

次のページへ!!(1/2)

12

スプラトゥーンの記事 スプラトゥーンの記事


もっと見る

オススメの記事(PR)オススメの記事(PR)