• TOP
  • 爆連載 > デュエマ妄想構築録 vol.9-3 〜新カード、《KONAGONA・ギャリング》登場!〜
  • TOP
  • 爆連載 > デュエマ妄想構築録 vol.9-3 〜新カード、《KONAGONA・ギャリング》登場!〜
デュエル・マスターズ

デュエマ妄想構築録 vol.9-3 〜新カード、《KONAGONA・ギャリング》登場!〜


By まつがん
 
〜前回までのあらすじ〜
 

 
我々はこの男を知っている。
 
その男の名は、Yoshiki the Deadman。
 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 
前回は妄想に駆られて謎のデュエマ小説を書いてしまったわけだが、今回はその様子を見るに見かねたデッドマンが新カードを持ってきてくれた。
 
しかもそのカードは、4月20日(土)に発売予定の「100%新世界(しんゾーン)!超GRパック100」に収録されているものだというのだ。
 
それでは紹介しよう。これが今回の新カード、《KONAGONA・ギャリング》だ!
 

▲「100%新世界!超GRパック100」収録、「KONAGONA・ギャリング」

一気に3体もGR召喚。
 
《TEKUTEKU・ボンバヘイ》では1体、《DOKIDOKI・ザイナマ》なら2体を破壊時にGR召喚することが可能だったところ、この《KONAGONA・ギャリング》は7マナという重さだけあって破格のボーナスが付いてくる。
 
破壊時のボーナスは《“必駆”蛮触礼亞》との相性も良く、3ターン目に投げ捨てても盤面に3体のGRクリーチャーが残るというのは相手にとってもかなりの脅威になるだろう。
 
また、普通に使っても単体でスピードアタッカー持ちということもあり、相手の反撃を恐れずに強襲できるのも頼もしい。
 
しかもビートジョッキーなので、《一番隊 チュチュリス》や《ダチッコ・チュリス》による軽減の恩恵を受けたり、《龍星装者 “B-我”ライザ》との組み合わせなど、夢が広がる1枚だ。
 
というわけで、来週は早速この《KONAGONA・ギャリング》を使ってデッキを作っていこう。
 
はたして、このカードの登場によって「8枚になったカード」はあるのだろうか?
 
次回に続く!
 

ライター:まつがん
フリーライター。クソデッキビルダー。
論理的な発想でカード同士にシナジーを見出すのだが、途中で飛躍して明後日の方向に行くことを得意とする。
オリジナルデッキでメタゲームに風穴を開けるべく日夜チャレンジを続けている(が、上記のような理由で大体失敗する)。

 

次回は4/12(金)更新!!