• TOP
  • スクープ > 『ゲームセンターあらしのインベーダーキャップ』が熱望の声によりコロコロアニキ春号の全員サービスで復活!
  • TOP
  • スクープ > 『ゲームセンターあらしのインベーダーキャップ』が熱望の声によりコロコロアニキ春号の全員サービスで復活!

『ゲームセンターあらしのインベーダーキャップ』が熱望の声によりコロコロアニキ春号の全員サービスで復活!

『ゲームセンターあらしのインベーダーキャップ』が熱望の声によりコロコロアニキ春号の全員サービスで復活!

2019年冬号のコロコロアニキ応募者全員サービスに登場し、アニキ世代の心をざわつかせた『あらしのインベーダーキャップ』が、発売中の春号で再び入手できるチャンス!

▲この表紙が目印だ! 

『ゲームセンターあらし』の主人公・石野あらしのファッションアイコンを、細部に至るまで忠実に再現。前回同様、オリジナルモデルの赤に加え、黒×青バージョンもラインアップに加わる。

原作者・すがやみつる先生も唸るクオリティ

「リアルあらしキャップ」の完成度は、はたしてどれほどのものなのか?
現在発売中の雑誌『昭和40年男』(クレタパブリッシング刊)には、キャップを着用する原作者・すがやみつる先生の御姿とともに、手にしたときの驚きが記されている。

▲アーケード版のスペースインベーダーに、赤いインベーダーキャップ!

「実物は今回初めて見たんですが、いや~原作者から見てもすごい再現度ですね。つばの刺繍まで。あらしのキャップには何段階かあって、最初はただのアポロキャップ※だったのが、インベーダーマークが付いて、後から出っ歯も生えた(笑)。
アニメ化された時にプラスチックの板が付いたようなのが商品化されたり、もっと後になって、後期の出っ歯バージョンが出たりもしたんだけど、前期バージョンは今回が初です! 今でも『あらし』にこだわりのある人は初期の方が好きみたいだから、喜んでくれるんじゃないかな。ふだんかぶるにはちょっと恥ずかしいかもしれないけど(笑)。
オリジナルの黒のカラーもいいですね。こっちの方が服には合わせやすそう。自分でも赤と黒を2セットずつ注文したので、届くのが楽しみです!」※注:NASA(アメリカ航空宇宙局)の作業帽をモデルにしたキャップ。名前の由来は有人月探査の「アポロ計画」。

▲すがや先生も爆買いの『あらしのインベーダーキャップ』の価格は各3990円(税込、送料込)。
▲インタビューの続きは『昭和40年男』で!

初めてこの朗報を耳にしたあなたも、冬に手に入れ損ねて唇を噛んでいたあなたも――まずはコロコロアニキ春号を買いに走り「応募者全員サービス」のページをめくれ~~っ!!

▲サムアップに出っ歯、そして赤いインベーダーキャップ!
商品概要
『コロコロアニキ2019年春号』
■発売中
■定価:667円+税