• TOP
  • 爆連載 > 【スプラトゥーン】トッププレイヤー イカすガチ対談マッチ!! あとばる×西澤祐太朗が語るチームとしての戦略~3~
  • TOP
  • 爆連載 > 【スプラトゥーン】トッププレイヤー イカすガチ対談マッチ!! あとばる×西澤祐太朗が語るチームとしての戦略~3~
スプラトゥーン

【スプラトゥーン】トッププレイヤー イカすガチ対談マッチ!! あとばる×西澤祐太朗が語るチームとしての戦略~3~

トッププレイヤー イカすガチ対談マッチ!!
【あとばる×西澤祐太朗 第3回】

カラマリのチームメイトである“あとばる”ד西澤(2438がくえん)”対談の第3回目!
 
今回は甲子園の代表決定戦の中でも、もっともハイレベルなチームが出揃ったとされるオンライン大会の話と、甲子園という舞台で勝つために必要なことについて聞いてみたぞ。
 
なお、カラマリが優勝したオンライン大会を含めた各地区代表決定の様子と、その地区大会を勝ち上がった16チームがナワバリ日本一を競った「第4回スプトゥーン甲子園2019全国決勝大会」の試合はそれぞれ下記の動画で見ることができるぞ。




あとばる
驚異的なエイム力を持つカリスマプレーヤー。「第2回スプラトゥーン甲子園」では、不利な状況から相手を次々と倒す神がかり的なプレーを連発し、優勝に大きく貢献。H3リールガンの名手としても知られ、彼の影響でH3リールガンを使い始めたプレーヤーも多いとか。おもな実績は「第2回スプラトゥーン甲子園」優勝、「第4回スプラトゥ-ン甲子園オンライン代表決定トーナメント」優勝など。チームLibalent Calamari(リバレントカラマリ)所属。
西澤祐太朗/2438がくえん
お笑いコンビ「裏切りマンキーコング」として活動する芸人でありながら、『スプラトゥーン』のトッププレーヤーとしてもさまざまなメディアやイベントに出演。あとばるさんも所属するトップチーム「Libalent Calamari(リバレントカラマリ)」の立ち上げ人で、「第4回スプラトゥーン甲子園オンライン大会優勝」など多数の大会で実績を残す。ゲーム実況者としても有名で、そちらでは「2438がくえん」という名前で活動中。

 

ハイレベルなオンライン代表決定トーナメントを突破!

──甲子園の全国大会ではチームの雰囲気もかなりよかったように見えました。
西澤:そうですね。あとばるとぴょんはチームで一番若い2人で、前の大会とかはけっこう緊張してるのが見えてたんですけど、今回はまったく緊張していなくてチーム状態はかなりよかったと思います。
 
──それはオンライン大会で自分たちのやりたいことがしっかりできて、結果を残せたことが大きい?
西澤:そうですね。チームで「こういう動きがしたい」ということができて、そのままズバッと勝って気持ち的にノッていけたって部分はあるのかな。プレーするのにあまり不安がなかったですね。よく練習量で緊張がなくなるみたいなことを言ったりしますけど、その状況にチームがなってたのかなと。
 
──ちなみにオンライン大会前はチームとしてはわりとリラックスして臨めたんですか?
西澤:練習の段階でわりと「これはいけるな」ってなってたよね?
 
あとばる:なってましたね。
 
西澤:オンライン大会前にけっこう強いチームと対抗戦で練習をやっていて、そんなに負け越すことがなくて「この調子ならいけんじゃん」みたいな感じだったんですよ。ところが、いざ予選の本番ってなったらわりと俺がくそみたいな動きして。確かくろすも1試合目からなんかやばい動きしてて、「これはマズイぞ」って感じだったんですけど。まあ、なんとかギリギリ4位で予選を通過できたんで、よかったんですけど(笑)。
 


▲予選はギリギリ4位で通過したカラマリだが、 オンライン代表決定トーナメントでは実力を見せ、見事に優勝を飾った。
YouTube動画「第4回スプラトゥーン甲子園」オンライン代表決定トーナメント 各地区大会振返り特番2:02:55より引用

 
──それはやはり緊張があった?
西澤:やっぱ最初は緊張してたのかな?
 
あとばる:そうですね。ここを抜けないとやばいっていうプレッシャーはありましたね。
 
西澤:それもあったね。でも練習の時点では「いける、いける」みたいな感じだったんですよ。
 
あとばる:余裕で突破できるでしょって感じで本番迎えたら、1試合目でいきなりつまずいて「やべえやべえ」ってなって(笑)。
 
西澤:直前までは「これ、自分たちが1位抜けもあんじゃん」みたいな感じだったんですけどね(笑)。
 
──苦労しつつも予選を4位通過して、オンライン大会の代表決定トーナメントに進出したわけですが、このトーナメント前のチーム状態はどうだったのでしょう?
西澤:オンライン大会の代表決定トーナメントに進出した中に「ハイパービーム」ってチームがあって、そこと練習で対抗戦したときに自分たちが勝ち越せなかったんですよ。相手のハイパービームはパブロを編成に入れているチームなんですけど、ブキ構成的にやっぱりどうしようもない部分があって、常にパブロのスペシャルが溜まってて倒そうにも倒せないし、自陣に抜けられたら好き放題に荒らされるしみたいな。
 個人的に「このチームが上がってきたらやばいぞ」って思ってたんですけど、1回戦で他のチームが勝ってくれたんで、そこはラッキーでしたね。もしハイパービームが勝ち上がってきてたら、自分たちが優勝できたか怪しかったところはあったかなと。個人的に1番辛いと思ってた相手なので。あとばるはどっか怖いところあった?
 
あとばる:自分もハイパービームが一番怖かった。
 
西澤:だよね。
 


▲オンライン代表決定トーナメントに進出した「ハイパービーム」。パブロを編成に入れているのが特徴的なチームだ。
YouTube動画「第4回スプラトゥーン甲子園」オンライン代表決定トーナメント 各地区大会振返り特番1:42:40より引用

 
──そこは運も味方してくれたというか。
西澤:そうですね。運も味方してくれた部分もあったと思います。
 
──全国大会に話が戻るんですが、トーナメントの同じ山にGGBOYZやえふわんけーきといった強豪が入りました。組み合わせ抽選が終わってこのトーナメント見たときの感想は?
西澤:この組み合わせ抽選って、舞台裏で選手全員で見てたんですよ。他のチームも全員集まって。で、トーナメントの組み合わせが決まったときの舞台裏の雰囲気が「やべえ」っていうより、「うわ、これおもしれえ」って感じだったんですよね。「これは大会が面白くなるな」っていう。たぶん、みんなそうだったと思いますね。優勝を目指すなら、どうせ倒さなきゃいけない相手じゃないですか。
 
──むしろモチベーションが高まった?
西澤:もちろん、全国大会に出てくるところってのは全チーム強いんですけど、その中でも「ここ強いよね」とか「優勝候補だよね」って言われるようなチームが同じ山に固まってくれていたので、「ここを全部倒したら完全優勝じゃんみたいな」感じで、個人的には盛り上がってましたね。これで優勝したら最高だなっていう。あとばるもたぶんそうだったんじゃないかな。
 
あとばる:そうでしたね。やるしかねえぞって(笑)。
 


▲甲子園全国大会のトーナメント表。カラマリやGGBOYZ、えふわんけーきといった優勝候補と目されていたチームが右側の山に入る形となった。
YouTube動画「第4回スプラトゥーン甲子園」闘会議2019 DAY2 全国決勝大会30:53より引用

 

次のページへ!!(1/2)

12