• TOP
  • スクープ > アニメ『ゲゲゲの鬼太郎』衝撃の第6期! 鬼太郎役・沢城みゆきさん&ねこ娘役・庄司宇芽香さんクロストークインタビュー!!【後編】
  • TOP
  • スクープ > アニメ『ゲゲゲの鬼太郎』衝撃の第6期! 鬼太郎役・沢城みゆきさん&ねこ娘役・庄司宇芽香さんクロストークインタビュー!!【後編】

アニメ『ゲゲゲの鬼太郎』衝撃の第6期! 鬼太郎役・沢城みゆきさん&ねこ娘役・庄司宇芽香さんクロストークインタビュー!!【後編】

アニメ『ゲゲゲの鬼太郎』衝撃の第6期! 鬼太郎役・沢城みゆきさん&ねこ娘役・庄司宇芽香さんクロストークインタビュー!!【後編】

2019.04.27


別冊コロコロコミックで連載中のまんが『ゲゲゲの鬼太郎』(松本しげのぶ先生)第1巻が発売され、好評放送中のアニメ『ゲゲゲの鬼太郎』第6期は2年目に突入! まさにこの世は鬼太郎旋風真っ只中!
 
そんななか、コロコロオンラインではアニメ『ゲゲゲの鬼太郎』の鬼太郎役・沢城みゆきさんと、ねこ娘役・庄司宇芽香さんに行った特別インタビューを前後編でお届け!(前編はコチラ!
 
後編では、印象に残っている妖怪や2年目を迎えた作品の注目ポイント、さらにまんが『ゲゲゲの鬼太郎』についての特別コメントを頂いたぞ!

まんが『デュエル・マスターズ』の松本しげのぶが描く『ゲゲゲの鬼太郎』コミックス第1巻が発売中!
 

水木しげる先生の代表作『ゲゲゲの鬼太郎』を、まんが『デュエル・マスターズ』の作者であり、水木しげる先生の熱烈なファンである松本しげのぶ先生が激筆! コロコロ版の鬼太郎もバトルあり、ギャグあり、涙ありの大活躍をみせてくれるぞ!
 
巻末では、水木しげる先生と親交も深かった京極夏彦先生と松本しげのぶ先生の対談を掲載! 『ゲゲゲの鬼太郎』ファン必見の一冊だ!!
 
ゲゲゲの鬼太郎 1
■漫画:松本しげのぶ 原作:水木しげる
■定価:本体591円+税
■発売:2019年3月28日
■判型:B6判
■販売サイト:https://comics.shogakukan.co.jp/book?isbn=9784091430229

 

より深掘りされていく鬼太郎の世界

――1年間放送されたなかで、印象に残っている妖怪、またはエピソードは?
沢城:ありすぎる……。
 
庄司:多いですよね。個人的には、さら小僧が登場した回(第40話)が好きですね。
 
沢城:脚本をお笑い芸人の”伊達さん”さんが担当した回ね。
 
庄司:ご本人が身を置かれている芸人さんの世界のお話だったので、とてもリアルだったんです。芸事をしている者としては、身につまされるというか…言葉が突き刺さりましたね……。そしてさら小僧役の松野太紀さんの演技が素晴らしくて。本当に…あの…凄く”妖怪”だと……思いました。……うう、語彙力(笑)。
 
沢城:語弊を招きそうな言葉だけど、”すごく妖怪”だとしか言いようがない素敵さ。
 
庄司:本当に素敵でした。現場で思い、オンエアを見ても改めて思ってしまうくらい。沢城さんは、どの妖怪が印象に残っていますか?
 
沢城:物言わないですが、第20話の妖花かなぁ。この回は戦争をテーマにしたお話で、『ゲゲゲの鬼太郎』との掛け合わせは非常に重要な意味を持ちます。水木しげる先生の作品は戦争と切り離せない関係にあって、先生が作り上げた”鬼太郎の原液”みたいなものを、アニメを通じて今の子どもたちに見てもらえたかなと思っています。ほかにも印象に残っているものはたくさんありますが……。
 
庄司:挙げ始めたらキリがないですね。
 

 
――コイツなら出会ってもいいかなという妖怪はいますか?
沢城:豆富小僧なら。「僕は豆腐を持っているだけの妖怪なのら」っていうセリフを聞いただけで「可愛い!」ってなります。ただただ、可愛い!
 
庄司:本当に豆腐を持っているだけの優しい妖怪ですからね。私はすねこすりかな。どんどん(私の気力を)吸って太ればいいと思います(笑)。
 
沢城:ああ、すねこすりは歴代妖怪トップクラスの可愛さですよね。
 
庄司:作画担当のスタッフさんが猫を飼っている方だったらしく、動きの描写が素晴らしかったんです。「猫ってこうだよね」という動きをちゃんとしていて。お話自体は、泣きすぎて軽くトラウマになりそうでしたけど……(笑)。
 
沢城:後日、(すねこすりが)森で平和に生きていてよかった。
 
庄司:本当に! その数話あとに、すねこすりが画面を横切るシーンがあってそれを見たとき、(すねこすり役の)内山夕実ちゃんに「生きてたよ!」って思わず連絡しちゃいました(笑)。
 
沢城:あと、あんなに可愛いなら花子さんにも会いたいな。私が子どもの頃の花子さんは、3階女子トイレの奥にいる恐ろしい存在でしたけど、第6期の花子さんなら全然大丈夫。
 
庄司:たしかに。あの花子さんなら怖くないですね。
 
沢城:図書室とかで隣で一緒に仲良く本を読めそうだなって思いました。
 
庄司:妖怪の話は本当に尽きないですね。
 

 
――今後ここに注目してほしいというポイントを教えてください。
庄司:ねこ娘を蘇らせるために、鬼太郎は閻魔大王様と密約を取り交わして、地獄の四将を追うことになります。あまり自分の思いを口にせず、私利私欲のために動かない彼が、明確かつ熱い想いを持って救ってくれる。ただ、そういった経緯があったことをねこ娘は知りません。その事実を知ったとき、彼女はどう思うのか……。
 
沢城:自分を責めそうだね。
 
庄司:はい。そのうえでどういう行動を取るのか楽しみです。
 
沢城:私としては、2年目は鬼太郎やねずみ男をもう少し掘り下げる話に注目してほしいですね。2年目の1クール目は、よりキャラクターに深みが出ると思います。あとは続々登場する妖怪と、その声優さん。ぜひ、2年目もわくわくしながら待っていてください。皆様にご並走頂けたら、それ以上のことはありません。よろしくお願いたします!
 
――最後に、まんが『ゲゲゲの鬼太郎』で、今までアニメに登場したエピソードで取り上げてほしいものがあればお聞かせください。
庄司:鬼太郎とねこ娘のふたりでラーメンを食べに行ってほしいですね。アニメでも何回か行ってるみたいですけど……。
 
沢城:よく食べに行っているみたいですけど、ふたりが並んで食べている絵は見たことがないんですよね。
 
庄司:ぜひ、まんがで描いてほしいです。
 
沢城:ちなみに、鬼太郎は一文無しみたいなんですけど、なんとかしてラーメンを食べています。どこから費用を捻出しているのか謎ですが、とにかくなんとかしているようで。そこもぜひ詳しく(笑)。
 
庄司:謎ですよね。鬼太郎の周りで外貨を稼げそうなのはねこ娘くらいなのに(笑)。
 
沢城:以前、ねずみ男に「食い逃げでもしているのか?」と言われて「そんなわけないだろ」と返していないので、どうやら食い逃げはしていないようです。
 
庄司:謎ですね…気になる……。
 
――その答えをまんがで描けるようにします。ありがとうございました!
 

作品情報
『ゲゲゲの鬼太郎』新章「地獄の四将編」フジテレビほかにて毎週日曜あさ9時より放送中
【公式サイト】http://anime-kitaro.com/

オススメの記事(PR)オススメの記事(PR)