• TOP
  • スクープ > 【ミニ四駆】 コロコロ独占取材!! ジャパンカップ2018公式コース攻略ガイド!!
  • TOP
  • スクープ > 【ミニ四駆】 コロコロ独占取材!! ジャパンカップ2018公式コース攻略ガイド!!
ミニ四駆

【ミニ四駆】 コロコロ独占取材!! ジャパンカップ2018公式コース攻略ガイド!!

今年のミニ四駆日本一決定戦開幕まであとわずか!! ということで今回はタミヤ本社を直撃。ついに完成したジャパンカップ2018公式コース「ジャパンカップ30年 クラシックサーキット2018」を徹底的にチェックするぜ!!

ここが、模型の首都・静岡から世界へ向けてホビーを発信するタミヤ本社だ!!! ビルのてっぺんには星のマークが燦然と輝いているぜ!! この中にジャパンカップの公式コースが設置されているらしい。さあ、行くぜ!!

ところでタミヤ本社の駐車場にある不思議な展望台、何だと思う!? その答えは、ここがRCカーのサーキットだった時の名残。高い所からサーキットを見渡してRCカーをコントロールするための操縦台だったんだって。

さて、タミヤ本社に入り、コースが設置されているという部屋の扉を開けると……おおっ、怪しい男が曲芸の練習をしてるぜ。いったい誰だ!? と思ったら、静岡ホビーショーの会場にいたタミヤのU田さんじゃないですか!! 遊んでるんだったら、サーキットの攻略ポイントをこっそり教えてくださいよ!!

U田さん「いきなり!? ずいぶん急だなあ!! いいでしょう、コロコロニュース読者のために、私がガイドしますよっ!!」

U田さん「今年は1988年に初めてジャパンカップが開催されてから30年ということで、第1回ジャパンカップのサーキットをベースにして、現代仕様にアレンジ、高速化したのがこのサーキットなんです」
なるほどね!! 大きなバンクもあって、これは手強そうだ。それじゃ、スタートから順に攻略ポイントの解説をお願いします!!!

U田さん「スタート直後の最初の難関がここ、ボルテックスチェンジャーです。急坂を登って90度ターン、そしてまた急坂を下る。レーンにひねりが加えられた、渦を巻くようなイメージのチェンジャーです」
高さもかなりのものじゃないですか。これはパワーがないと登りきれないぜ!!

U田さん「ボルテックスチェンジャーのすぐあとには180度ターン。坂を下ってスピードがのったマシンは、インコースでここへ突っ込むことになるので、かなりキビしいですよ。しっかりコースアウトの対策をしてください!!」

 

U田さん「ボルテックスチェンジャーの下の直線は、ロッキングストレートです。コースフェンスに突起物が設置され、これにぶつかってマシンは左右に振られます。バランスをくずし、スピードもダウンしますね」※取材時にはまだ完成していませんでした。
突起物を避けることができないし、この対策は悩んじゃうよ~!!

U田さん「コース中盤には大きな180度ターン、ニューエラターンが待ち受けています。危険は少ないかもしれませんが、ここでしっかり加速しておかないとトップ集団に置いていかれてしまいますよ!!」
トルクをつけて粘り強く走れるマシンにしなくちゃね!!

U田さん「ここからは、グライドバンク20(トゥウェンティ)、グライドバンク45(フォーティーファイブ)と連続する複合セクション、その名もサマーウェーブ2045。20度&45度の上り下り、斜めに傾いたバンクセクションが連続します。トップスピードに達したマシンがここに突入することになるので、上下左右両方向でのマシンの安定性が求められる要注意エリアです!! 要注意ですよ!!!」
要注意2回ですか!! それにしても、なんともダイナミックなアップダウンだぜ!! これはチャレンジしたくなっちゃうね!!!

U田さん「45度の登りは要注意です。ブレーキがひっかかってコースアウトしてしまうこともあるので、セッティングは入念にしてくださいね!!」
グライドバンク45の頂上は、路面が透明なんだね。マシンとU田さんがコースの下から透けて見えま~す!!

U田さん「連続バンクの最後は30度の傾斜がついた90度ターン、30度バンクです。がんばって走りぬいてくださいヨ!!」

U田さん「そしてコース終盤の直線、モヒカンストレートです。まず、緩やかなアップダウンのドラゴンバックでは、マシンがフワっと浮き上がりバランスをくずす恐れがあります。気をつけてください!!」

U田さん「さらに続くセクションでは、レーンの中央に高さ10mmほどの突起が出現します。マシンは底から持ち上げられ、バランスも崩されます。勝敗の行方を決める最終複合セクションを無事に通過できれば、ゴールに飛び込むことができますよ!!」※取材時にはまだ完成していませんでした。
何だコレは!! 最後の最後まで気が抜けないじゃないかー!!!

U田さん「これが『ジャパンカップ30年クラシックサーキット2018』の攻略ポイントです。コースをよく研究してマシンを作り、サーキットに挑んでください。たくさんの選手の参加、待ってます!!」
よくわかりました!! U田さん、ジャパンカップの徹底ガイド、ありがとうございます!! まもなく開幕するミニ四駆日本一決定戦ジャパンカップ!! 大会スケジュールをチェックして、どしどし参加しようぜ!!!!