• TOP
  • 爆連載 > 【パズドラ】『大塚角満のモンスター美術館』 第17回 イラストの進化の歴史を感じ取れ!!「超転生ミネルヴァ」!!
  • TOP
  • 爆連載 > 【パズドラ】『大塚角満のモンスター美術館』 第17回 イラストの進化の歴史を感じ取れ!!「超転生ミネルヴァ」!!

【パズドラ】『大塚角満のモンスター美術館』 第17回 イラストの進化の歴史を感じ取れ!!「超転生ミネルヴァ」!!

【パズドラ】『大塚角満のモンスター美術館』 第17回 イラストの進化の歴史を感じ取れ!!「超転生ミネルヴァ」!!

第17回「超転生ミネルヴァ」

公認プレイヤーの大塚角満が、モンスターの思い出やイラストについて自由に語る!
ガンフェス特集2回目の今回紹介するモンスターは「超転生ミネルヴァ」!!

▲超転生ミネルヴァ

5月26日にパズドラの祭典、ガンホーフェスティバル2019が幕張メッセで開催され、非常に多くのコラボ、新モンスター、進化情報などがステージ上で発表された。
 
俺はこのとき、会社のスタッフといっしょにステージの真ん前のゾーンで成り行きを見守っていたので、会場の熱気をダイレクトで受け取っていたと思う。
 
そのときの感覚から思うに、今回紹介する“超転生ミネルヴァ”が公開されたときの来場者のボルテージは、全発表の中でも1、2を争うほどのものがあったと思う。
 
そんなミネルヴァは、いまや5000体を越えるパズドラのモンスターの中でも最古参のひとりである。初めて実装された日はなんと、2012年3月1日
 
パズドラのサービスが始まったのが2012年2月20日だから……それから1週間後くらいにはゲームに登場していたことになるのである!!
 
ていうか……俺がまだパズドラの存在を知らなかった時代じゃん!!
 
ミネルヴァ先輩、ハンパねえな!!
 
このときに“西洋神”シリーズとして5体のモンスターが実装されたことにより、パズドラの遊びの幅は格段に広がった。
 
“神タイプ”という別格に強いモンスターが存在する”
 
“その神タイプが手に入るかもしれない“ゴッドフェス”というガチャイベント”など、現在のパズドラにも連綿と受け継がれている特徴的な要素が、このときに形作られたのである。

▲ミネルヴァ
▲戦女神・ミネルヴァ

初登場はなんと今から7年以上も昔! 最初期のミネルヴァがこちら!
現在のパズドラのイラストと比べると、線の数が少なくデザインがシンプル!
ここから少しずつ、現在の美麗で繊細な路線のイラストへと変わっていった!!
 
ちなみにミネルヴァはパズドラにおいて“戦女神”という冠をつけて表現されることが多い。日野慎之助さんが描くイラストも、華やかな鎧に身を包んだ戦士として描かれているし。

▲転生ミネルヴァ
▲超転生ミネルヴァ

2016年10月に実装された転生ミネルヴァ。そして最新の超転生ミネルヴァ!
衣装や見た目に大きな変化はないが、進化を重ねるたびにイラストの“華麗さ”や“凛々しさ”が増していることがわかる! 
 
ちなみに超転生ミネルヴァはゲーム内ではアニメーションもするので、まだ見ていない人は必見だ!!
 
そもそもミネルヴァとはローマ神話に登場する女神のことで、一般に医学や芸術を司る神と言われている。ギリシア神話における“アテナ”(戦略の女神)と同一視されていることから、パズドラでは戦女神として描かれているようだ。
 
今回はここまで!
次回はガンフェス特集3弾“極醒スクルド”を特集!!
 

大塚角満(おおつか・かどまん)

1971年9月17日生まれ。元週刊ファミ通副編集長、ファミ通コンテンツ企画編集部編集長。在職中からゲームエッセイを精力的に執筆する“サラリーマン作家”として活動し、2017年に独立。現在、ファミ通Appにて“大塚角満の熱血パズドラ部!”、ゲームエッセイブログ“角満GAMES”など複数の連載をこなしつつ、ゲームのシナリオや世界観設定も担当している。著書に『逆鱗日和』シリーズ、『熱血パズドラ部』シリーズ、『折れてたまるか!』シリーズなど多数。株式会社アクアミュール代表。

 

パズドラ最新情報は「公式運営サイト」をチェック!!
https://pad.gungho.jp/member/

 

大塚角満のモンスター美術館 バックナンバー

▲第1回
「流離・エンシェントドラゴンナイト -REX-」&「伝承・エンシェントドラゴンナイト -REX-」

▲第2回
「紅蓮華の戦士・エキドナ -SARA-」&「紅蓮華の女帝・エキドナ -SARA-」

▲第3回
「冥刃の神王妃・ヘラ -LUNA-」&「夜星の神王妃・ヘラ -LUNA-」

▲第4回
「超転生ハク」

▲第5回
「ゼウス -GIGA-」

▲第6回
「ヴァルキリー -CIEL-」

▲第7回
「アテナ -NON-」

▲第8回
「ライザー」

▲第9回
「ミル」

▲第10回
「ウルド」

▲第11回
「サラスヴァティ」

▲第12回
「バステト」

▲第13回
「シェリング・フォード」

▲第14回
「ヴェルダンディ」

▲第15回
「極醒の執行者・メタトロン」

▲第16回
「超転生メイメイ」

 

次回は6/24(月)更新!!

©GungHo Online Entertainment, Inc. All Rights Reserved.

オススメの記事(PR)オススメの記事(PR)