• TOP
  • 爆連載 > 【スプラトゥーン】トッププレイヤー イカすガチ対談マッチ!! あとばる×槇尭史による「NPB eスポーツシリーズ スプラトゥーン2」徹底解説~3~
  • TOP
  • 爆連載 > 【スプラトゥーン】トッププレイヤー イカすガチ対談マッチ!! あとばる×槇尭史による「NPB eスポーツシリーズ スプラトゥーン2」徹底解説~3~
スプラトゥーン

【スプラトゥーン】トッププレイヤー イカすガチ対談マッチ!! あとばる×槇尭史による「NPB eスポーツシリーズ スプラトゥーン2」徹底解説~3~

トッププレイヤー イカすガチ対談マッチ!!
【あとばる×槇尭史 第3回】

あとばる×槇尭史(ふーみそん)対談第3回目!
 
今回は『NPB eスポーツシリーズ スプラトゥーン2』でのLibalent Calamari(リバレントカラマリ)の試合をプレイバック!
 
ふたりだからこそ話せる「いまのカラマリに欠けているもの」とは? カラマリファンはとくに必読の内容だ!
 
なお、『スプラトゥーン2』のトップチームがプロ野球12球団の代表選手となって日本一を争った「NPB eスポーツシリーズ スプラトゥーン2」の試合は下の動画で見ることができるぞ。
 
・NPB eスポーツシリーズ スプラトゥーン2 本大会1日目
https://www.openrec.tv/live/o7z4m19olzl
 
・NPB eスポーツシリーズ スプラトゥーン2 本大会2日目
https://www.openrec.tv/live/ykz0xvkn0zw
nbsp;

あとばる
驚異的なエイム力を持つカリスマプレーヤー。「第2回スプラトゥーン甲子園」では、不利な状況から相手を次々と倒す神がかり的なプレーを連発し、優勝に大きく貢献。H3リールガンの名手としても知られ、彼の影響でH3リールガンを使い始めたプレーヤーも多いとか。おもな実績は「第2回スプラトゥーン甲子園」優勝、「第4回スプラトゥ-ン甲子園オンライン代表決定トーナメント」優勝など。チームLibalent Calamari(リバレントカラマリ)所属。
槇尭史(ふーみそん)
『スプラトゥーン』の戦略や戦術、メタ分析の第一人者。あとばる選手の所属するリバンレントカラマリの戦略アドバイザーを務めるほか、過去には「スプラトゥーン甲子園」全国3位の成績を残すなど、プレーヤーとしても一流の実績を持つ。「NPB eスポーツシリーズ スプラトゥーン2」では試合の解説を担当。自身の経験と研究に裏打ちされた的確な解説で大会を盛り上げた。

 

いまのカラマリに足りないものは”勢い”!?

――ここからはカラマリの試合を振り返っていきたいのですが、1日目のリーグ戦はパ・リーグ優勝という結果でした。その優勝を決めた試合の相手はGGBOYZ(福岡ソフトバンクホークス代表)だったわけですが、ここは勝てば優勝、負けたら3位という状況でした。このことは、もちろんわかった上で試合に挑んだ?
あとばる:わかっていましたね。その前に、-閃華裂光-(東北楽天ゴールデンイーグルス代表)とばぼにゃんず†(北海道日本ハムファイターズ代表)の試合があって、-閃華裂光-が勝って僕らがGGBOYZに負けたらCool&Cool(埼玉西武ライオンズ代表)、-閃華裂光-、カラマリで三つ巴になったんですよ。
 ただ、その試合ではばぼにゃんず†が勝ったので、「これは流れが完全にウチに来ているな」と思って。他チームの結果がどうあれ「どのみち勝つしかない」とはみんなで言っていたんですけど、たぶん気持ちの持って行き方的にも一番いい状態でGGBOYZ戦を迎えられたのかなとは思います。
 


▲パ・リーグ最終戦はここまで4戦全勝のGGBOYZ(福岡ソフトバンクホークス代表)と、3勝1敗のカラマリ(オリックス・バファローズ代表)が激突。勝ったほうがリーグ優勝で2日目に進むという熱い展開となった。
(NPB eスポーツシリーズ スプラトゥーン2 本大会1日目7:47:52より引用)

 
――槇さんはNPBの大会に向けてもカラマリのアドバイザーとして、いろいろと戦略的なアドバイスをされていたんですか?
槇:いえ。していないですね。今回、私は中立な立場としてNPBに関わらせていただいたので。
 
――それは解説という立場上、配慮した形?
槇:はい。解説に決まった時点でそうしました。とくに禁止はされていなかったんですが、やはりそこでアドバイザーとして関わってしまうと肩入れしていると見られて、いろいろ言われるかなと思いまして。公表もしていたんですが、自主規制していました。
 
――そうだったんですね。ではアドバイスはされませんでしたけど、リーグ優勝という結果に関しては槇さんはどうご覧になっていましたか?
槇:それは、やっぱりめちゃめちゃ嬉しいですよ(笑)。
 
――槇さんの事前の順位予想ではカラマリは3位にされていましたよね。
槇:そうですね。冷静に中立な立場として分析したときに、カラマリはおそらく上位3には入ると思っていたんですね。リーグ戦は1本先取制ということと、他チームの編成などもいろいろ考えて、3位というところにつけたんですが、蓋を開けてみたら1位になって本当にむちゃくちゃ嬉しかったです(笑)。
 
――会場ではかなり冷静に話しているように見えましたが、実際はかなり気持ちを抑えてたんですね。
槇:もともとカラマリのファンですからね(笑)。本当に劇的な勝利……相手がGGBOYZってのもありましたし、1人1人のプレーが輝いていたといいますか、プレーに無駄がほぼなかったんです。
 


▲(NPB eスポーツシリーズ スプラトゥーン2 本大会1日目7:52:22より引用)

 
――あの試合を通じて?
槇:そうなんですよ。いままでずっとカラマリを見てきて、プレーヤーの弱点ってのを僕は把握しているわけで、2ヶ月間、僕はまったくタッチしていないので、その弱点をどう克服していったのかというのもプレーの中でわかるんですね。そのドラマといいますか、物語といいますか。そういった部分でも心を打たれました(笑)。
 
――欠点と思っていたところもちゃんとカバーしてというような。じゃ、解説ということでかなり冷静さを装ってた?
槇:装ってました。冷静を装っていましたが、最後のインタビューのときにはもう隠しきれませんでしたね(笑)。
 
あとばる:漏れたよね(笑)。
 
――カラマリとGGBOYZはよきライバル同士として注目されていますし、因縁もありますもんね。
槇:オフラインの大会で勝てたっていうのが大きいですよね。あと、カラマリはリーグ戦に強いなとは改めて思いましたね。トーナメントではあまり成績はよくないんですけど、リーグ戦ではかなり実績を残してきているので、総合勝率で戦うチームなんだなと。ただ、裏を返すと、トーナメントで勝ちきれないというのは、ここぞの強みが足りないのかなと。2-1とか3-1とかで勝つことはできるるんだけど、3-0で勝つという勢いが足りない。
 
たとえば、はんじょう選手のチーム(東京ヤクルトスワローズ代表)なんかは本当に勢いに乗ると手が付けられなくなる。そういうムードメーカーを置いたチームだと思うんですよ。こういう勢いがカラマリに足りない部分でもあるのかなってのがあって、そういったところも成長できたら最強のチームになれるんじゃないかなとは感じますね。
 


▲以前、本対談にも登場してくれた“はんじょう”選手(https://corocoro.jp/46767/ )。今大会ではプレーだけでなく、試合後のコメントでも会場を大いに沸かせてくれた。
(NPB eスポーツシリーズ スプラトゥーン2 本大会1日目2:50:38より引用)

 
――それはメンタル的なものなんですかね?
槇:メンタルと技術ですね。たとえば、最初にカラマリの課題点として「火力を出す人が偏っている」という話をしましたが、もう少し具体的に言いますと、カラマリは前衛を張る2人がくろす選手と2438学園選手のツートップなんですけど、くろす選手は普段からブラスターとかスロッシャー使いということもあって、これは条件が整っていないと火力が出しづらいブキなんです。
 要は「味方のインクが塗り広げられていると動きやすいので、敵を倒すのが簡単になっていく」という条件付きの火力。そして2438学園選手は、もともとそこまで敵を倒しまくるという選手ではない性質上、1人で相手を3枚や4枚持っていくといったポテンシャルは他の選手に比べると少し低めなんです。で、この2人……たとえば、くろす選手が足場がどうなっていようと敵を倒すような爆発力を持っていたらとか、2438学園選手も敵をバッサバッサと倒していくような一面が見られたとすると、やっぱりチーム全体が盛り上がる仮に2438学園選手が、試合中に「1枚やった。2枚やった。3枚やった!」って言ったら、味方も気持ち的に上がりますよね。あとばる目線でもめちゃぶち上がるでしょ?
 
あとばる:うん。
 
槇:というのがあると、おそらくトーナメントとか、一本先取という条件でも勢いで乗り切れるチームになるのかなと。
 
――いわゆるビッグプレーといいますか、そういうものが出てくるとチームに勢いが出る。
槇:そうですね。ビッグプレー足りないよね、うちら。ぴょんちゃんだけじゃない?
 
あとばる:そうだねえ。うん。調子に波があるというか、くろす君がそれに近いかな。キルを取るときは取るんだけど、取らないときはとんと取らないから。
 
槇:絶対的なエースというのが足りないんですね。テルミ選手とか、やまみっちー選手とかはやっぱりエースだと思うんですよ。はんじょう選手も。そういったプレーヤーがちょっといないので、そこが課題かなと。
 


▲(NPB eスポーツシリーズ スプラトゥーン2 本大会1日目7:54:11より引用)

 

次のページへ!!(1/2)

12

スプラトゥーンの記事 スプラトゥーンの記事


もっと見る

オススメの記事(PR)オススメの記事(PR)