• TOP
  • 爆連載 > 【パズドラ】『大塚角満のモンスター美術館』 第21回 美し過ぎる!!「極醒カーリー」!!
  • TOP
  • 爆連載 > 【パズドラ】『大塚角満のモンスター美術館』 第21回 美し過ぎる!!「極醒カーリー」!!

【パズドラ】『大塚角満のモンスター美術館』 第21回 美し過ぎる!!「極醒カーリー」!!

【パズドラ】『大塚角満のモンスター美術館』 第21回 美し過ぎる!!「極醒カーリー」!!

第21回 「極醒カーリー」

公認プレイヤーの大塚角満が、モンスターの思い出やイラストの秘密を語りまくる!
ここ最近、もっとも話題を集めた進化といえば…そう「極醒カーリー」です!

▲極醒の威女神・カーリー

ちょっと前の話だけど…。
5月26日に行われたパズドラの祭典、“ガンホーフェスティバル2019”ではさまざまな新情報、新モンスターが発表されたが、その中でも特筆して注目が集まったのが“極醒カーリー”こと“極醒の威女神・カーリー”であろう。
 
極醒カーリーの前身である“闇カーリー”がパズドラに導入されたのは、2014年9月。
新たなフェス限モンスターとして脚光を浴びたわけだが、その能力よりも何よりも、イラストのあまりの豪華さに全国数千万のパズドラユーザーが驚いたのである。
 
ここでイラストにスポットを当てるコラムを立ち上げたことからもわかる通り、パズドラのモンスターイラストは他のスマホアプリとは一線を画して精緻でズバ抜けている。そんな中にあっても、カーリーの存在感は際立っていたのだ。

▲威女神・カーリー
▲暴滅の威女神・カーリー
▲劫火の威女神・カーリー
▲黒滅の威女神・カーリー
▲極醒の威女神・カーリー

歴代の闇カーリーのイラストを紹介!
進化するたびに、イラストがより繊細に、より豪華絢爛になっているのがわかる!
とくに“劫火”以降のイラストは、もはや芸術作品の域ともいえる。
約5000体のパズドラモンスターでも、トップクラスの美しさであろう!
 
カーリーのイラストを担当しているのは、風間雷太さんだ。カーリーのほかにも、ネイや風神、雷神、エスカマリなど、美形の女子キャラに定評のあるイラストレーターさんである。
 
しかし、親しくさせてもらっているのでぶっちゃけて書くが、雷太さんはカーリーのような繊細優美、美麗の象徴のようなキャラを描いているとは思えないくらい筋骨隆々な、男性ホルモンのカタマリみたいな人だ。
 
会うたびに毎回、
「この丸太のような腕でよく、あんな絹糸のような線が描けるな……」
と感動を覚えるほど。そういう意味では、イラストと描き手にもっともギャップがあるかもしれない。
 
……カーリーのことを書くつもりだったのに、思いがけず雷太さんの解説コラムになってしまったわ。
 
ちなみにカーリーはヒンドゥー教の女神で、“戦女神”として有名だ。伝承に残っているカーリーの容姿は、青い肌、3つの目、4本の腕を持ち、それぞれに強力な武器を携えている。しかもそのうちの1本には斬り落とした生首を持っているというのだから、恐ろしくパンチが効いているというか……。
 
そんなカーリーがモチーフではあるのだが、風間流、パズドラ風の解釈によって、あのような美しい女神ができあがる。このギャップもまた、おもしろいところだ。

ちなみに“極醒進化”を遂げた闇カーリーは性能も圧倒的!
最大でHP2倍、攻撃力20倍、回復力2倍の万能多色リーダーへと進化した。
 
さらに「7コンボ強化」が3つもあるなど、サブ適正もバツグン!
これに加えて「レベル限界突破」や「超覚醒」も実装されています。
 
全国に100万人はいるであろう闇カーリーファンの皆さん!
リーダーで!サブで!闇カーリーを使いまくってくださいませ!
 

大塚角満(おおつか・かどまん)

1971年9月17日生まれ。元週刊ファミ通副編集長、ファミ通コンテンツ企画編集部編集長。在職中からゲームエッセイを精力的に執筆する“サラリーマン作家”として活動し、2017年に独立。現在、ファミ通Appにて“大塚角満の熱血パズドラ部!”、ゲームエッセイブログ“角満GAMES”など複数の連載をこなしつつ、ゲームのシナリオや世界観設定も担当している。著書に『逆鱗日和』シリーズ、『熱血パズドラ部』シリーズ、『折れてたまるか!』シリーズなど多数。株式会社アクアミュール代表。

 

パズドラ最新情報は「公式運営サイト」をチェック!!
https://pad.gungho.jp/member/

 

大塚角満のモンスター美術館 バックナンバー

▲第1回
「流離・エンシェントドラゴンナイト -REX-」&「伝承・エンシェントドラゴンナイト -REX-」

▲第2回
「紅蓮華の戦士・エキドナ -SARA-」&「紅蓮華の女帝・エキドナ -SARA-」

▲第3回
「冥刃の神王妃・ヘラ -LUNA-」&「夜星の神王妃・ヘラ -LUNA-」

▲第4回
「超転生ハク」

▲第5回
「ゼウス -GIGA-」

▲第6回
「ヴァルキリー -CIEL-」

▲第7回
「アテナ -NON-」

▲第8回
「ライザー」

▲第9回
「ミル」

▲第10回
「ウルド」

▲第11回
「サラスヴァティ」

▲第12回
「バステト」

▲第13回
「シェリング・フォード」

▲第14回
「ヴェルダンディ」

▲第15回
「極醒の執行者・メタトロン」

▲第16回
「超転生メイメイ」

▲第17回
「超転生ミネルヴァ」

▲第18回
「極醒の未来神・スクルド」

▲第19回
「花嫁ルシャナ」

▲第20回
「花嫁パールヴァティー」

 

次回は7/22(月)更新!!

©GungHo Online Entertainment, Inc. All Rights Reserved.