• TOP
  • スクープ > 声優・徳井青空さんがまんがで描く“ミニ四駆への愛”! そらまるアネキ、夢のコロコロデビューについて熱く語る!!
  • TOP
  • スクープ > 声優・徳井青空さんがまんがで描く“ミニ四駆への愛”! そらまるアネキ、夢のコロコロデビューについて熱く語る!!
ミニ四駆

声優・徳井青空さんがまんがで描く“ミニ四駆への愛”! そらまるアネキ、夢のコロコロデビューについて熱く語る!!


アニキ&アネキたちに贈る大人のコロコロ『コロコロアニキ』最新2019年夏号は2019年7月13日(土)ごろ発売!
 
今回のスクープは、『探偵オペラ ミルキィホームズ』譲崎ネロ役、『ラブライブ!』矢澤にこ役など、多数の作品に出演している声優・徳井青空さんによる、ミニ四駆まんが!
 
2015年、ラジオ番組「レッツ&ゴー!!情報局Radio Racers!!」への出演がきっかけでミニ四駆にドハマリし、夏のビッグイベント「ジャパンカップ」にも毎年挑戦している徳井さん。
 
そんな溢れんばかりミニ四駆愛を込めたまんが作品が、コロコロアニキ2019年夏号で掲載されるのだ!!
 
ということで、今回のコロコロデビューについて徳井さん本人に直撃インタビューを実施! 子どもの頃から憧れていたコロコロへの思いを語ってくれたぞ!!

関連記事
武井宏之先生が徳田ザウルス先生のタッチを完全再現! 『ハイパーダッシュ!四駆郎』連載再開!!

 

まんがにミニ四駆愛を込める!

――まずはコロコロデビューおめでとうございます!
ありがとうございます!!
 
――コロコロでまんがを描くことが決定したときはどう思いましたか?
それはもうガッツポーズです! 子どもの頃、最初に購入したまんが雑誌がコロコロで、そんな憧れのコロコロにまさか自分のまんがが載る日が来るなんて……。嬉しくて嬉しくて本当に涙が出ました。
 
――そこまで喜んで頂けるなんて、こちらも嬉しいです! 作品の内容が「ミニ四駆」であることを聞いたときはどうでしたか?
コロコロアニキには『爆走兄弟レッツ&ゴー!! Return Racers!!』や『ハイパーダッシュ!四駆郎』という超人気タイトルが載っているじゃないですか。そのなかで自分のまんがが載るなんて夢のようです。むしろ未だに信じられないくらいに(笑)。
 
でも、自分が再び熱中できたミニ四駆への想いや愛が伝えられたないいなと思って、どんな話にしようか結構な時間をかけて考えました。
 
――まんがを執筆するうえで、注意した点は?
コロコロサイズ(A4版)のまんがを描くことが初めてだったので、読者に見やすく描くことを意識しました。イラストもそうですが、セリフの文字量なども。あと、ミニ四駆を知っている人はもちろん、全然知らない人もいると思うので、ミニ四駆の魅力が少しでも伝わるような描き方にしようと心がけていました。
 
ちなみに私が一体何者なのか知らない方も多いと思うので、最初の1コマ目ですべてを説明させて頂きました!
 


▲そんな1コマ目を特別公開!

 
――作品の執筆や編集者とのやりとりは上手くいきましたか?
最初に「”ミニ四駆やコロコロの思い出”というテーマでお願いします」と言われたので、私が体験したミニ四駆の思い出を中心に描こうと決めました。そして、本当に自由に描いた作品を提出したら、担当の編集さんから「これでバッチリです!」と褒めて頂けました。
 
――おお! 一発OKだったんですね!!
逆に心配になっちゃいましたよ! 「え、本当に大丈夫ですか!?」って。
 
――徳井さんのミニ四駆愛がバッチリ伝わったんだと思います!
そうだと本当に嬉しいですね!
 

 

まんがのルーツはギエピー!?

――コロコロについての思い出を聞かせてください。
子どもの頃、コロコロは近所の小さな駄菓子屋さんで買えたんです。予約しないと店のおばちゃんが取り寄せてくれませんでしたが、そんななか毎月その駄菓子屋さんで弟と一緒に買っていました。
 
――駄菓子屋でコロコロが売られていたんですね。
私が住んでいた場所がすごく田舎で、近くに本屋さんなかったんです。でも、今冷静に考えるとあの小さな駄菓子屋さんに雑誌が売っていたことが驚きですね(笑)。
 
ほかにも、お母さんに「次世代ワールドホビーフェア」に連れて行ってもらい、「おはスタ」の公開収録に弟と最前列で参加していました。そのとき生の山寺宏一さんを見て「すごい!」と喜んでいたのを今でも覚えています。
 
会場では色んなホビーが無料で貰えて、本当に夢のようなイベントでした。「お母さんすごいよ!」ってめちゃくちゃ興奮していました(笑)。
 

 
――熱いコロコロ愛をバッチリ感じました! ちなみにコロコロで印象に残っている作品は?
ポケモンがどストライクな世代なこともあって、「ギエピー」でおなじみの穴久保幸作先生の『ポケットモンスター』が一番印象に残っています。「ギエピー」が本当で大好きで!
 
私は小学生の頃からまんがを描いているんですけど、当時描いていたポケモンの4コマは、どうしても穴久保先生のピッピに引っ張られていました(笑)。
 
その影響からか、今でもまんが内で「ぎゃー!」や「ぎょえー!」みたいな驚くコマは、「ギエピー」のDNAが入っていると思います。
 
――驚くべきルーツが明らかに!(笑) 徳井さんのなかには穴久保先生――もといコロコロイズムが入っているんですね。
はい! コロコロがきっかけでまんが家になりたいと思ったのは間違いないです。その頃から「いつか私もコロコロでまんがを連載したい」という夢を持っていました。
 
――ちょうど今、コロコロアニキで穴久保先生の『ポケモン』も連載しているので、共演は果たせましたね。
信じられないです。子どもの頃の自分に教えてあげたいですね!
 

 
――余談で申し訳ないのですが、徳井さんは「ギエピー」をどのようにおっしゃいましたか?
え、「ギエピー(→→↘︎)」です。
 
――じつはその発音は違うんです……。
ええええ、違うんですか!?
 
――穴久保先生によると、「ギエピー(→→↗︎)」だそうです。「ピー」はかなり高く上げるのがコツですね。
そ、そうだったんですね……。これから気をつけて、周りに啓蒙していきたいと思います! なるほど……深いですね、ギエピー……!!
 
――それでは話を戻しまして、最後にこれから作品を読む方に一言メッセージをお願いします!
大人になってから、「ミニ四駆」という仕事を忘れて夢中になれる趣味ができたことがすごく嬉しいです。きっと読者の男性も、子どもの頃遊んでいたという方が多いと思います。今は離れてしまっていても、いざやってみると本当に楽しいですよ!
 
ボディを軽くする、パーツを組み替えるなど昔と変わらない世界があります。そのうえで、どんどん進化しているミニ四駆を目の当たりすると、ワクワク感が尋常じゃないです! 一度体験すると、絶対皆さんも火が付くと思います!
 
今回、初めて憧れのコロコロにまんがを掲載させていただきました。この作品で、ミニ四駆の魅力を少しでも伝えられたらと嬉しいです!
 
――徳井さんの熱い想い、きっと伝わると思います。ありがとうございました!
 


▲「コロコロアニキ2019年夏号」のラジオCMは徳井青空さんが担当! こちらも要注目!!

 


 

「コロコロアニキ2019年夏号」ではジャパンカップ開催記念として、徳井さんのまんがを含めたミニ四駆まんが4本立て大特集!
 
こちらの情報はコロコロオンラインでも公開するので、お楽しみに!!
 
 
 
そして、コロコロオンラインから――
 
 
特大プレゼント企画の実施が決定!
 
 
本記事の最初にある写真で、なぜ徳井さんが懐かしのミニ四駆を抱きしめているのか。
 
この詳細は後日明らかに! 期待して待っていて欲しい!!
 

商品概要
『コロコロアニキ 2019年夏号』
■発売日:2019年7月13日(土)
■価格:667円+税
■公式Twitter:@COROCORO_ANIKI

ミニ四駆の記事 ミニ四駆の記事


もっと見る

オススメの記事(PR)オススメの記事(PR)