• TOP
  • 爆連載 > 【パズドラ】『大塚角満のモンスター美術館』 第23回 多色消しの歴史を作った「ラー」!!
  • TOP
  • 爆連載 > 【パズドラ】『大塚角満のモンスター美術館』 第23回 多色消しの歴史を作った「ラー」!!

【パズドラ】『大塚角満のモンスター美術館』 第23回 多色消しの歴史を作った「ラー」!!

【パズドラ】『大塚角満のモンスター美術館』 第23回 多色消しの歴史を作った「ラー」!!

第23回 「ラー」

公認プレイヤーの大塚角満が、モンスターの思い出やイラストの秘密を語りまくる!
今回はパズドラの歴史を作ったモンスター「ラー」を特集!!

▲超転生ラー

パズドラにはその年代ごとに“トレンド”というものが存在する。
 
歴史を紐解けば、もっとも古いのはヴァンパイアロードの“闇属性4倍パ”。続いて、エンシェントドラゴンナイトの“ドラゴンタイプ6.25倍パ”が来て、“ゼウスの“HP満タン時に攻撃力9倍パ”に至る……のだが、言ってしまえばここまでは“想定内”の流れであった。言い方は悪いが、想像の域を越えない進化だったのである。
 
しかし、まもなく実装された“あるシリーズ”によって、想定内の流れは完全に覆されることになる。
 
パズドラの歴史において、間違いなく5本の指に入るエポックメイキングな出来事--。それは、2012年12月に初登場した“エジプト神”と、それに付随して導入された“多色消し”なのでありますよ!
 
いまでも、当時のことを思い出すよ……。
 
それまでほぼすべてのプレイヤーが、特定の属性のみでパーティーを組む“単色パ”を使っていたのに、イシス、ホルス、ラーが現れた瞬間、複数の属性が入り乱れる超カラフルなパーティー構成に切り替わったときのことを……。
 
このころ、居酒屋で酒を飲んでいるとあちこちから、「ゼウス倒せねえ!!」とか「またゴッドフェス外した!!」なんてパズドラの話題が乱れ飛んでいたものだが、2012年12月から飛び交う単語がエジプト神のそれにすべて切り替わった。
 
「イシス当たった!! やったやった!! 大当たり!!」
「ホルスなんて……使いこなせねぇぇえええ!!!」
とかね(笑)。それくらい、彼らがもたらしたインパクトは絶大だったのです。
 
では、当時のラーがどんな位置づけだったのかというと……コレが完全に“ネタ枠”(苦笑)。
「ホルスの4色消しすらヤバいのに、ラーの5色消しなんて神の領域の動きじゃん!!」
ってのがその理由で、当時の“最大の当たり”は3色消しのイシスだったのだ。

▲ラー
▲太陽神・ラー

実装当時の懐かしのイラスト! 「5色同時攻撃で攻撃力が6倍」というLSは、操作延長なんてものはない当時は、ほぼ不可能(!?)に近い難易度だった! それゆえに数少ない「ラー使い」は、多くのプレイヤーの憧れでもあった!
 
それがいまや……多色消しなんて当たり前で、初心者ですらラーを使いこなすっていうんだから時の流れって恐ろしいですね……。
 
ちなみにラーは前述の通り、エジプト神話に登場する神様で、太陽を司っている。あのバステトはラーの子どもというのだから、世の中わからないものですね。

▲超転生ラー

約6年の時を経て“超転生”を遂げた最新のラー!! 代名詞の「5色同時攻撃」はキープしつつ、トップクラスの性能を持つリーダーへと進化したぞ。
 
今回はここまで!
次回は大人気モンスター「サクヤ」を特集!!

大塚角満(おおつか・かどまん)

1971年9月17日生まれ。元週刊ファミ通副編集長、ファミ通コンテンツ企画編集部編集長。在職中からゲームエッセイを精力的に執筆する“サラリーマン作家”として活動し、2017年に独立。現在、ファミ通Appにて“大塚角満の熱血パズドラ部!”、ゲームエッセイブログ“角満GAMES”など複数の連載をこなしつつ、ゲームのシナリオや世界観設定も担当している。著書に『逆鱗日和』シリーズ、『熱血パズドラ部』シリーズ、『折れてたまるか!』シリーズなど多数。株式会社アクアミュール代表。

 

パズドラ最新情報は「公式運営サイト」をチェック!!
https://pad.gungho.jp/member/

 

大塚角満のモンスター美術館 バックナンバー

▲第1回
「流離・エンシェントドラゴンナイト -REX-」&「伝承・エンシェントドラゴンナイト -REX-」

▲第2回
「紅蓮華の戦士・エキドナ -SARA-」&「紅蓮華の女帝・エキドナ -SARA-」

▲第3回
「冥刃の神王妃・ヘラ -LUNA-」&「夜星の神王妃・ヘラ -LUNA-」

▲第4回
「超転生ハク」

▲第5回
「ゼウス -GIGA-」

▲第6回
「ヴァルキリー -CIEL-」

▲第7回
「アテナ -NON-」

▲第8回
「ライザー」

▲第9回
「ミル」

▲第10回
「ウルド」

▲第11回
「サラスヴァティ」

▲第12回
「バステト」

▲第13回
「シェリング・フォード」

▲第14回
「ヴェルダンディ」

▲第15回
「極醒の執行者・メタトロン」

▲第16回
「超転生メイメイ」

▲第17回
「超転生ミネルヴァ」

▲第18回
「極醒の未来神・スクルド」

▲第19回
「花嫁ルシャナ」

▲第20回
「花嫁パールヴァティー」

▲第21回
「極醒カーリー」

▲第22回
「ガディウス」

 

次回は8/5(月)更新!!

©GungHo Online Entertainment, Inc. All Rights Reserved.

オススメの記事(PR)オススメの記事(PR)