• TOP
  • 爆連載 > 【スプラトゥーン】トッププレイヤー イカすガチ対談マッチ!! あとばる×えとなが語る最新環境&世界大会~3~
  • TOP
  • 爆連載 > 【スプラトゥーン】トッププレイヤー イカすガチ対談マッチ!! あとばる×えとなが語る最新環境&世界大会~3~
スプラトゥーン

【スプラトゥーン】トッププレイヤー イカすガチ対談マッチ!! あとばる×えとなが語る最新環境&世界大会~3~

トッププレイヤー イカすガチ対談マッチ!!
【あとばる×えとな 第3回】

あとばる×えとな対談第3回目!
 
今回はえとな選手所属のGGBOYZが2連覇を達成した、世界大会「Splatoon 2 World Championship 2019」について聞いていくぞ。絶対王者としてアメリカの地に乗り込んだGGBOYZ。その優勝の軌跡を振り返ろう!
 
【YouTube】
Splatoon 2 World Championship 2019 Finals


 
【OPENREC.tv】
E3 2019 任天堂タイトル世界大会 配信(58:00より)

https://www.openrec.tv/live/mlrl2pykn8g
 
えとな選手所属のGGBOYZが日本代表として出場し、北米・欧州・豪州の各代表と世界一の座をかけて争った『Splatoon 2 World Championship 2019』の試合は上のリンクから視聴可能。
 
なお、OPENREC.tvではあとばる選手のチームメイトである2438学園選手がゲストで出演。トッププレーヤーならではの深い解説を聞くことができるぞ!
 

あとばる
驚異的なエイム力を持つカリスマプレーヤー。「第2回スプラトゥーン甲子園」では、不利な状況から相手を次々と倒す神がかり的なプレーを連発し、優勝に大きく貢献。H3リールガンの名手としても知られ、彼の影響でH3リールガンを使い始めたプレーヤーも多いとか。おもな実績は「第2回スプラトゥーン甲子園」優勝、「第4回スプラトゥ-ン甲子園オンライン代表決定トーナメント」優勝など。チームLibalent Calamari(リバレントカラマリ)所属。
えとな
第3回と第4回のスプラトゥーン甲子園連覇&アメリカのE3で開催された世界大会2年連続優勝の最強チームGGBOYZのメンバー。あらゆるブキをトップレベルの実力で使いこなすことのできる卓越したゲームセンスの持ち主で、どのルール・ステージでも柔軟に対応して戦うことができる。常勝軍団GGBOYZの強さを支える、世界最高峰のマルチウェポナーだ。

 

2連覇への期待を背負ったことでプレッシャーも倍増!?

――アメリカで開催された「Splatoon 2 World Championship 2019」では、えとな選手のGGBOYZが優勝しました。昨年に続いて2年連続の世界一ということで、まずは連覇しての率直な感想を教えてください。
えとな:まずは単純に嬉しかったですね。あと、2連覇のプレッシャーというのも相当やばかったので、ちゃんと結果が出せたことの安心感というか、「優勝できてよかった」という気持ちも大きいです。初出場だった去年は、単純に「頑張ろう」って感じだったんですけど、2連覇がかかっているとやっぱり背負うものが違うので。
 
――周囲の期待もより大きくなりますしね。
えとな:そうですね。なので、勝てて嬉しい気持ちと同時に、「よかった」っていう安堵の気持ちもありました。
 
――しかも、前評判だと「スプラトゥーンは日本が強い」って声も多かったです。
えとな:言われていましたね。でも、今年は本当にどのチームも強くて、前情報からみんな強いことがわかっていたので、逆になんでそんなに日本が強いって言えるのかとは思ってました。ホント、プレッシャーでしかないからやめてくれーって(笑)。
 
――確かに言われる側としてはそうなりますよね(笑)。この世界大会に向けてはチームとしてはどういう準備をしていったんですか?
えとな:それこそ(あとばる選手の所属チームである)カラマリさんとかに相手になってもらって、毎晩2時間くらいは練習してました。ただ、練習ではだいたい負けていたので、編成とかも結構考え直したりしましたね。でも、どうしても編成がまとまらないステージもあって、それがコンブトラックのガチホコなんですけど、結局まとまらないまま本番を迎えてしまって、ジェットスイーパーカスタム2枚っていう迷走感のある編成で行って、まんまと負けてしまったという。
 


▲Twitterでも話題となった、ジェットスイーパーカスタム2枚編成。ある意味、攻めた編成だったが……。
(Splatoon 2 World Championship 2019 Finals 11:36より引用)

 
――あそこでジェットスイーパーカスタム2枚編成を出したのはそういうことだったんですね。
えとな:そうです。だから、自分たちでもどうなるか予想がつかなかったですね。まあ、結果はボロ負けでしたけど。
 
――世界大会は2年連続の出場となりましたが、甲子園とかと比べて会場の雰囲気や大会前の緊張感というのは違ったりしますか?
えとな:やっぱり海外の方がノリがめちゃめちゃいいですね。たとえば、試合が残り10秒とかになったときに、観客から「テン、ナイン、エイト」って掛け声が起きたりとか。日本だとそういうのはないので、そのあたりの雰囲気というかノリの違いは感じましたね。
 
――あとばる選手も以前、世界大会に出場したときに「海外の観客はノリがいい」みたいな話をしていましたもんね。
あとばる:だいぶノリがいいですね。なんていうか、一緒に盛り上がろうという感じが強いですね。
 
――プレーヤーとしては観客のノリがいいほうが、テンションも上がってやりやすい?
えとな:どうなんだろう。勝っているときだったら最高なんですけど、負けているときのカウントダウンとか本当やめてくれー!ってなっちゃう(笑)。
 


▲(Splatoon 2 World Championship 2019 Finals 16:33より引用)

 
――焦りが生まれる?
えとな:やっぱ、やってる側としては「まだまだ時間はあるから、落ち着いていけば逆転できる」って思うんですよ。でも、掛け声で「テン、ナイン、エイト……」って言われると、それがすごいプレッシャーになるというか。そういう部分はありますね。
 
 

次のページへ!!(1/2)

12

スプラトゥーンの記事 スプラトゥーンの記事


もっと見る

オススメの記事(PR)オススメの記事(PR)