• TOP
  • 爆連載 > デュエマ妄想構築録 vol.13-5 〜番外編:蔵出し没デッキ集!〜
  • TOP
  • 爆連載 > デュエマ妄想構築録 vol.13-5 〜番外編:蔵出し没デッキ集!〜
デュエル・マスターズ

デュエマ妄想構築録 vol.13-5 〜番外編:蔵出し没デッキ集!〜

3. ブラッディミッツァイル

《BAKUOOON・ミッツァイル》が抱えるテンポの問題を「ゼロ」により突破する……「マノミッツァイル」は挫折したものの、新デッキの構築に向けてそれ自体は有力なテーマに思えた。
 
要は《超宮兵 マノミ》を選んだから失敗したのだ。《超宮兵 マノミ》を最もうまく使えるのは青単ムートピアに決まっている。ならば、他の「ゼロ」ならばどうだろうか?

▲デュエマ「夢の最&強!!ツインパクト超No.1パック」収録、「魔光騎聖ブラッディ・シャドウ」

《魔光騎聖ブラッディ・シャドウ》。これなら《超宮兵 マノミ》と違って呪文1回でG・ゼロ条件を達成できる上に色も異なるため、青単ムートピアが最適解となることもない。

神秘と創造の石碑
カードの種類:呪文
文明:光/自然
コスト:3マナ
マナ:1
特殊能力:
■マナゾーンに置く時、このカードはタップして置く。
■このターン、自分のクリーチャーを召喚した時、自分の山札を見る。その中から、召喚したクリーチャーと同じ名前のカードを1体選び、バトルゾーンに出してもよい。その後、山札をシャッフルする。
 
収録パック:DM11 聖拳編 第2弾「無限軍団の飛翔」

さらにG・ゼロ条件達成のための呪文を《神秘と創造の石碑》にすることで、S・トリガーをケアする奇跡のダブルミッツァイルが可能となるのではないか。
 
この発想を形にすべく、早速私はデッキを仮組みしてみることにした。
 
『脳内デッキ』

枚数
カード名
4
《BAKUOOON・ミッツァイル》
4
《桜風妖精ステップル》
4 《薫風妖精コートニー》
4
《妖精の裏技ラララ・ライフ》
4
《超宮兵 マノミ》
4 《ナゾの光・リリアング》
4
《ジャスト・ラビリンス》
4 《♪銀河の裁きに勝てるもの無し》
4 《神秘と創造の石碑》
4 《魔光騎聖ブラッディ・シャドウ》
超GRゾーン
2 《ドドド・ドーピードープ》
2 《鋼ド級 ダテンクウェールB》
2 《フォー・ユー》
2 《ツタンメカーネン》
2 《ポクタマたま》
2 《モック・ザメシュ》

 

こんなん回るわけねーだろ!
 
テンポをぶっちぎろうと様々な「ゼロ」をかき集めた結果、ストレージの中身をそのまま引っ掴んで持ってきたかのような紙束が完成してしまった。一応一人回しはしたものの、あらゆる角度で回らないことは確認済みである。
 
やはりここは少しでも欲望を抑え、《魔光騎聖ブラッディ・シャドウ》と同じ文明でリソースとテンポの問題を解決しうるカードを探してくるべきだろう。

▲超天篇 第2弾
「青きC.A.P.と漆黒の大卍罪」収録、
「音奏 シャンタン」
▲新1弾
「ジョーカーズ参上!!」収録、
「ジャスト・ラビリンス」

《音奏 シャンタン》は他の光のクリーチャーをタップするという条件さえクリアすればわずか2マナでGR召喚できるため、3ターン目に3・4体目のクリーチャーを出しながら1マナ余らせる挙動を実現することが可能であり、リソース・テンポ両面で優れたカードである。
 
また、《ジャスト・ラビリンス》も2マナという軽さでリソースを補充できるカードであり、《魔光騎聖ブラッディ・シャドウ》を引き込みつつ《BAKUOOON・ミッツァイル》のためのマナを残せる点で有用と言えよう。
 
こうしできあがったのが、こちらの「ブラッディミッツァイル」だ!
 
『ブラッディミッツァイル』

枚数
カード名
4
《BAKUOOON・ミッツァイル》
4
《ナゾの光・リリアング》
4 《魔光騎聖ブラッディ・シャドウ》
4
《ジャスト・ラビリンス》
4
《予言者クルト》
4 《希望の親衛隊ラプソディ》
4
《♪銀河の裁きに勝てるもの無し》
4 《音奏 シャンタン》
4 《赤攻銀 サハラン/レッド・マジック》
4 《???》
超GRゾーン
2 《ドドド・ドーピードープ》
2 《鋼ド級 ダテンクウェールB》
2 《グッドルッキン・ブラボー》
2 《フォー・ユー》
2 《ポクタマたま》
2 《催眠の意思 レンブラ》

 

(一人回しをしながら) うーん、なんかまだ違和感があるんだよな。多色が濁りやすいから、ここをもう少し……
 
できた!
 
『全力ミッツァイル』

枚数
カード名
4
《BAKUOOON・ミッツァイル》
4
《ナゾの光・リリアング》
4 《ジャスト・ラビリンス》
4
《ヘブンズ・フォース》
4
《転々のサトリ ラシャ》
4 《予言者クルト》
4
《黙示賢者ソルハバキ》
4 《音奏 シャンタン》
4 《花美師ハナコ》
2 《斬斬人形コダマンマ》
1 《”轟轟轟”ブランド》
1 《禁断 〜封印されしX〜》
超GRゾーン
2 《ドドド・ドーピードープ》
2 《鋼ド級 ダテンクウェールB》
2 《グッドルッキン・ブラボー》
2 《フォー・ユー》
2 《ポクタマたま》
2 《催眠の意思 レンブラ》

 

あ、《魔光騎聖ブラッディ・シャドウ》抜けたわ。
 
〜完〜
 

4. 恵みツインパクト

超天篇第2弾の発売により、1マナ呪文を下側に持ったツインパクトカードが環境に増加することとなった。

▲超天篇 第2弾
「青きC.A.P.と漆黒の大卍罪」収録、
「虹色妖精ポミリン/
レイニー・アトラス」
▲超天篇 第2弾
「青きC.A.P.と漆黒の大卍罪」収録、
「終端の闇 ウゴカ・ザルコ/
再誕の輝き」

そしてそれにより、とあるカードの活躍の可能性が密かに広がっていたのである。

偉大なる恵み
カードの種類:呪文
文明:自然
コスト:4マナ
マナ:1
特殊能力:
S(シールド)・トリガー(このカードをシールドゾーンから手札に戻すとき、コストを支払わずにすぐ使ってよい)
■クリーチャーを3体まで、自分の墓地からマナゾーンに置く。
 
収録パック:DM20 不死鳥編 第2弾「魔闘竜×機兵団」

《偉大なる恵み》。
 
墓地のクリーチャーカードを一気に3枚もマナに置けるこのカードは、4マナから3ブーストという規格外のブースト性能を持つ。
 
だが4ターン目までにクリーチャーを3枚も墓地に落とすのは通常の方法では難しいところ、1マナ呪文を下側に持ったツインパクトカードならば、呪文を打っているだけで勝手に墓地にクリーチャーが溜まるため、《偉大なる恵み》のスペックを最大限引き出すことが可能となるのだ。
 
こうしてできあがったのが、こちらの「恵みツインパクト」だ!
 
『恵みツインパクト』

枚数
カード名
4
《偉大なる恵み》
4
《レレディ・バ・グーバ / ツインパクト・マップ》
4 《イチゴッチ・タンク/レッツ・ゴイチゴ》
4
《コンダマ / 魂フエミドロ》
4
《卍 ギ・ルーギリン 卍 / 卍獄ブレイン》
4 《虹色妖精ポミリン/レイニー・アトラス》
4
《終端の闇 ウゴカ・ザルコ/再誕の輝き》
4 《サイバー・K・ウォズレック/ウォズレックの審問》
4 《天地命動 バラギアラ/輪廻暴冥》
2 《黒豆だんしゃく/白米男しゃく》
2 《水上第九院 シャコガイル》

 

これ普通のバラギアラでよくね?
 
〜完〜
 
……新デッキへの道のりはかくも険しいものだ。
 
だが、冒頭でも書いたとおり。こういった挑戦が将来何らかの伏線となり、画期的な新デッキの礎となるかもしれないのだ。
 
読者の皆さんも、徒労を恐れずにどんどんとデッキ作りに挑戦してみて欲しい。
 
ではまた次回!

ライター:まつがん
フリーライター。クソデッキビルダー。
論理的な発想でカード同士にシナジーを見出すのだが、途中で飛躍して明後日の方向に行くことを得意とする。
オリジナルデッキでメタゲームに風穴を開けるべく日夜チャレンジを続けている(が、上記のような理由で大体失敗する)。

デュエマ妄想構築録vol.12バックナンバー
デュエマ妄想構築録 vol.12-1 〜ぶちかませ、167ブレイク!〜
デュエマ妄想構築録vol.13バックナンバー
デュエマ妄想構築録 vol.13-1 〜マナから出しまくり!エモデンジャー覇道!!〜
 デュエマ妄想構築録 vol.13-2 〜オーラ連鎖!チキチキジュデ・ルーカ!〜
デュエマ妄想構築録 vol.13-3 〜超ハイスペックGR獣、《マリゴルドⅢ》登場!〜
デュエマ妄想構築録 vol.13-4 〜GR新時代!アルティマリゴルド・デ・ミール!!〜

 

次回は8/23(金)更新!!

 

123

デュエル・マスターズの記事 デュエル・マスターズの記事


もっと見る

オススメの記事(PR)オススメの記事(PR)