• TOP
  • 爆連載 > 【フォートナイト】「CrazyRaccoonの100%ビクロイしないと!」第22回「『来年はリベンジをしたい』世界の舞台を知ったTAKAMURAMMに聞く、世界への課題と今後の目標」後編
  • TOP
  • 爆連載 > 【フォートナイト】「CrazyRaccoonの100%ビクロイしないと!」第22回「『来年はリベンジをしたい』世界の舞台を知ったTAKAMURAMMに聞く、世界への課題と今後の目標」後編

【フォートナイト】「CrazyRaccoonの100%ビクロイしないと!」第22回「『来年はリベンジをしたい』世界の舞台を知ったTAKAMURAMMに聞く、世界への課題と今後の目標」後編

【フォートナイト】「CrazyRaccoonの100%ビクロイしないと!」第22回「『来年はリベンジをしたい』世界の舞台を知ったTAKAMURAMMに聞く、世界への課題と今後の目標」後編

まずは競技人口が必要不可欠

——ワールドカップを終えて、世界のレベルを肌で感じたわけですが、今後世界の舞台で日本が活躍していくには何が必要だと思いますか。
 
TAKAMURAMM:
アジアや日本のレベルが低いとは決して思ってはいないのですが、間違いなく世界のレベルは高いです。今後もっと日本が活躍するには、第一に競技人口を増やしていくことが大切で、第二に練習環境を整えていく必要があるんじゃないかなと思っています。
 
特に競技人口は絶対だと思います。プレイヤー自体は多いのですが、競技シーンに興味を持ってくれるプレイヤーや、参加してくれるプレイヤーというのは少ないのが現状です。これは日本だけではなくアジア全体でも同様です。ここが増えていくことで、世界的に活躍できるプレイヤーも増えていくはずです。

——競技人口が増えるからこそ、練習環境が整うと。
 
TAKAMURAMM:
僕はそう思っています。対戦相手に困らない状態になれば、そこで初めて練習環境の基礎部分が整います。ハイレベルなスクリムを実現するには、必要不可欠なのは競技人口です。ヨーロッパやアメリカのハイレベルなスクリムが実現しているのは、地域全体の競技人口の多さが根底にはあるんじゃないかと思ってます。アジアという地域でも競技人口が増えれば、そういうハイレベルなスクリムを実現するのは可能だと考えてます。
 
じゃあ競技人口を増やすにはどういう行動が必要なのか、となると凄く難しいですけど……。僕自身ができることは限られていますが、まずはプロとして活躍する姿を見せつけ、配信や動画を通してフォートナイトの競技シーンの面白さを伝えていくことが出来ればと思っています。

——次のワールドカップや、今後の競技シーンで活躍しそうな注目の日本人プレイヤーはいらっしゃいますか?
 
TAKAMURAMM:
国内プレイヤーでしたら、間違いなくRiddleのぼぶくんです。パッドプレイヤーの中ではアジアトップのプレイヤーです。エイムも良くて、建築も早く、敵にしたら厄介だなと思ってます。彼はCrazy Raccoonじゃないので、今後競技シーンで戦う時が来ると思うのですが、個人的には絶対に戦いたくないです。それくらい強いプレイヤーですね。
 
——もし「世界で活躍したい!」という後続のプレイヤーに対してアドバイスをするなら、TAKAMURAMM選手はどのようなアドバイスをしますか。
 
TAKAMURAMM:
もし本当にワールドカップに行ったり、そこで活躍したいと考えているなら、人一倍練習をするしかありません。
ソロアリーナをたくさん回す。普通のマッチをたくさん回す。練習になるかどうか分からなくても、まずは量を重ねる。そういったところで差をつけていくのが大切です。人一倍フォートナイトをたくさんする、それを心がけてください。
 
そして人一倍練習をする中で並行して重要なのが、プロプレイヤーの動きを参考にすることです。適当な練習を重ねるだけではなく、理想とする動きをイメージしながら練習をすることも大切です。

——TAKAMURAMM選手の今後の目標について教えてください。
 
TAKAMURAMM:
まずは8/17から始まるFORTNITEチャンピオンシリーズで実績を残すことです。
あとゆくゆくは来年のワールドカップですね。そこに出場したいなと。今年のリベンジを是非とも果たしたいと思ってます。
 
今年はソロ部門で出場しましたが、来年はデュオやソロ、今後のEpic次第ではトリオなども可能性としてはあり得ると予測しているので、全ての部門でチャレンジしたいと考えてます。僕が尊敬しているプレイヤーであるMongraalもソロとデュオで活躍していましたし、自分の可能性に区切りは付けたくないですね。
 
そしてそれを実現するための練習に関しては、逆に今まで通りやっていこうと思ってます。大舞台を経験したことで大きな改善点を見つけたわけではなく、むしろ「今までやってきたことは間違っていないんだ」と確信を持ちました。これを継続していくことが何よりも大切で大変なことだと考えているので、今まで通りの練習量とクオリティを継続していくことにフォーカスしようと思ってます。

▲引用:本人 Twitter

——今後のTAKAMURAMM選手の活躍を期待しております。本日はインタビューありがとうございました!

TAKAMURAMM:
プロゲーミングチーム「Crazy Raccoon」所属のプロゲーマー。日本人では入賞不可能だと思われていた「Fortnite World Cup」ソロモードのアジア枠を、その身一つで手に入れた。
●YouTubeチャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCA0DY-BEMXg8wfOs3J_aXKQ
●Twitter
https://twitter.com/Rur_mm
ライター:gappo3
プロゲーミングチーム「Green Leaves」に所属し、ライターを兼任。選手に寄り添うインタビューをモットーに、丁寧に選手の一面を描いていきます。
●Twitter
https://twitter.com/gappo3gappo3

 


プロゲーミングチーム「Crazy Raccoon」にコロコロチャンネルがスポンサーとして参入!

詳しくはこちらの記事をチェックだ!

Crazy Raccoonのユニフォームにコロチャンロゴ!? コロコロチャンネルがプロゲーミングチーム‟Crazy Raccoon”のスポンサーに参入!

 

「Crazy Raccoonの100%ビクロイしないと!!」 バックナンバー

▲第1回
「うゅりる降臨!!」

▲第2回
「うゅりる氏によるテクニック講座!前編」

▲第3回
「うゅりるによるテクニック講座!後編」

▲第4回
「うゅりるによるスーパープレイ大公開!!」

▲第5回
「スゴ腕のプロゲーマー・とっぴーさんが登場!!」

▲第6回
「プロゲーマー・とっぴーさんにいろんな質問をしてみた!」

▲第7回
「プロゲーマー・リズアートさんに直撃インタビュー!」

▲第8回
「ESL」でリズアートさんを襲った衝撃な展開とは!?

▲第9回
「これまでの連載を振り返り!!」

▲第10回
「ワールドカップ予選1位のベル&スカーレットが登場!!」

▲第11回
「ベルさん&スカーレットさんの原点とは? 2人の真髄に迫る!!」

▲第12回
「互いが認め合う、ベルスカの絆と実力!!」

▲第13回
「プロゲーマー・ベル&スカーレットの意外な一面に迫る!!」

▲第14回
「ソロの申し子、期待の新星TAKAMURAMM!」

▲第15回
「唯一無二のソロの帝王、『勝ち切る』プレイヤーTAKAMURAMM!」

▲第16回
「ソロの怪物Maufinとソロの帝王TAKAMURAMM、奇跡の世代をダブルインタビュー!」〈前編〉

▲第17回
「ソロの怪物Maufinとソロの帝王TAKAMURAMM、奇跡の世代をダブルインタビュー!」〈後編〉

▲第18回
「デュオの鬼才Scarlet、ワールドカップ直前インタビュー!大会への意気込みを聞く」

▲第19回
「200万人以上が視聴!「フォートナイトワールドカップ」を振り返る」

▲第20回
「200万人以上が視聴!「フォートナイトワールドカップ」を振り返る」ソロ決勝戦

▲第21回
「『来年はリベンジをしたい』世界の舞台を知ったTAKAMURAMMに聞く、世界への課題と今後の目標」前編

 

12

オススメの記事(PR)オススメの記事(PR)