• TOP
  • 爆連載 > デュエマ妄想構築録 vol.14-1 ~デュエマを否定しろ!?運だけカウンター戦略!~
  • TOP
  • 爆連載 > デュエマ妄想構築録 vol.14-1 ~デュエマを否定しろ!?運だけカウンター戦略!~
デュエル・マスターズ

デュエマ妄想構築録 vol.14-1 ~デュエマを否定しろ!?運だけカウンター戦略!~

2. 運だけエイエイオールデリート改

「運だけ」デッキの最たるものと言えば、S・トリガーで出した《アクア・スペルブルー》から《オールデリート》をめくることだろう。

▲革命ファイナル「輝け!デュエデミー賞パック」収録、「オールデリート」

かつての「エイエイオールデリート」では《遣宮使 ネオンクス/ネオ・ブレイン》を含めても18枚しかS・トリガーが入っていなかったため、カミカミ王子の《ヘビー級ヘビー》に殴りきられてしまったが、さらにS・トリガーを増量することで、「運だけ」要素をパワーアップすることができないか。
 
そう、たとえばチラ見せされていた超天篇第3弾に収録予定のこのカードなどによって。

▲超天篇第3弾「零誕! 魔神おこせジョルネード1059!!」収録、「テンマ・ジャオー/モメッティ・アサーチ」

《テンマ・ジャオー/モメッティ・アサーチ》。
 
自身がS・トリガー持ちでありながら《音感の精霊龍 エメラルーダ》同様にS・トリガーを暴発させることができるこのカードは、これまでいまいち積極性に欠けていた「エイエイオールデリート」において救世主となりうるスペックを秘めている。
 
なぜなら、ひとたび始まったシャッフルの連鎖を止めない可能性があることこそが、このデッキにおけるカード採用の最大の理由となるからだ。
 
というわけで、こちらができあがった「運だけエイエイオールデリート改」だ。
 
『運だけエイエイオールデリート改』

枚数
カード名
1
《禁断 ~封印されしX~》
1
《フォース・アゲイン》
4 《テンマ・ジャオー/モメッティ・アサーチ》
4
《ミステリー・キューブ》
1
《ホーガン・ブラスター》
1
《ポジトロン・サイン》
4 《サイバー・I・チョイス》
4 《アクア・スペルブルー》
4 《聖闘の精霊龍 セイント・カイザー/ライブラ・シールド》
1 《目的不明の作戦》
4 《遣宮使 ネオンクス/ネオ・ブレイン》
4 《エイエイオー》
3 《カブトリアル・クーガ/ミステリー・ディザスター》
4 《オールデリート》

 
 

超CSⅢでも猛威を振るった《SSS級天災 デッドダムド》に対抗するためには、そもそも盤面を使わないデッキであるということが一つの解法だ。《禁断機関 VV-8》による追加ターンが実質的なS・トリガー封じとなっているというのなら、S・トリガーで《オールデリート》を踏ませてしまえばいい。
 
ただ、現段階では《アクア・スペルブルー》と《ミステリー・キューブ》、両方の「当たり」になるようなS・トリガー持ちのツインパクトが若干足りていない感があるのもまた事実ではある。
 
本当は《オールデリート》以外はすべてS・トリガーにできるよう、《カブトリアル・クーガ/ミステリー・ディザスター》すらもデッキから抜きたいところなので、今後《オールデリート》や《アクア・スペルブルー》につながりうるようなツインパクトのS・トリガーが新たに出てくることに期待しよう。
 
ちなみに、《オールデリート》デッキの中でも《トライガード・チャージャー》からの《ラッキー・ダーツ》といった「運だけ」に頼らず確実に唱えにいく形を「理論派オールデリート」と呼ぶそうなので、逆に「運だけ」に頼ったこの形は (相手の感情を逆撫でするという意味で) 「感情派オールデリート」と呼ぶことにしたい。
 

次のページへ!!(2/3)

123

デュエル・マスターズの記事 デュエル・マスターズの記事


もっと見る

オススメの記事(PR)オススメの記事(PR)