• TOP
  • 爆連載 > デュエマ妄想構築録 vol.14-1 ~デュエマを否定しろ!?運だけカウンター戦略!~
  • TOP
  • 爆連載 > デュエマ妄想構築録 vol.14-1 ~デュエマを否定しろ!?運だけカウンター戦略!~
デュエル・マスターズ

デュエマ妄想構築録 vol.14-1 ~デュエマを否定しろ!?運だけカウンター戦略!~

3. 運だけカウンターバレットスロットン

運だけエイエイオールデリート改」を作ってみて思ったことは、「相手のターンに何かすごいことをする」といっても、S・トリガーで切り返すだけだと40トリガービートの回とやってること大して変わらんな?ということであった。となるとやはり、S・トリガー以外で相手のターンにできることを見つけねばならない。
 
そう思ったとき、頭の中に浮かんだのはこのカードだった。

▲新2弾「マジでB・A・Dなラビリンス!!」収録、「バレット・ザ・シルバー」

《バレット・ザ・シルバー》。相手が1ターンに3体のクリーチャーを召喚していればという厳しい条件があるものの、相手のターンの終わりに出てきてさらに登場時と攻撃時にジョーカーズを踏み倒せるという凄まじいバリューが生まれるカードである。
 
極論このカードが出るだけでも相当の「運だけ」なのだが、ここにさらに「運だけ」要素を足せないか。

▲双極篇第2弾
逆襲のギャラクシー 卍・獄・殺!!」収録
「キング・ザ・スロットン7
/7777777」
▲デュエル・マスターズ
「新時代フルコンプリートBOOK2」
プロモカード
「キング・ザ・スロットン」

そういえば運ゲーの象徴みたいなやつらがいたわ。

《バレット・ザ・シルバー》から《キング・ザ・スロットン7/7777777》か《キング・ザ・スロットン》につながれば、さらなる大連鎖も期待できる。

▲「夢の最&強!!
ツインパクト超No.1パック」収録
「名犬機ワンコピー/
101匹コピット大冒険」
▲新4弾
「誕ジョー!マスタードラゴン!!
~正義ノ裁キ~」収録、
「最終兵ッキー」

ここに《名犬機ワンコピー/101匹コピット大冒険》と《最終兵ッキー》まで足せば、運だけスロットはジャックポット間違いなしだ。
 
こうしてできあがったのがこちらの「運だけカウンターバレットスロットン」だ!
 
『運だけカウンターバレットスロットン』

枚数
カード名
4
《タイク・タイソンズ》
4
《メイプル超もみ人》
4 《最終兵ッキー》
4
《ソーナンデス》
4
《メラビート・ザ・ジョニー》
4
《キング・ザ・スロットン7/7777777》
4 《キング・ザ・スロットン》
4 《バレット・ザ・シルバー》
4 《名犬機ワンコピー/101匹コピット大冒険》
4 《伝説の決闘者》

 
 

デュエマをする気がなさすぎる。
 
S・トリガーも紙装甲同然なので、《バレット・ザ・シルバー》の条件が満たせなければほぼセミ確定である。
 
一応運がよければ8体くらいクリーチャーが並んだ上で《メラビート・ザ・ジョニー》で相手のクリーチャーが全部吹き飛んだりするが、そもそも相手がクリーチャーを3体召喚してこない場合は、頑張って《タイク・タイソンズ》《メイプル超もみ人》から《ソーナンデス》につなげて何とかしよう。
 
……さて、ここまでやってわかったことは、「相手のターンに何かすごいことを起こそう」と頑張って正統なデュエル・マスターズを否定してみたところで、相手のターンにできることには限界があるということである。
 
つまり何が言いたいのかというと、相手に一切依存しない条件で相手ターン中の行動が可能になるため、その限界をやすやすと飛び越えてくる《ジョリー・ザ・ジョルネード》は超すごいぞということだ。一か月後に迫った超天篇第3弾の発売を、ぜひ楽しみにしていて欲しい。
 
ではまた次回!

ライター:まつがん
フリーライター。クソデッキビルダー。
論理的な発想でカード同士にシナジーを見出すのだが、途中で飛躍して明後日の方向に行くことを得意とする。
オリジナルデッキでメタゲームに風穴を開けるべく日夜チャレンジを続けている(が、上記のような理由で大体失敗する)。

デュエマ妄想構築録vol.13バックナンバー
デュエマ妄想構築録 vol.13-1 〜マナから出しまくり!エモデンジャー覇道!!〜
 デュエマ妄想構築録 vol.13-2 〜オーラ連鎖!チキチキジュデ・ルーカ!〜
デュエマ妄想構築録 vol.13-3 〜超ハイスペックGR獣、《マリゴルドⅢ》登場!〜
デュエマ妄想構築録 vol.13-4 〜GR新時代!アルティマリゴルド・デ・ミール!!〜
デュエマ妄想構築録 vol.13-5 〜番外編:蔵出し没デッキ集!〜

 

次回は8/30(金)更新!!

 

123

デュエル・マスターズの記事 デュエル・マスターズの記事


もっと見る

オススメの記事(PR)オススメの記事(PR)