• TOP
  • 爆連載 > 【スプラトゥーン】トッププレイヤー イカすガチ対談マッチ!! 第4回
  • TOP
  • 爆連載 > 【スプラトゥーン】トッププレイヤー イカすガチ対談マッチ!! 第4回
スプラトゥーン

【スプラトゥーン】トッププレイヤー イカすガチ対談マッチ!! 第4回

トッププレイヤー イカすガチ対談マッチ!!

あとばる×ゆっきー<4>

毎回イカしたプレイヤーを招き、大会で勝つための戦術や上手くなるためのポイントを聞きマクールテンタクールなコーナー。底抜けにウマいプレイヤーたちは、いったいどんな思考で『スプラトゥーン2』をプレーしているのか? これを読めばキミもトッププレイヤーになれるかも!?

あとばる
驚異的なエイム力を持つカリスマプレイヤー。「第2回スプラトゥーン甲子園」では、不利な状況から相手を次々と倒す神がかり的なプレーを連発し、優勝に大きく貢献。H3リールガンの名手としても知られ、彼の影響でH3リールガンを使い始めたプレイヤーも多いとか。おもな実績は「第2回スプラトゥーン甲子園」優勝、「第3回スプラトゥ-ン甲子園オンライン代表決定トーナメント」準優勝など。チームLibalent Calamari所属。
ゆっきー
『スプラトゥーン』の勝ち方を知る理論派プレイヤー。その視野の広さと、状況判断能力の高さはスプラトゥーン界でも随一で、玄人たちの間では「第2回スプラトゥーン甲子園優勝のMVPはゆっきー」との声も多い。今年開催された「RAGE Splatoon2 Extreme」でも見事に優勝を果たすなど、いま最も注目されているプレイヤーのひとり。

 

これまで3回に渡ってお届けしてきた名言連発のあとばる×ゆっきーガチ対談。やはりまだまだ聞き足りない、ということで延長戦を要請したところ、快く応じていただき、急遽続行が決定した。ふたりのメインブキであるプライムシューターコラボとロングブラスターを使う際のポイントや、苦手な人も多いであろうローラー&マニューバー対策についてアレコレ聞いてみたぞ。

無意味な射撃をしないのがブラスター達人になるコツ!

――ここから延長戦ということでブキのお話を中心にうかがっていきます。よろしくお願いします! さて、あとばるさんはプライムシューターコラボをメインで使用されていますが、プライムシューターコラボを使うときのポイントや意識していることはなんでしょうか。

あとばる:プライムシューターコラボは中射程のブキなんですけど、基本的には長射程ブキと短射程ブキの間を繋げるのが中射程ブキの役割かなと思っています。
 短射程と長射程の間に中射程ブキを置くことで、味方全員が孤立せずに1本で繋がるようにするというか、味方同士の距離感のバランスを取る動きというのは意識していますね。とくに味方の長射程ブキがやられないように、裏取りをしてくる敵のケアというところは気を使っている部分ですね。

――プライムシューターコラボの強みはどんなところでしょうか?
あとばる:バブルランチャーが強いのと、キューバンボムを持っているところですね。味方の前線組がやられた場合、自分が最前に立って敵を食い止めていくことになるんですけど、そういう局面でバブルランチャーがあると「盤面を取る」「キルを取る」ということが一気にできちゃう。
 あと、キューバンボムはスプラッシュボムに比べると速攻のキルは取れないんですけど、置いておくだけで通路を封鎖できるし、塗りもできるしってことで、僕の中では中射程ブキを持つんだったら一番いいというか、自分のやりたい中射程ブキの立ち回りに一番合っているサブウェポンですね。

――ゆっきーさんはロングブラスターをメインで使用されています。立ち回りではどんなところを意識していますか?

ゆっきー:ロングブラスターはクセのあるトガったブキなので、自分の強みを活かしていけるような立ち回りをすることを意識しています。
 具体的には地形を使うということなんですけど、たとえば平坦で一直線のところは敵に詰められやすいので、そういう場所に行くなら詰められてもいいような立ち回りをするべきですし、自分が一方的に有利に立てるような場所には積極的に位置取りしていくべきです。
 あとは、自分が不利だなと思ったら味方のカバーに徹するといったように、逃げるときと突っ張るときの判断が大事ですね。

次のページへ!!(1/3)

123