• TOP
  • 爆連載 > デュエマ妄想構築録 vol.15-2 ~《ジョリー・ザ・ジョルネード》で遊ぼう!(後編)~
  • TOP
  • 爆連載 > デュエマ妄想構築録 vol.15-2 ~《ジョリー・ザ・ジョルネード》で遊ぼう!(後編)~
デュエル・マスターズ

デュエマ妄想構築録 vol.15-2 ~《ジョリー・ザ・ジョルネード》で遊ぼう!(後編)~


By まつがん

▲超天篇第3弾「零誕! 魔神おこせジョルネード1059!!」収録、「ジョリー・ザ・ジョルネード」

さて、前回は《ジョリー・ザ・ジョルネード》を使って3種類のデッキを組んでみたはいいが、いまいち《ジョリー・ザ・ジョルネード》の力を発揮させきることができなかったというところで終わってしまっていた。
 
ということで、今回も懲りずに様々な可能性に挑戦してみよう。
 

4. さすがにないだろうと思っても試してみる

「GRクリーチャーがジョーカーズであればS・トリガー持ちのGR召喚呪文を使っても問題ない」というのが前回得た学びだった。
 
ならば発想を一歩先に進めて、オレガ・オーラからGR召喚したクリーチャーで 《ジョリー・ザ・ジョルネード》を出してもいいのではないだろうか?

▲超天篇第3弾「零誕! 魔神おこせジョルネード1059!!」収録、「*/弐幻ポコピー/*」

超天篇第3弾に収録されている《*/弐幻ポコピー/*》は、1枚で2回のGR召喚が可能なオレガ・オーラだ。
 
ここから《鋼ド級 ダテンクウェールB》や《The ジョラゴン・ガンマスター》といったジョーカーズのGR獣をGR召喚する構成にすることで、相手の意表を突いたオレガ・オーラ軸の《ジョリー・ザ・ジョルネード》デッキが組めるのだ。
 
もちろんただ奇抜というだけでもなく、この構成にもGR召喚に用いたオレガ・オーラはマスターJトルネードで手札に戻して再利用できるという一定の理はある。
 
というわけで、できあがったのがこちらの「オーラジョルネード」だ。
 
『オーラジョルネード』

枚数
カード名
4
《*/零幻チュパカル/*》
4
《*/零幻トリムナー/*》
4 《*/弐幻ポコピー/*》
4
《幽具ランジャ》
4
《幽影モンス・ピエール》
4
《*/弐幻ケルベロック/*》
4 《*/弐幻ニャミバウン/*》
4 《ジョリー・ザ・ジョルネード》
4 《罪罰執行 ジョ喰ンマ》
4 《スゴ腕プロジューサー/りんご娘はさんにんっ娘》
超GRゾーン
2 《鋼特Q ダンガスティックB》
2 《鋼ド級 ダテンクウェールB》
2 《ジェイ-SHOCKER》
2 《せんすいカンちゃん》
2 《The ジョラゴンGS》
2 《The ジョラゴン・ガンマスター》

 

これジョルネードいる?(2回目)
 
ていうか一番の問題は、《*/弐幻ポコピー/*》出して《The ジョラゴン・ガンマスター》がGR召喚されたら《ジョリー・ザ・ジョルネード》構えてるのが2秒でバレるという点にある。策士策に溺れるとはまさしくこのことである。
 
またしても挫折した私は、また新たなコンセプトに可能性を見出しにいくのであった。
 

5. おもむろに最速を狙ってみる

どんなコンセプトでも、「最速」には常に価値がある。
 
コンセプトが成立するターンが早ければ早いほど、妨害の可能性が少なくなるからだ。つまるところ、速さとはそれすなわち正義とすら言える。
 
では、《ジョリー・ザ・ジョルネード》を最速で着地させるにはどうすればいいだろうか?

▲新4弾
「誕ジョー!マスタードラゴン!!
~正義ノ裁キ~」収録、
「ニクジール・ブッシャー」
▲スタートデッキ
「ジョーカーズ・
弾銃炸裂・スタートデッキ」
収録、「シャダンQ」

《ニクジール・ブッシャー》は元となるクリーチャーさえ用意できれば0マナで6マナのジョーカーズを用意できる。さらにコスト5以上のジョーカーズがいればG・ゼロで出せる《シャダンQ》を添えれば、最速2ターン目に《ジョリー・ザ・ジョルネード》で殴りにいけるのだ。

▲超天篇第3弾
「零誕!
魔神おこせジョルネード1059!!」
収録、「トムのゼリー」
▲超GRメガスタートデッキ
「ジョーの
超ジョーカーズ旋風」
収録、「ザババン・ジョーカーズ」

もちろん「1マナクリーチャー+《ニクジール・ブッシャー》+《シャダンQ》+《ジョリー・ザ・ジョルネード》」と、要求値もまた生半可なものではない。
 
だが《トムのゼリー》は1マナクリーチャーでありながらバトルゾーンを離れる時にドローを供給してくれるし、《ザババン・ジョーカーズ》のような水文明の優秀な軽量ドローも誕生した今ならば、これほどの要求値でも苦にならないはずだ。
 
というわけで、これが「1ターン目に準備、2ターン目に勝つ」という誰もが夢見た理想の動きを実現するデッキ、「ターボジョルネード」だ!
 
『ターボジョルネード』

枚数
カード名
4
《ザババン・ジョーカーズ》
4
《メラメラ・ジョーカーズ》
4 《ジョジョジョ・ジョーカーズ》
4
《トムのゼリー》
4
《花美師ハナコ》
4
《ニクジール・ブッシャー》
4 《シャダンQ》
4 《ジョリー・ザ・ジョルネード》
4 《SMAPON》
4 《松苔ラックス》
超GRゾーン
2 《鋼特Q ダンガスティックB》
2 《鋼ド級 ダテンクウェールB》
2 《くるピカディス君》
2 《ジェイ-SHOCKER》
2 《せんすいカンちゃん》
2 《The ジョラゴン・ガンマスター》

 

回らん (現実)。
 
いくら《ザババン・ジョーカーズ》に加えて《ジョジョジョ・ジョーカーズ》《メラメラ・ジョーカーズ》まで入れたとはいえ、確定サーチではない以上コンボパーツの4枚が揃うまでにはどうしてもタイムラグが生じてしまう。そしてこのデッキの場合、最速もしくはせめて1ターン遅れぐらいでコンボが決められないというのであれば、そもそもその動きをとる必要がなくなってしまうのだ。
 
こうしてあらゆるコンセプトを脳内で却下してしまった私は、思いついた最後のコンセプトに一縷の望みを託すのだった。
 

次のページへ!!(1/2)

12

デュエル・マスターズの記事 デュエル・マスターズの記事


もっと見る

オススメの記事(PR)オススメの記事(PR)