• TOP
  • 爆連載 > 【スプラトゥーン】トッププレイヤー イカすガチ対談マッチ!! あとばる×むしきんぐが語るナワバリバトルの戦い方~2~
  • TOP
  • 爆連載 > 【スプラトゥーン】トッププレイヤー イカすガチ対談マッチ!! あとばる×むしきんぐが語るナワバリバトルの戦い方~2~
スプラトゥーン

【スプラトゥーン】トッププレイヤー イカすガチ対談マッチ!! あとばる×むしきんぐが語るナワバリバトルの戦い方~2~

トッププレイヤー イカすガチ対談マッチ!!
【あとばる×むしきんぐ 第2回】

あとばる×むしきんぐ対第2回目!
 
今回はふたりの所属チームが激突した「第4回スプラトゥーン甲子園オンライン代表決定トーナメント」と「NPB eスポーツシリーズ スプラトゥーン2 」について振り返ってもらうぞ。
 
「第4回スプラトゥーン甲子園」オンライン代表決定トーナメント&各地区大会振返り特番

 
【OPENREC.tv】NPB eスポーツシリーズ スプラトゥーン2 本大会1日目
https://www.openrec.tv/live/o7z4m19olzl
 
【OPENREC.tv】NPB eスポーツシリーズ スプラトゥーン2 本大会2日目
https://www.openrec.tv/live/ykz0xvkn0zw
 
あとばる選手のカラマリとむしきんぐ選手のCool&Coolが激突した「第4回スプラトゥーン甲子園オンライン代表決定トーナメント」と「NPB eスポーツシリーズ スプラトゥーン2」の試合はそれぞれ上の動画で見ることができるぞ。
 

あとばる
驚異的なエイム力を持つカリスマプレーヤー。「第2回スプラトゥーン甲子園」では、不利な状況から相手を次々と倒す神がかり的なプレーを連発し、優勝に大きく貢献。H3リールガンの名手としても知られ、彼の影響でH3リールガンを使い始めたプレーヤーも多いとか。おもな実績は「第2回スプラトゥーン甲子園」優勝、「第4回スプラトゥ-ン甲子園オンライン代表決定トーナメント」優勝など。チームLibalent Calamari(リバレントカラマリ)所属。
むしきんぐ
西武ライオンズ代表として「NPB eスポーツシリーズ スプラトゥーン2」にも出場した強豪チームCool&Coolのリーダー。「第1回スプラトゥーン甲子園」の優勝メンバーでもあり、その豊富な実績と経験に裏打ちされた的確かつ冷静な判断力でチームをけん引する。シューターとしての確かな実力と、抜群のリーダー性を兼ね備えたプレーヤーで、チームの精神的支柱といえる存在だ。

 

史上稀に見る大接戦となったオンライン代表決定トーナメント

――「第4回スプラトゥーン甲子園オンライン代表決定トーナメント」でカラマリとCool&Coolは試合しましたが、カラマリとしてCool&Cool対策はなにか考えていた?
あとばる:まず、クアッドホッパーを持つ反射神経くんと11で対面を挑むと返り討ちにされやすいので、できるだけ距離をとって複数人で囲むというのはチームで決めていました。
 あと、うどん店長くんがわりと「チャージャーなのにそこまで前に出る?」みたいな動きをするんですよ。それで逆に(カラマリのチャージャーである)ぴょんがやられちゃったりしていたので、とくに終盤は絶対に味方で挟むから、ぴょんは落ち着いて逆にうどん店長くんを前に出させろ、という動きをしていましたね。
 
――なるほど。逆にCool&Coolとしてのカラマリ対策はなにか立てていた?
むしきんぐ:カラマリの勝ち筋のひとつとして、2438学園さんが敵陣に抜けてくるというのがあって。それは練習のときでもわかっていたので、そこを警戒しようという話は出ていたんですけど、本番では見事に通されちゃって……。
 あとはステージごとに編成とかを変えて、しっかり相性とか、動きの対策は取っていたんですけど、具体的にこういうことをしようというのはとくになくて、その場のみんなの判断で対応していく感じでした。
 


▲「オンライン代表決定トーナメント」のハコフグ倉庫戦でも、終盤にカラマリの2438学園選手が敵陣に抜けて勝利につなげるというシーンがあった。
(「第4回スプラトゥーン甲子園」オンライン代表決定トーナメント&各地区大会振返り特番 2:50:31より引用)

 
――結果は大接戦の末、2-1でカラマリの勝利でした。改めて、この試合を振り返っていががですか。
むしきんぐ:かなり悔しかったですね。1本目のハコフグ倉庫で0.1%差で負けたときは、自分の最後の塗り方とかで結果も変わったかなと思うので、あそこでもうちょっとマップを開いて塗り効率を考えられたらよかったのかなとか、けっこう後悔もありましたね。
 
あとばる:そのハコフグ倉庫戦では、僕が最後にスーパージャンプをミスしたんですよ。ジャンプしたら着地をまんまと狩られてしまって。「うわー!やっちまった!」って焦ってたら0.1%差で勝っていたので、本当よく勝ったなという試合でした。ミスしたときは生きた心地がしなかったですね。
 


▲「オンライン代表決定トーナメント」は2勝先取制で行われ、1本目のハコフグ倉庫戦はわずか0.1%差でカラマリが勝利。2本目はCool&Coolが勝ち、勝負は3本目にもつれる展開に。その3本目も大接戦となるが、ここも僅差でカラマリが勝利した。
(「第4回スプラトゥーン甲子園」オンライン代表決定トーナメント&各地区大会振返り特番 3:05:06より引用)

 

次のページへ!!(1/2)

12

スプラトゥーンの記事 スプラトゥーンの記事


もっと見る

オススメの記事(PR)オススメの記事(PR)