• TOP
  • スクープ > コロコロオンラインがオススメする! アニメとゲームに入る場所「MAZARIA(マザリア)」のアクティビティ!! 前編
  • TOP
  • スクープ > コロコロオンラインがオススメする! アニメとゲームに入る場所「MAZARIA(マザリア)」のアクティビティ!! 前編

コロコロオンラインがオススメする! アニメとゲームに入る場所「MAZARIA(マザリア)」のアクティビティ!! 前編

コロコロオンラインがオススメする! アニメとゲームに入る場所「MAZARIA(マザリア)」のアクティビティ!! 前編

アニメやゲームの世界を体験だ!
アニメとゲームに入る場所「MAZARIA(マザリア)」に突撃!

都内、池袋・サンシャインシティ ワールドインポートマートビル 3階にオープンしたアニメとゲームに入る場所「MAZARIA(マザリア)」のオススメスポットを紹介するぞ!!

アニメとゲームに入る場所「MAZARIA(マザリア)」とは?
株式会社バンダイナムコアミューズメントが運営するアニメやゲームのキャラクターたちと現実世界の人間が、互いに楽しく遊べる場所を目指して、三次元と二次元の世界をつなぐ狭間の世界という設定のアミューズメント施設。施設内は4つのコンセプトエリアにわかれ、アニメやゲームの中に自身が入り込むような没入感をアクティビティ体験中はもちろんのこと、 内装やBGMなど空間全体で演出されている。

 

目次
あの冒険の世界へ! 『ドラゴンクエスト VR』
 
ゴールを目指して激走! 『マリオカート アーケードグランプリ VR』
 

 

エントランスから引き込まれる壁一面のLED演出!!

池袋・サンシャインシティ ワールドインポートマートビル3階の奥手に行くと、壁一面のLED演出がお出迎え!
 
モールの景色からまさに二次元の世界に引き込むイルミネーションはアーケードゲームの『パックマン』や『ギャラガ』が映り、さらにVRアクティビティにもなっている『ドラゴンクエスト』や『エヴァンゲリオン』、『シン・ゴジラ』がドット絵で動く姿も!!
 
入り口からワクワク感が止まらない「MAZARIA(マザリア)」へ、いざ突入だ!!
 

あの冒険の世界へ! 『ドラゴンクエスト VR』

まず、取材班が向かったのは話題沸騰中の『ドラゴンクエスト VR』!!
 
『ドラゴンクエスト VR』はADVENTURE ZONEにあり、最大4人で遊べるDQファンにはたまらないアクティビティだ。
受付もルイーダの酒場を連想させ、案内をしてくれる方々もDQの世界にいる住人となって、取材班をDQの世界へ導いてくれた。
 
今回のアクティビティで選べる職業は前衛で戦う『戦士』(2人)、後方で魔法攻撃を行う『魔法使い』、回復で味方を支援する『僧侶』がある。目的は大魔王ゾーマを倒すことだ。

とはいえ、VRでのアクティビティ。VRゴーグルとヘッドフォンをつけ、剣や杖の役割をする装置を持って棒立ちで遊ぶ、という勝手な先入観が取材班にはあった。
 
しかし、案内が進むとVRゴーグルなどはもちろんだが、なんとリュックサックのようなPCを背負うことに。そして、広いアクティビティの空間に通される。
 
これこそ、バンダイナムコアミューズメントの驚異の技術力。
 
なんと、参加者がその空間を動いて、モンスターと戦うというドラゴンクエストの世界観にどっぷりと入り込めるのだ!!

アクティビティがスタートすれば、そこはもう『ドラゴンクエスト』の世界。王の間から始まり、大魔王ゾーマを倒す旅路が始まる。草原や山ろくと迫り来るモンスターを倒しながら、ゾーマのいる城を目指す。
 
その没入感、緊張感、ワクワク感は測りし得ない。360度フィールドを見渡せば、前から後ろから、右に左とモンスターが襲いかかってくる。仲間と声を掛け合い、剣と魔法で倒していく爽快感は他では味わえない!
 
前衛で戦う『戦士』は剣と盾で迫るモンスターと真っ向勝負のため、臨場感が半端ない。
 
後方の『魔法使い』と『僧侶』も魔法を放ち、『戦士』をサポート! 強力な魔法をモンスターに当てた時の迫力や魔法を放つ日常では味わえない興奮が胸を熱くさせる!!

大魔王ゾーマとの対決はまさに死闘! これまでのモンスターたちとの戦闘とは桁違いの絶望感が取材班を襲った。
 
そして、その最終対決にはドラマチックな演出が!! ドラクエファン歓喜、ファンでなくてもこの冒険のフィナーレに感動するだろう。その詳細は実際に遊んで確かめてくれ!!
 
さぁ、キミも『ドラゴンクエスト VR』で冒険の旅に出かけよう!
 

『ドラゴンクエスト VR』
体験人数:1~4人
平均所要時間:30分
※体験の進行状況により所要時間は前後する場合があります。
年齢条件:7歳以上(13歳未満の方の体験には保護者の同意およびお付き添いが必要)
※保護者の方とご一緒の体験をお勧めしております。
保護者:18歳以上の親、または親に代わる者と当施設が判断させていただいた方。
18歳以上でも高校生の方は保護者として入場はできません。
身長条件:120cm以上
その他:酒気を帯びての体験はできません
©ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved.
©BANDAI NAMCO Amusement Inc.


ゴールを目指して激走! 『マリオカート アーケードグランプリ VR』

続いて、大人気のレースゲーム『マリオカート アーケードグランプリ』のアクティビティ『マリオカート アーケードグランプリ VR』を紹介するぞ!! 年齢条件が7歳以上に代わり、子どもも楽しめること間違いなしのアクティビティとなっている。
 
FESTIVAL ZONEにある『マリオカート アーケードグランプリ VR』は参加者がアーケードレースゲームのような近い操作で、『マリオ』、『ルイージ』、『ピーチ姫』、『ヨッシー』のカート型の筐体に乗りVRゴーグル、イヤホン、ゲーム内アイテムを掴むための装置を両手に装着する。
 
と、ここまでは従来のアーケードレースゲームより視界が広くなった印象だ。
 
しかし、一度アクティビティが始まると、シートが揺れ出す。本当にカートに乗っているかのような臨場感が一気に全身を駆け巡るのだ。

アクセルペダルを踏み込めば、エンジンの回転数が上がったかのように振動がさらに増す。さらに、左右を見れば、マリオたち、他のレース参加が確認できた。
 
そこはもうスタート地点だ。そして、一度レースが始まればその臨場感は一気に加速する。

景色が後ろへ流れ、様々な音が怒涛のごとく押し寄せてくる。小刻みに震え、気を抜けば持っていかれそうなハンドル操作も緊張感を煽る。
 
走り抜けるコースも様々なギミックがあり、足元をすくわれかねない。そのレースの緊迫感が『マリオカート』の世界をより肌身に感じられるだろう。
 
しかし、アクセルをいくら踏んでも簡単に相手を追い抜けるものではない。そこは『マリオカート』でもおなじみのアイテムで逆転を狙うのだ。

アイテムはコース場にあるバルーンから自分の手で入手する。片手を上げて、アイテムを手に入れたら腕を振って相手にぶつけて逆転を狙うのだ。
 
ゲームの『マリオカート』で遊んだことがある人はこれには「ゲームと同じだ!」と興奮すること間違いなし!
 
だからこそ、レースは最後まで何が起きるかわからない。ゴールの時まで気が抜けない。だからこそ、『マリオカート アーケードグランプリ VR』の世界を心の底から楽しめるアクティビティとなっているぞ!
 
キミもマリオカートの世界に、Here we go!
 

『マリオカート アーケードグランプリ VR』
体験人数:1~4人
平均所要時間:8分
年齢条件:7歳以上
身長条件:120cm以上
©Nintendo Licensed by Nintendo
©BANDAI NAMCO Amusement Inc.

 


今回のコロコロオンラインでのレポートは以上。明日もオススメのVRアクティビティを紹介するぞ。
 
また、VRに慣れていない人は適度に休憩を入れながら、様々なアクティビティに挑戦するのがオススメだ。
 
他にも、紹介しきれなかったこれまでにないアクティビティが目白押し。飲食エリア「Cafe&Bar SPECIAL FLAG」でもここでしか味わえないフードメニューが盛りだくさん。
 
さらに、現在「MAZARIA(マザリア)」では期間限定のリアルホラーアクティビティに、PANIC ZONEのアクティビティを体験すると限定グッズがもらえる『パニックハロウィン』が開催中だ。
 
キミも「MAZARIA(マザリア)」で様々な世界を体験しよう!!

施設名:アニメとゲームに入る場所 MAZARIA(マザリア)
 
営業場所:東京都豊島区東池袋3丁目
サンシャインシティ ワールドインポートマートビル3F
 
営業時間:10:00~22:00(最終入場時間21:00まで)
※アクティビティ受付終了時間21:30(各アクティビティに列がある場合は、早めに受付終了の場合あり)
 
営業日:年中無休
※営業日、営業時間、料金、イベント内容等については、都合により予告なく変更する場合がございます。
※やむを得ない事情によりお休みする場合がございます。
 
詳細:https://bandainamco-am.co.jp/others/mazaria/jp/


©ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved. ©Nintendo Licensed by Nintendo
©カラー
©サンライズ
©創通・サンライズ
TM & © TOHO CO., LTD.
©BANDAI NAMCO Entertainment Inc.
PAC-MAN is a trademark/registered trademark of BANDAI NAMCO Entertainment Inc.
©BANDAI NAMCO Amusement Inc.

オススメの記事(PR)オススメの記事(PR)