• TOP
  • 爆連載 > 【パズドラ】『大塚角満のモンスター美術館』 第35回 ストーリーの幻の主役!?「ティラ」!!!!
  • TOP
  • 爆連載 > 【パズドラ】『大塚角満のモンスター美術館』 第35回 ストーリーの幻の主役!?「ティラ」!!!!

【パズドラ】『大塚角満のモンスター美術館』 第35回 ストーリーの幻の主役!?「ティラ」!!!!

【パズドラ】『大塚角満のモンスター美術館』 第35回 ストーリーの幻の主役!?「ティラ」!!!!

第35回 「ティラ」

公認プレイヤーの大塚角満が、モンスターの思い出やイラストの秘密を語りまくる!
今回はティラについて語りつつ、ストーリーダンジョンの裏話を大暴露!

▲ティラ

パズドラのストーリーダンジョンのシナリオコンポーザー、大塚角満です(ドヤ)。
 
ちょっと前に当連載で赤ソニアのことを書いたけど、突然このモンスターを選んだ理由はもちろん、彼女が主人公のストーリーダンジョンが配信されたから。でもそのときは、自分がシナリオを担当していることを公表していなかったので、なんとも奥歯にモノが挟まったような原稿になってしまったのでした。
 
でも……もう大丈夫!!
正体を明かしたいまは、なんでもかんでも好き勝手に書かせていただきますよ!!
 
ということでさっそく、ストーリーダンジョンの“ソニア編”でソニアの相棒を務めている“ティラ”について書きたいと思う。
 
ティラは言わずもがな、モンスター図鑑で栄えある“No.1”を背負う裏主人公的なモンスターだ。パズドラを初めてプレイするときに最初の所持モンスターとして選択できる火属性のドラゴンで、水属性のプレシィ、木属性のブラッキィと合わせて“御三家”と称されている。
 
御三家の中でも存在感は別格で、じつはストーリーダンジョンを作るとき、最初の主役候補としてリストアップされていたほどなのである。
 
最終的には、「やっぱり最初は、かわいい女子キャラを主人公にしましょう」ってことになって、ティラが主役のストーリーは幻と消えたんだけど、個人的には小さなドラゴンの成長物語もおもしろいなぁ……と思っていたので、いまでも頭の中で構想を練ったりしている。

いまでこそパズドラは、プレイ開始時から屈強なモンスターを多数手に入れられる仕様になったが、サービスイン当初はそんな生易しい作りではなかった。多くの人が、ティラを始めとする御三家をリーダーにしたパーティーを無理矢理作って、悪戦苦闘しながらダンジョンを攻略していたのである。このティラがティランに進化し、やがてティラノスになって、最終進化系(当時)の爆炎龍ティラノスにまで育ったときの感動は、いまでも忘れられないわ……。
 
そんな、多くの古参パズドラーの記憶に残り、パズドラが続く限り栄光の“No.1”を背負い続けるのが、ティラというモンスターなのである。

大塚角満(おおつか・かどまん)

1971年9月17日生まれ。元週刊ファミ通副編集長、ファミ通コンテンツ企画編集部編集長。在職中からゲームエッセイを精力的に執筆する“サラリーマン作家”として活動し、2017年に独立。現在、ファミ通Appにて“大塚角満の熱血パズドラ部!”、ゲームエッセイブログ“角満GAMES”など複数の連載をこなしつつ、ゲームのシナリオや世界観設定も担当している。著書に『逆鱗日和』シリーズ、『熱血パズドラ部』シリーズ、『折れてたまるか!』シリーズなど多数。株式会社アクアミュール代表。

 

パズドラ最新情報は「公式運営サイト」をチェック!!
https://pad.gungho.jp/member/

 

大塚角満のモンスター美術館 バックナンバー

▲第1回
「流離・エンシェントドラゴンナイト -REX-」&「伝承・エンシェントドラゴンナイト -REX-」

▲第2回
「紅蓮華の戦士・エキドナ -SARA-」&「紅蓮華の女帝・エキドナ -SARA-」

▲第3回
「冥刃の神王妃・ヘラ -LUNA-」&「夜星の神王妃・ヘラ -LUNA-」

▲第4回
「超転生ハク」

▲第5回
「ゼウス -GIGA-」

▲第6回
「ヴァルキリー -CIEL-」

▲第7回
「アテナ -NON-」

▲第8回
「ライザー」

▲第9回
「ミル」

▲第10回
「ウルド」

▲第11回
「サラスヴァティ」

▲第12回
「バステト」

▲第13回
「シェリング・フォード」

▲第14回
「ヴェルダンディ」

▲第15回
「極醒の執行者・メタトロン」

▲第16回
「超転生メイメイ」

▲第17回
「超転生ミネルヴァ」

▲第18回
「極醒の未来神・スクルド」

▲第19回
「花嫁ルシャナ」

▲第20回
「花嫁パールヴァティー」

▲第21回
「極醒カーリー」

▲第22回
「ガディウス」

▲第23回
「ラー」

▲第24回
「サクヤ」

▲第25回
「エスカマリ」

▲第26回
「イズン&イズーナ」

▲第27回
「超転生ラクシュミー」

▲第28回
「ルルナ」

▲第29回
「如月ナイト」

▲第30回
「覚醒デネボラ」

▲第31回
「アメン」

▲第32回
「赤ソニア」

▲第33回
「レイラン」

▲第34回
「超転生ヤマタノオロチ」

 

次回は10/28(月)更新!!

©GungHo Online Entertainment,Inc. All Rights Reserved.

オススメの記事(PR)オススメの記事(PR)