• TOP
  • 爆連載 > 【スプラトゥーン】トッププレイヤー イカすガチ対談マッチ!! あとばる×あしんが語るナワバリバトル&スパッタリーの極意~1~
  • TOP
  • 爆連載 > 【スプラトゥーン】トッププレイヤー イカすガチ対談マッチ!! あとばる×あしんが語るナワバリバトル&スパッタリーの極意~1~
スプラトゥーン

【スプラトゥーン】トッププレイヤー イカすガチ対談マッチ!! あとばる×あしんが語るナワバリバトル&スパッタリーの極意~1~

トッププレイヤー イカすガチ対談マッチ!!
【あとばる×あしん 第1回】

“最強のスパッタリー使い”とも称される、あしん選手が対談に初登場!
 
スパッタリーというブキの魅力から両者が激突した「NPB eスポーツシリーズ スプラトゥーン2」の話題まで、いろいろと語ってもらったぞ!
 
NPB eスポーツシリーズ スプラトゥーン2 本大会1日目
https://www.openrec.tv/live/o7z4m19olzl
 
NPB eスポーツシリーズ スプラトゥーン2 本大会2日目
https://www.openrec.tv/live/ykz0xvkn0zw
 
あとばる選手のカラマリとあしん選手の5年☆組~あしんとらず学級~が激突した「NPB eスポーツシリーズ スプラトゥーン2」の試合はそれぞれ上の動画で見ることができるぞ。
 

あとばる
驚異的なエイム力を持つカリスマプレーヤー。「第2回スプラトゥーン甲子園」では、不利な状況から相手を次々と倒す神がかり的なプレーを連発し、優勝に大きく貢献。H3リールガンの名手としても知られ、彼の影響でH3リールガンを使い始めたプレーヤーも多いとか。おもな実績は「第2回スプラトゥーン甲子園」優勝、「第4回スプラトゥ-ン甲子園オンライン代表決定トーナメント」優勝など。チームLibalent Calamari(リバレントカラマリ)所属。
あしん
『スプラトゥーン』でスパッタリー使いといえば、真っ先に名前が挙がる有名プレーヤー。脅威のエイム力と反射神経の持ち主で、混戦の中でも正確かつ瞬時に相手をとらえ、次々と倒していくプレーはまさに圧巻。その神がかりなプレーに魅せられたイカたちも多い。「NPB eスポーツシリーズ スプラトゥーン2」では千葉ロッテマリーンズ代表として出場するなど、実力と人気を兼ね備えたトッププレーヤーのひとりだ。

 

敵に囲まれてもどうにかできるのがスパッタリーの魅力!

――まずはふたりの関係性を教えてください。
あしん:あとばるさんのカラマリとは「NPB eスポーツシリーズ スプラトゥーン2」の練習相手として、けっこうやらせてもらって。
 
あとばる:その前までは、そんなに絡みはなかった感じだよね。
 
あしん:そうですね。
 
――じゃあ、こうしてふたりでじっくり話すというのも初めて?
あとばる:ほぼ初ですかね。
 
あしん:僕はあまりほかの人と関わりがないタイプなので(笑)。
 
――プレーヤーとしてのお互いの印象を教えてください。
あとばる:小学生ふたりと一緒に大会に出ていた印象が強くて、僕の中で「歌のおにいさん」感が強いんですよ(笑)。それは置いておきまして、プレーヤーとしては、スパッタリーをずっと使っているので、界隈の中でって言い方はあれですけど、たぶん唯一じゃないですかね。スパッタリーを使っているの。聞かないですね、本当に。ただ、『1』のときはリッターかなにか使っていましたよね。
 
あしん:そうなんですよ。『1』はもうずっと最初からチャージャーを使っていて。
 
あとばる:そのころから、あしんさんという名前は知っていたんですけど、『2』になってスパッタリーを持っていて、「今度はスパッタリーを持つんだ」と驚いた記憶があって。それで、ガチマッチでもたまにあしんさんと当たるんですけど、普通に僕負けるので、「やっぱり強いなあ」とこれは西澤さん(カラマリのチームメンバー)も言ってましたけど、本当に「唯一無二のスパッタリー使い」じゃないかなと。それプラス、「歌のおにいさん」という感じですね。僕にとっては(笑)。
 


▲あしん選手の所属していたチーム「5年☆組〜あしんとらず学級〜」にはハル選手、ほのか選手という女子小学生プレーヤーふたりもメンバーとして所属。千葉ロッテマリーンズ代表として出場した「NPB eスポーツシリーズ スプラトゥーン2」でも女子小学生プレーヤーのいるチームとして注目を集めた。
(NPB eスポーツシリーズ スプラトゥーン2 本大会1日目6:14:10より引用)

 
――あしん選手から見たあとばる選手はいかがでしょうか。
あしん:偉そうに言いますけど、一番プロゲーマーとして理想的というか。プロゲーマーってなにが大事かって、強さももちろん大事だと思うんですけど、見ている人がそのゲームをやりたくなるプレーをする人が一番向いているかなと思っていて。
 あとばるさんの配信はいつ見ても「そのブキ、使いたいな」と思わせるプレーをしているんですよね。それこそ、H3リールガンとか使いたくなるんですよ。まあ、クセのあるブキなので、実際に触っても全然使いこなせねーとはなるんですけど(笑)。でも、なにかしらそういう惹かれるものがあるからこそ、プレーヤーとしての高い人気につながっているのかなとすごく思うんです。
 
――いま話にありましたけど、あとばるさんは配信のときに「魅せるプレー」ということも意識している?
あとばる:あんまり意識していないです(笑)。配信中はどちらかというと喋ることに意識が向いているので。魅せるプレーというのもできればいいんですけどね。
 
――先ほど、あしん選手はチャージャーからスパッタリーに変えたという話がありましたが、変えた理由は?
あしん:『2』が出る半年前くらいにPVが公開されたんですけど、そこにマニューバーが出てきて、「このブキ、めちゃくちゃかっこいいな」って思って。その段階でチャージャーを持つのをやめて、前衛ブキの練習を始めたんですよ。
 
――『1』の時点でもう始めたんですか?
あしん:はい。「チャージャーは散々使ったし、もういっか」と思って(笑)。そこからは『1』でシャープマーカーネオをひたすら使って、前衛の動きみたいなところを練習して、『2』になってマニューバーを持ち始めたんですけど、最初のころはスプラマニューバーコラボのジェットパックがめちゃくちゃ強くて。
 「こんなに一方的に倒していても楽しくないな」というので、他のマニューバー系をいろいろ持った結果、スパッタリーが型にはまったという感じです。
 


▲「NPB eスポーツシリーズ スプラトゥーン2」でもチームのキープレーヤーとして注目されたあしん選手。最前線に立ち、次々と敵を倒すプレーは圧巻だ。
(NPB eスポーツシリーズ スプラトゥーン2 本大会1日目1:21:56より引用)

 
――あしん選手的にスパッタリーの魅力はどんなところにあると思ってます?
あしん:ふたりくらいなら同時に相手できる性能を持っているところですかね。たとえ相手が上手くても、スライドと自分の最速のキル速を出せば、連続で落とすことも不可能じゃない。これってほかのブキには絶対ない部分だと思っているんですよ。シェルターとかも強いですけど、結局ふたりに挟まれたらきついし。
 
――囲まれてもなんとかできるポテンシャルを持っている。
あしん:それが決まったときの爽快感というか、一回味わっちゃったら忘れられない(笑)。
 
――あしん選手の配信を見ていて思うんですけど、エイムがとんでもないじゃないですか。相手が回り込んだりしたときでも正確にすぐ相手を捕捉して追いかけられるのはなにかコツがあるんですか。
あしん:真後ろとか、視界に映っていないところは音と予測というか、「ここに撃つ」ってのを頭に決めて撃っている感じですね。あと、ジャンプ撃ちから入ることによって、もし外してももう一回チャンスがあるみたいな。
 
――スライドでどうにかいけるという?
あしん:そうですね。
 

次のページへ!!(1/2)

12

スプラトゥーンの記事 スプラトゥーンの記事


もっと見る

オススメの記事(PR)オススメの記事(PR)