• TOP
  • スクープ > 【コロコロ独断ランキング】痺れるカッコよさゾイド記事部門ランキング ベスト5!!【#コロコロ500号】
  • TOP
  • スクープ > 【コロコロ独断ランキング】痺れるカッコよさゾイド記事部門ランキング ベスト5!!【#コロコロ500号】
ゾイド

【コロコロ独断ランキング】痺れるカッコよさゾイド記事部門ランキング ベスト5!!【#コロコロ500号】

コロコロ500号記念の大企画!
みんなで年表を作り上げよう!

コロコロに関するキミの思い出コメントや
秘蔵のふろく品&ホビーなどを
「#コロコロ500号」を付けてつぶやくのだ!

進化を続けるゾイドの勇姿を覚えているか?

11月15日(金)に発売予定の『月刊コロコロコミック12月号』で、ついに通算500号を迎えるコロコロコミック!!
 
コロコロオンラインでも特別企画を続々実施中だ!!
 

コロコロ500号記念企画
【コロコロ500号記念】Twitter投票で決める! みんなが読みたい“あの”コロコロコミック選挙!!
【コロコロ500号記念】秘蔵の”コロコロ読者アンケート”超限定公開! 第1位の作品を約20年分すべて発表!!
コロコロ500号SPコメント! 『爆走兄弟レッツ&ゴー!!』ミニ四ファイター役・森久保祥太郎さん!!
47年の歴史を詰め込んだ『コロコロ500号記念大年表』公開 第1弾!!(1977年〜1981年)

 
今回はコロコロオンラインが独断と偏見と情熱で選ぶ、月刊コロコロコミックに掲載されたカッコイイ記事を部門ごとベスト5を紹介!!
 
本日は『ゾイド』記事部門を発表だ!!
 
ゾイドは現在タカラトミーから発売されている大人気ホビーだ。『ゾイドバトルストーリー』など高クオリティのジオラマが数々と掲載され、その勇姿は当時の読者たちの目に焼き付いているのではないだろうか?
 
キミの好きだったゾイドはランクインしているか? 早速、第5位から発表していくぞ!


 

第5位:ゴジュラス・ジ・オーガ
(平成12年月刊コロコロコミック7月号)

獣鬼咆哮! ゴジュラス・ジ・オーガ!!

 
月刊コロコロコミックで掲載されていたジオラマ戦記『ゾイドバトルストーリー』より『ゴジュラス・ジ・オーガ』が第5位にランクイン!
 
『ゾイドバトルストーリー』では、共和国軍のゴジュラスにオーガノイドシステムを搭載、重装備を施したゾイドがゴジュラス・ジ・オーガだ。パイロットを受け付けなかったゴジュラス・ジ・オーガが自らの意志で帝国軍の精鋭アイアンコングPKを倒し、傭兵アーバインとの邂逅から劣勢だった共和国軍の反撃が始まる、という非常にドラマチックなストーリーが展開された。
 
この記事では、圧倒的な力でゴジュラス・ジ・オーガがアイアンコングPKを倒す瞬間を再現したジオラマが紹介された。ゴジュラスの巨体を手前で眺めるアーバインの構図がゴジュラス・ジ・オーガ対アイアンコングPKのダイナミックな戦いを臨場感溢れるものとなっている。アイアンコングPKの剛腕を引きちぎり、ほとばしる電気が熾烈な戦いのあとを物語っている。まさに、獣鬼(オーガ)の異名にふさわしい一枚だ!!


 

第4位:マッドサンダー
(平成13年月刊コロコロコミック12月号)

うなれ、マグネーザー! マッドサンダー!!

 
再び『ゾイドバトルストーリー』より共和国軍最強のゾイド、『マッドサンダー』が第4位にランクイン!
 
帝国軍の最強ゾイド、デスザウラーに対抗するために開発されたマッドサンダーは至近距離からの荷電粒子砲に耐え、重装甲を突き破る2本の角、マグネーザーの破壊力を持つ。
 
この記事では、ついに帝国軍最強ゾイド、デスザウラーと共和国軍最強ゾイド、マッドサンダーが激突! 歴戦のゾイドを屠ってきたデスザウラーを前に、敢然と立ち向かうマッドサンダーの世紀の一戦を捉えたジオラマは興奮が止まらない。マッドサンダー最大の武器であるマグネーザーが唸りを上げて、デスザウラーの爪を貫く描写は圧巻の一言。かつてないほどの壮絶な戦いの行方、勝利はどちらが掴むのか。ハラハラドキドキが止まらない1枚だ!!


 

第3位:ゴールドライガー
(昭和63年月刊コロコロコミック2月号)

いっけぇー、ゴールドライガー!!

 
『ゴールドライガー』は別冊コロコロコミックから月刊コロコロコミックで連載された青木たかお先生の『特攻!! ゾイド少年隊』に登場するゾイド。この作品では、現代の地球でゾイドのプラモデルで戦うストーリーとなっている。
 
この記事では、まんがに登場する主役機ゴールドライガーをシールドライガーのキットから完全再現したものを紹介している。黄金のたてがみに、輝くコックピット部分など百獣の王の風格とむき出しのフレームのリアルな質感が、ゴールドライガーに“メカ生命体”の息吹が感じられる。ゴールドライガーの獲物を押さえつけるポーズが、一層王者の風格を醸し出し、黄金の獅子にふさわしい一枚となった!


 

第2位:デスレックス
(平成30年月刊コロコロコミック11月号)

みんな…、“D”を起こして。
デスレックス、起動!!

 
地球のワイルド大陸を舞台にした新シリーズ『ゾイドワイルド』から最凶のティラノサウルス種ゾイド『デスレックス』がランクイン!  森茶先生によるまんが『ゾイドワイルド』でもその凶暴性、圧倒的な力が描かれている。
 
この記事では、クサリに縛られ押さえつけられているデスレックスの姿が捉えられている。しかし、紅蓮の装甲に浮かぶ暗い影と獰猛な目、今にも食らいつかんとする強靭な大顎など、クサリを引きちぎっていまにも動き出しそうな臨場感がヒシヒシと伝わってくる。デスレックスに乗るデスメタル帝国のギャラガーがいることによって、よりデスレックの巨大感と迫力が増している! デスレックスの震え上がるような迫力を引き出した1枚だ!
 
そして、数々のゾイドを押しのけて『機獣の咆哮! 痺れるカッコよさゾイド記事部門ランキング』第1位の雄叫びをあげたゾイドを発表!!


 

第1位:バイオドラゴン
(平成18年月刊コロコロコミック1月号)

最狂魔竜、爆誕!! バイオドラゴン!!

 
『バイオドラゴン』はコロコロコミックが独自に改造したオリジナルゾイドだ! 『ゾイドジェネシス』に登場したバイオゾイドバイオボルケーノを主体にバイオティラノ、バイオトリケラ、バイオケントロ、バイオプテラを合体、究極にして最狂の魔竜、バイオドラゴンがここに爆誕!!
 
燃え上がる炎の中で、激戦を繰り広げるムゲンライガーとバイオドラゴン!!  緊迫の近接戦闘を臨場感たっぷりに描いたジオラマの完成度は筆舌に尽くしがたい。骨格がむき出しになったようなバイオゾイドのデザインに、それぞれのバイオゾイドの特徴を備えたデザインからなる造形からくる“得体の知れない存在感”から目が離せない。ムゲンライガーVSバイドラゴンのコロコロコミックでしか見れないジオラマ記事が見事第1位を勝ち取った!!


 
次回はベイブレード部門記事ランキングを紹介するぞ! 乞うご期待!!

コロコロ500号カウントダウン特集記事はこちら!!

商品概要
『月刊コロコロコミック12月号』
発売日:11月15日(金)ごろ
特別定価:600円(税込)

ゾイドの記事 ゾイドの記事


もっと見る

オススメの記事(PR)オススメの記事(PR)