• TOP
  • 爆連載 > 【スプラトゥーン】トッププレイヤー イカすガチ対談マッチ!! あとばる×メンタリティしのはらが語る「スプラトゥーン甲子園2020」~1~
  • TOP
  • 爆連載 > 【スプラトゥーン】トッププレイヤー イカすガチ対談マッチ!! あとばる×メンタリティしのはらが語る「スプラトゥーン甲子園2020」~1~
スプラトゥーン

【スプラトゥーン】トッププレイヤー イカすガチ対談マッチ!! あとばる×メンタリティしのはらが語る「スプラトゥーン甲子園2020」~1~

トッププレイヤー イカすガチ対談マッチ!!
【あとばる×メンタリティしのはら 第1回】

ついに開幕した「第5回スプラトゥーン甲子園2020」。
 
今回はその初戦となった近畿地区大会DAY1を優勝した「月下雷鳴」からリーダーのメンタリティしのはら選手が対談に登場。まずはあとばる選手との関係や、スロッシャーを使うポイントを聞いてみたぞ
 
第5回 スプラトゥーン甲子園 近畿地区大会 DAY1 [Nintendo Live 2019]

 
メンタリティしのはら選手が所属する月下雷鳴が優勝した「第5回 スプラトゥーン甲子園 近畿地区大会 DAY1」は上の動画で見ることができるぞ。
 

あとばる
驚異的なエイム力を持つカリスマプレーヤー。「第2回スプラトゥーン甲子園」では、不利な状況から相手を次々と倒す神がかり的なプレーを連発し、優勝に大きく貢献。H3リールガンの名手としても知られ、彼の影響でH3リールガンを使い始めたプレーヤーも多いとか。おもな実績は「第2回スプラトゥーン甲子園」優勝、「第4回スプラトゥ-ン甲子園オンライン代表決定トーナメント」優勝など。チームLibalent Calamari(リバレントカラマリ)所属。
メンタリティしのはら
スプラ界でも屈指のスロッシャー使い。第2回から「スプラトゥーン甲子園」に出場している猛者で、第3回甲子園では準優勝という輝かしい結果を残す。また、今年開催された「第5回スプラトゥーン甲子園2020」では、リーダーとしてチームを牽引。見事に近畿地区大会DAY1を制し、 全国決勝大会出場への切符を手にした。実力と実績を兼ね備えた、スプラトゥーンを代表するトッププレーヤーのひとりだ。

 

近畿地区大会DAY1優勝の実力者!

――まずは先月行われた近畿地区大会の優勝おめでとうございます!
メンタリティしのはら(以降、メンしの):ありがとうございます!
 
――今回、その話を中心に伺えればと思うのですが、まずはおふたりの関係から教えてください。最初に知り合ったきっかけは?
メンしの:最初は確かあれじゃないですか。第4回甲子園のオンライン大会の前に、くろすくんがスロッシャーの動きを知りたいみたいな。
 
あとばる:くろすから「ナワバリでのスロッシャーの立ち回りがわからない」という話があって、1度メンしのさんに練習に参加してもらったんですよ。スロッシャーの動きを見せて欲しいとお願いして。
 
メンしの:一応、その前からあとばるさんとはお互いに知っていたとは思うんですよ。僕もSNSをフォローしていたような気がするし。
 
あとばる:お互いなんとなく知ってはいるけどもみたいな。
 
――メンしの選手は、もともとくろす選手とは知り合いだったんですか?
メンしの:はい。カラマリのメンバーだったら、くろすくんが一番知っていたというか。がっつり仲良く遊んでいるってわけじゃないですけど、たまに一緒に対抗戦をやったりとかして。
 
――それで、くろす選手からスロッシャーの動きを見せて欲しいという話があった?
メンしの:そうです。たぶん、あとばるさんと話したのはそのときが初めてですね。
 
あとばる:そうですね。
 
――なるほど。カラマリが第4回甲子園のオンライン大会で優勝できたのは、メンしの選手のおかげでもあるんですね。
メンしの:いやいや(笑)。でも、カラマリが優勝したときに、くろすくんがツイッターでバケツの動きを見せてくれたメンしの、ありがとう!」みたいなことを言ってくれたんですよ。
 


▲メンしの選手は近畿地区大会ではバケットスロッシャーソーダをメインに使用。さすがといえる活躍を見せた。
(第5回 スプラトゥーン甲子園 近畿地区大会 DAY1 [Nintendo Live 2019]5:32:07より引用)

 
――実際、かなり助かったということですよね。
あとばる:たぶんそうですね。
 
メンしの:だと嬉しいですね。
 
――プレーヤーとしてのお互いの印象を教えてください。
あとばる:スロッシャー使いの中でもトップを争うプレーヤーですね。スロッシャー使いってうまい人がけっこういるんですけど、その中でも甲子園で優勝できるレベルで使えるのがメンしのくんで、立ち回り的にもすごくバランスのいいプレーヤーだと思っています。
 キル重視というわけでもなく、ちゃんと塗りもするし、立ち回りもすごく綺麗だなと思っていて。あと、話が上手というか、面白いんですよ。ツイッターとかを見てもユーモアがあってそこも好きですね。
 
――いまのチームでリーダーをやっているのもわかる感じ?
あとばる:すごくわかりますね。引っ張っていくのも得意そうですもん。
 


▲近畿地区大会DAY1を制した月下雷鳴のメンバー。メンしの選手(左端)はリーダーとしてチームをけん引。見事に全国決勝大会出場一番乗りを決めた。
(第5回 スプラトゥーン甲子園 近畿地区大会 DAY1 [Nintendo Live 2019]5:55:00より引用)

 
――そういえば、メンタリティしのはら選手は「メンしのさん」と呼ばれているんですね。
メンしの:はい。メンタリティしのはらだと長いので、メンしの」で大丈夫です(笑)。
 
――では、メンしの選手から見たあとばる選手の印象はどうでしょうか。
メンしの:『スプラトゥーン2』って、「強いプレーヤー」と「うまいプレーヤー」ってのがあるんですよ。「強い」と「うまい」ってのが別で、試合を壊すじゃないですけど、みんながちゃんと頑張って大事に「ここは打開を合わせようね」とやってきたのを1人で崩してしまうプレーができる人を「強いプレーヤー」定石通りにちゃんと動くことができる人を「うまいプレーヤー」っていうんですけど、あとばるさんはどっちも持っているなと思っていて。
 試合を壊しに行くこともできるし、合わせるときはちゃんと合わせることもできる。こういうプレースタイルって、生まれ持つとかじゃないですけど、だいたいどっちかに偏るんですよ。だから、ものすごく器用だなと思っていて。
 
――そういうプレーヤーはなかなかいない?
メンしの:なかなかいないです、本当に。甲子園の近畿地区大会で優勝したあと、くろすくんと食事に行ったんですけど、その時にこういう話になって、「あとばるさんは考えて使い分けていると思うんだけど、どうなの?」って聞いたら、くろすくんが「いや、あいつはなにも考えていないよ」って(笑)。
 それで「考えてなくて、あれやってんの?」ってビックリして。もちろん、本人は考えてやっているとは思うんですけど、それにしてもすごいなと思ったのが最近ですね。「強い」と「うまい」のどちらの動きもできるというのは、本当にすごいと思いますね。
 
――ベタ褒めじゃないですか。
あとばる:嬉しいですね。
 
メンしの:ちなみにさっき、僕も褒められているときちょっと照れ臭かったですね。僕、あまり褒められないんですよ。スロッシャー使いって、1人ずば抜けたプレーヤーの方がいて本当に誰も手が届かない存在で、僕も手が届かないんですけど、その人がいるせいでどうしても僕は二番手みたいな感じになって。
 
――その人に比べると、みたいな。
メンしの:はい。なので、基本的にあまり褒められないんです。なので、さっき褒められてるときは、ちょっと動揺しちゃいましたね(笑)。
 
――ちなみに、その「スロッシャーで手が届かない人」って誰なんですか?
メンしの:れんたなさん(※)ですね。次元が違うんですよ。僕は自分のことをバケツで二番目にうまいと思っていて、それに関しては誇りがあるんですよ。
 二番目にうまいってことは、三番目より下の人には負けないってことじゃないですか。そこについて自分自身、誇りはあるんですけど、れんたなさんとの差が開きすぎていて、「もう二番でいいよ。一番はあげる。いいです、いいです」みたいな感じなんですね。本当にそれだけうまいんですよね。
※有名なスロッシャー使い。「第4回スプラトゥーン甲子園」で全国ベスト4になった「えふわんケーキ」のメンバーでもあった。
 
――実際にスロッシャーを使っている人から見ても、そこまで抜けている感じなんですか。
メンしの:誰に聞いても1位は絶対、れんたなさんって言うと思いますよ。それくらい実力がありますね。
 


▲(第5回 スプラトゥーン甲子園 近畿地区大会 DAY1 [Nintendo Live 2019]5:43:44より引用)

 
――なるほど。先ほど、くろす選手の話で「あとばるはなにも考えていない」というのがありましたけど、実際はあとばる選手はちゃんと考えてやっているんですよね?
あとばる:いやあ、プレー中に事細かく、こうしたらこうだからってのを考えてはいないですね。後々考えると、「こういう動きをしたからこうだったんだろうな」と言語化はできますけど、プレー中はそこまで深くは考えていないです。
 
メンしの:あとばるさんは、経験からくる感覚でやっているんじゃないかなと思います。これまでの経験で「ここはこう動いたほうがいい」というのを、試合中に無意識に思い出して動いているのかなと。
 
あとばる:完全に経験だけでやってますね。
 
――別に「ここは試合を壊しにいってやろう」とか思っていなくて、普通にいけると思って動いたら結果的にそうなっていたという。
あとばる:行けると思って行ったら、「おお」みたいになっているというのはありますね。失敗したら、「まあそうだよね」と言われるみたいな(笑)。
 
――たまにやらかしもあったりという(笑)。
あとばる:そうですね。だから、くろすは「なにも考えていない」って言うんだと思います(笑)。
 

次のページへ!!(1/2)

12

スプラトゥーンの記事 スプラトゥーンの記事


もっと見る

オススメの記事(PR)オススメの記事(PR)