• TOP
  • 爆連載 > 【スプラトゥーン】トッププレイヤー イカすガチ対談マッチ!! あとばる×メンタリティしのはらが語る「スプラトゥーン甲子園2020」~1~
  • TOP
  • 爆連載 > 【スプラトゥーン】トッププレイヤー イカすガチ対談マッチ!! あとばる×メンタリティしのはらが語る「スプラトゥーン甲子園2020」~1~
スプラトゥーン

【スプラトゥーン】トッププレイヤー イカすガチ対談マッチ!! あとばる×メンタリティしのはらが語る「スプラトゥーン甲子園2020」~1~

弾が当たらないと始まらない!

――スロッシャーを使う際に意識していることがあれば教えてください。
メンしの:僕自身、考えるのが好きなんですけど、考えすぎて逆にダメになるみたいなところがあるんですよ。なので最近は「弾を絶対に当てる」ことをずっと意識してやっていますね。
 結局、どんなに立ち回りを考えたところで、弾が当たらなきゃ意味がないんですよ。これ、けっこう大事なことだと思っていて、どうしても立ち回りにばかり意識が向きがちなんですけど、もっと基本的な「弾を当てる」ってところを重視していくのがいいのかなと。
 
――そういえば、ツイッターでスロッシャーを横にブンと振る、いわゆる「なぎ払い」の動画を載せていましたが、これはスロッシャーなら習得すべきテクニック?
メンしの:そうですね。スロッシャーをメインで使うなら、なぎ払いは絶対必要ですね。なぎ払いだけを試撃場で練習するくらいやった方がよいです。なぎ払いのなにが強いって、たとえばシューターは3発当てなきゃいけないとなったときに、相手の動きを予測して弾を撃ったりするじゃないですか。相手が右に動きそうだから、右にエイムをずらしながら3発当てよう、みたいな。
 でも、バケツの場合、1発当てたあとに2発目をなぎ払いで出せば、相手は右に行こうが、左に行こうが、そのまま留まっていようが、全部当たるんですよ。こっちに余裕がある対面のときは僕は基本、2発目はなぎ払う意識でプレーしています。
 


▲プロコンを大きく振ることで、弧を描くようにインクを放つ。スロッシャーを使うなら、この「なぎ払い」を自在に使いこなせるようにしておくことが必須だ。

 
――横に範囲が広いので、出せばどこかで当たると。
メンしの:「当てられる自信があまりないな」とか「ちょっと怪しいな」という場合も「当たれ!」みたいな感じで使ってますね。
 
――あとばる選手はH3リールガンを使っていますが、対スロッシャーで意識していることはなにかありますか?
あとばる:弾を当てることですね(笑)。
 
――同じじゃないですか(笑)。
あとばる:いや、全部が全部とは言わないんですけど、2』のステージって基本的にスロッシャーが強いんですよ。コンブトラックが顕著なんですけど、スロープになっていて、インクという特性を活かして、上からバシャバシャかぶせるブキがやっぱり強い。最近だとあまり使っている人はいないけですけど、ダイナモローラーとかもけっこう評価されてますし。
 それに対して、シューター系ってインクがまっすぐ飛んでいって、当たれば強いんですけど、そもそも当てられる舞台にすら立たないという場所が多くて。それで、こっちが1発外したら、なぎ払いとかでやられてしまうので、やりに行くんだったら最速で仕留めないと、だいたい返り討ちにあいますね。
 


▲起伏の多いコンブトラックはスロッシャー系が強みを発揮しやすいステージのひとつだ。

 
メンしの:僕はスロッシャーでのH3リールガンとの対面はわりと得意なんですけど、本当に地形を使ってさえしまえば、スロッシャー側がジャンプしたりしながら距離を詰められるんです。射程はちょっとだけH3リールガンの方が長いんですけど、スロッシャー側も前にジャンプしながら弾を出せば弾が届くので。
 それで、さっきあとばるさんが言った通り、コンブトラックは起伏が多いので、これをしやすいんですよね。隠れながら相手のH3リールガンの弾が出ていないタイミングで、さっと体を出して弾を当てるみたいな。相手に射程を取られて、最初に3発当てられると厳しいんですけど、H3リールガンとスロッシャーのタイマンの勝負ならたぶんスロッシャーが有利ですね。
 
あとばる:個人的な感覚だと、64くらいでスロッシャーが勝つかなと。
 
メンしの:ただ、スロッシャーはけっこう敵のインクを踏んじゃうブキなので、H3リールガンにメイン性能アップのギアを付けて擬似2確にするのが流行っていたときは、ちょっときつかったですね。
 
――なるほど。でも、疑似2確をあまり見なくなったいまとなっては……。
メンしの:お互いに弾当て勝負みたいな感じです。先に当てるのはどっちかみたいな。
 
――じゃ、H3リールガン側としては最初のアタックで弾を当てていかないと厳しい。
あとばる:だいたい負けますね。ただ、相手の弾を避けつつ、向こうもジャンプで弾を避けてくるという動きをされると、H3リールガンはなかなか弾を当てられないんですよ。そうなってしまったら、もう気合で当てるとしか言いようがない(笑)。
 
――3発当てるとなると、なかなか難しい。
あとばる:なので、最近はH3リールガンはやっぱり擬似2確を積むのが一番いいのかなと思っています。
 

【今回のまとめ】
・立ち回りだけにとらわれず、「弾をしっかり当てる」という基本を忘れるな!
・メインでスロッシャーを持つなら「なぎ払い」は必ず習得しておくべし!
・シューターでの対スロッシャーは初手で確実に倒すことを意識せよ!

 
次回も引き続き、あとばる選手×メンしの選手の対談をお届け!
 
メンしの選手が優勝した「第5回スプラトゥーン甲子園2020 近畿地区大会」についてふたりに語ってもらうぞ。お楽しみに!
 

爆連載「イカすガチ対談マッチ!!」の過去記事はコチラ!

次回は11/26(火)更新!!
12

スプラトゥーンの記事 スプラトゥーンの記事


もっと見る

オススメの記事(PR)オススメの記事(PR)