• TOP
  • スクープ > 【#コロコロ500号】42年の歴史を詰め込んだ『コロコロ500号記念大年表』公開 第9弾!!(2017年〜2019年)
  • TOP
  • スクープ > 【#コロコロ500号】42年の歴史を詰め込んだ『コロコロ500号記念大年表』公開 第9弾!!(2017年〜2019年)

【#コロコロ500号】42年の歴史を詰め込んだ『コロコロ500号記念大年表』公開 第9弾!!(2017年〜2019年)

【#コロコロ500号】42年の歴史を詰め込んだ『コロコロ500号記念大年表』公開 第9弾!!(2017年〜2019年)

2018年(平成30年)第477号~第488号

■トピックス:コロコロオンラインに集まれ!!
新世代へ向けて、また大きな1歩を踏み出す年です。その象徴となるのが、遊びとマンガ情報満載のエンタメ総合サイト「コロコロオンライン」の開設と、スマホゲー「パズドラ」の連載です。この時期、スマホを扱う小学生が増えていたので、いつでもどこでもアクセスすればコロコロにたっぷりと触れられる、このサイトに子供たちは夢中になるのでした。
 
ネット関係だけでなく、スポーツにも強いのがコロコロ。2020年の東京オリンピック・パラリンピック記事連載では、コロコロ独自のスポーツマスコットを読者から募集。3月号では最優秀賞作「チャージ丸」が紹介されています。来年はチャージ丸といっしょに選手を応援しよう!!

▲2018年4月号表紙
▲スポーツマスコット チャージ丸

■主な人気マンガ
1月号~「爆笑発明ピカちんキット!」おごしゆう
3月号~「パズドラ」井上桃太、「やりすぎ!イタズラくん」吉野あすみ(読切)
4月号~「爆釣バーハンター」鈴木サバ缶
5月号~「ゾイドワイルド」森茶
6月号~「フューチャーカード 神バディファイト」田村光久
8月号~「ゲゲゲの鬼太郎」松本しげのぶ、原作:水木しげる(読切)、「口裂け女」織田一輝(読切)
10月号~「けだまのゴンじろー」ながとしやすなり
12月号~「まんがで!にゃんこ大戦争」萬屋不死身之介
 
今度の「パズドラ」(井上桃太)は、コロコロひさびさのゲームバトルもの! ゲームど素人だった少年・明石タイガがパズドラでゲームの楽しさに目覚め、世界一のプロゲーマーを目指すというストーリー。この年は、eスポーツで大金を稼ぐプロゲーマーに注目が集まっていて、「日本eスポーツ連合」も誕生……となれば、コロコロでのプロゲーマーものがマンガ化されるのは必然でした。そもそも観客を入れてのゲーム勝負は「ゲームセンターあらし」(すがやみつる/1979年)や「ファミコンロッキー」(あさいもとゆき/1985年)などの作品で描かれ続けてきたもの。コロコロの想像した世界が、ついに現実に登場したのです!
 
「けだまのゴンじろー」(ながとしやすなり)は、ソニーグループとの「キッズの星」プロジェクトから生まれた作品で、全身毛玉で何にでも「変毛」できる能力をもつゴンじろーがドタバタを繰り広げるギャグマンガ。連載開始前、ゴンじろーがマンガのハシラやコマの下など、いたるところに出没する、というプロモーションが行われました。
 
ゲーム「ふたりで!にゃんこ大戦争」(Nintendo Switch)発売タイミングで連載された「まんがで!にゃんこ大戦争」(萬屋不死身之介)は、個性豊かなにゃんこたちによる爆笑の4コマまんがを展開。
 
そしてマンガファン驚きの作品が、8月号別冊「ホラコロコミック」に掲載された「ゲゲゲの鬼太郎」(松本しげのぶ)。別コロ6月号から連載されていましたが、本誌への登場はこれが初。休刊した類似誌2誌で連載されていた鬼太郎が、コロコロに載る日が来るとは……改めて40周年を越えるマンガ誌はスゴイ! と感じます。

▲「パズドラ」井上桃太先生
▲「けだまのゴンじろー」ながとしやすなり先生
▲「まんがで!にゃんこ大戦争」萬屋不死身之介先生
▲ホラコロコミック

■主なホビー:「パズドラ」、動画配信、「ポチッと発明ピカちんきっと」
8月号掲載の「おはコロチューバー第1期オーディション」は、コロコロチャンネルや「おはスタ」を一緒に盛り上げる仲間を読者から募集する企画で、動画を送ることでエントリー出来ました。この時期、小学生は動画を観るだけでなく配信する側――小学生ユーチューバーの存在も珍しいことではなくなっていました。この年には、なりたい職業の調査でもユーチューバーが6位(2019年は3位)になるほどで、これはそんな小学生読者に向けて夢のある企画といえるでしょう。第1期生に選ばれたのは、高校生・中学生・小学生の3兄妹ユニット「芯Kかななん」、脱力系ゆるゆる女子2人組「ゆるガール」などで、夢を掴んだ彼らの活躍ぶりを是非コロチャンでご確認ください!
 
「ポチっと発明 ピカちんキット」(バンダイ)は、主人公少年のエイジが発明したキットのプラモ玩具。正面を向いたまま真横が見られる「カンニングラス」、お菓子やナッツを砕いてふりかけに出来る「ふりかけメーカー」などユニークなキットがたくさん。発明アイデアを読者から募集する企画もあり、最優秀賞にはゲームを攻略しないとお金が出てこない「ゲームきんこ」が選ばれました。
 
ほか、スマホゲーム「妖怪ウォッチワールド」(レベルファイブ)、バーコードに宿るモンスターを探し出して釣りあげる「爆釣バーハンター」(バンダイ)、12年ぶりとなるゾイド新作シリーズ「ゾイドワイルド」(タカラトミー)などが特集されています。

▲おはコロチューバー第一期生オーディション爆催
▲ポチッと発明 ピカちんキット特集記事

■2018年の出来事
平昌オリンピック(冬季)で、カーリング女子が日本初の銅メダル獲得。「そだねー」も流行語に
「とんねるずのみなさんのおかげでした」「めちゃ2イケてるッ!」(フジテレビ)放送終了。
DAPUMPが“ダサかっこいい”曲と振りつけで再ブレイク
2018 FIFAワールドカップ ロシア大会
3DCGキャラクター「キズナアイ」からバーチャルYouTuberブーム起こる
雑学バラエティ「チコちゃんに叱られる!」が人気番組に
チーズハットグが人気に
 
■コロコロトリビア:
「コロコロオンライン」……つまり今あなたがアクセスしているサイトは、今年の7月14日に開設されました。コロコロ(系列誌)が発信するマンガ・アニメ、ホビー・ゲームの最新情報および動画にいつでもアクセスできるという、その名のとおり“ネット上のコロコロ”です。
最新情報に加え、「ゲームセンターあらし」(すがやみつる/1979年)、「爆走兄弟 レッツ&ゴー!!」(1994年/こしたてつひろ)、「コロッケ!」(樫本学ヴ/2001年)など懐かしの名作マンガ連載ありと、現役読者もアニキ世代も全世代が楽しめる充実な内容となっています。通学・通勤のお供に、もうピッタリ! 告知記事の「365日いつでも情報づけ!」というアオリどおり、本日もドガッツに更新しています!!

▲コロコロオンライン爆誕
123

オススメの記事(PR)オススメの記事(PR)